癌との共存を目指しています。
自分の身の丈に合わない事をする、もしくは、これをし続ける事は、身体に良くないと思う。具体的には、(若くして、)癌になったりする。

私は、根が怠け者なのに、社会に適応しようとして、かなり無理をしていたんだ、と思う。

年収100万円の豊かな節約生活年収100万円の豊かな節約生活
山崎 寿人

文藝春秋 2011-06-24
売り上げランキング : 32342

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大分、前に買った本だが、この本は、何度も読み直している。(2014年に文庫本が出ているようですね。)

この本の要旨は、「大人が一人、生きて行くのに、それ程、多くの物は要らない。」という事だろう。

住むところがあって、パソコンが一台あって、冷蔵庫が一つあれば、それで十分という事だろう。(あと、エアコンは欲しいですね。)

この本を読んで、「自分と同じだ。」と思った人は、プータロー生活に早めに移行した方がいいのではないか、と思う。それに近いライフスタイルを選ぶべきではないか、と思う。

少なくとも、その方が身体にいいだろう。

(amazonのカスタマーレビューに、レビューを載せました。よろしければ、ご覧下さい。)

【2016/07/27 13:40】 | 読んで良かった本
トラックバック(0) |


オリーブ
本は読んでいませんが、基本的な所で私と酷似している生き方のような気がします(笑)

「慎み」と「謙遜」と言う言葉がありますよね。
混同されがちですが本質的な違いを感じます。
絡み合っていますが…・

一口に「謙遜」と言っても非常に奥が深い…
真の謙遜さはその人の強さだと言い切っていいと思います。

ただ「慎み」というのが謙遜と勘違いされがちのような気がします。私自身これがとても難しかったです。謙遜であることより慎みを持つことが難しいとは?

「慎み」を定義すると「自分の限界に気付きそれをわきまえた行動をとる」ということだと私は解釈しています。つまり、そのためには自分の限界を熟知していなければならないわけです。

あらまぁ、結局自分自身を知らない人は慎みを持てないということですね。
若い時はなかなか自分のなんたるかを知らずに限界を超えて無理してしまいます、あとこんなはずではない…とか自分を過大評価するとともに、他人のできなさにいら立つ(笑)
それがストレスとなり積み重なって知らぬ間に病魔に襲われる(T△T)

なんかここまで書くのが今の私の限界です(笑)


のっぽ187
オリーブさん

>若い時はなかなか自分のなんたるかを知らずに限界を超えて無理してしまいます

そうですね。私も、まさに、そうでした。

この記事に、コメントをしてくれる方は、私にかなり近い方ではないか、と思っていたのですが。

そうですね。オリーブさんは、私にかなり近い考え方の持ち主ではないか。改めて、そう思いました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
本は読んでいませんが、基本的な所で私と酷似している生き方のような気がします(笑)

「慎み」と「謙遜」と言う言葉がありますよね。
混同されがちですが本質的な違いを感じます。
絡み合っていますが…・

一口に「謙遜」と言っても非常に奥が深い…
真の謙遜さはその人の強さだと言い切っていいと思います。

ただ「慎み」というのが謙遜と勘違いされがちのような気がします。私自身これがとても難しかったです。謙遜であることより慎みを持つことが難しいとは?

「慎み」を定義すると「自分の限界に気付きそれをわきまえた行動をとる」ということだと私は解釈しています。つまり、そのためには自分の限界を熟知していなければならないわけです。

あらまぁ、結局自分自身を知らない人は慎みを持てないということですね。
若い時はなかなか自分のなんたるかを知らずに限界を超えて無理してしまいます、あとこんなはずではない…とか自分を過大評価するとともに、他人のできなさにいら立つ(笑)
それがストレスとなり積み重なって知らぬ間に病魔に襲われる(T△T)

なんかここまで書くのが今の私の限界です(笑)
2016/07/30(Sat) 08:58 | URL  | オリーブ #JalddpaA[ 編集]
オリーブさん

>若い時はなかなか自分のなんたるかを知らずに限界を超えて無理してしまいます

そうですね。私も、まさに、そうでした。

この記事に、コメントをしてくれる方は、私にかなり近い方ではないか、と思っていたのですが。

そうですね。オリーブさんは、私にかなり近い考え方の持ち主ではないか。改めて、そう思いました。
2016/07/30(Sat) 12:00 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック