癌との共存を目指しています。
寝る前に食事を摂って、寝就く。7時間程、眠って、トイレに行く。便を出す。痒い。

喉が渇いたので、お白湯に塩を少し混ぜて、飲む。美味しい。

その後、洗濯に取り掛かり、また、便意がする。出す。痒い。

この時点で、昨晩、食事を終えてから、8時間、経っている。

回腸では、8時間、経っても、腸液の吸収は終わっていない、という事だ。

思い付く結論。

食べ終えて、寝る。10時間位、寝ると、翌朝、痒いのは、ましなのではないか。

大腸全摘術を受けると、術後、あれこれと面倒がある。

という事ですね。

【2016/08/11 16:05】 | 大腸全摘術
トラックバック(0) |

お薦め本
アグリ
ここ2~3回の記事を読み5年前の回腸ストマー時代や
ストマー閉鎖後の頻便に悩まされ事を懐かしく思いだされました。

WOC看護師から回腸から出る水便(腸液)は強アルカリで皮膚を荒らすと聞いています。 お腹の皮膚でさえ痒く辛かった思いでがあります 。

先生の場合は黄門様の柔らかい皮膚粘膜ですのでさぞやお辛い事と想像します。
その関係で1日1食にされているのでしょうか?

話を変えて本日,地元の図書館で先生のお薦め本の
ダヴィド・S. シュレベール著の”がんに効く生活”を見つけたので借りました。

 老眼が進み活字を読むのが苦手の身で360ページの内容を読破できるか
心配ですが頑張ってみます。

それでは・・・




名著だ、と思います。
のっぽ187
アグリさん

そうですね。お尻(肛門の所)が、少しでも、痒くならないようにするため、一日一食(夕食のみ)としています。

「がんに効く生活」は、名著です。名著中の名著だ、と思います。

私は、未だに、しばしば、この本を読み返しています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お薦め本
ここ2~3回の記事を読み5年前の回腸ストマー時代や
ストマー閉鎖後の頻便に悩まされ事を懐かしく思いだされました。

WOC看護師から回腸から出る水便(腸液)は強アルカリで皮膚を荒らすと聞いています。 お腹の皮膚でさえ痒く辛かった思いでがあります 。

先生の場合は黄門様の柔らかい皮膚粘膜ですのでさぞやお辛い事と想像します。
その関係で1日1食にされているのでしょうか?

話を変えて本日,地元の図書館で先生のお薦め本の
ダヴィド・S. シュレベール著の”がんに効く生活”を見つけたので借りました。

 老眼が進み活字を読むのが苦手の身で360ページの内容を読破できるか
心配ですが頑張ってみます。

それでは・・・


2016/08/16(Tue) 16:47 | URL  | アグリ #-[ 編集]
名著だ、と思います。
アグリさん

そうですね。お尻(肛門の所)が、少しでも、痒くならないようにするため、一日一食(夕食のみ)としています。

「がんに効く生活」は、名著です。名著中の名著だ、と思います。

私は、未だに、しばしば、この本を読み返しています。
2016/08/17(Wed) 13:39 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック