癌との共存を目指しています。
6月17日(金)に、血液検査、CT(単純+造影、胸部から骨盤部まで)を受けて来た。

その結果を今日、伺って来た。

血液検査。腫瘍マーカーは、正常範囲内。

CT。肺。何もない、との事。

リンパ節(恐らく、肺のリンパ節の事だろう)は、腫れていない、との事。

他は、何も指摘されず。

新たに、何も出て来ていない、と。

次回は、10月12日(水)、大腸ファイバー(と言っても、回腸と肛門管を縫い合わせたところを診るだけだ、と思う)。それと、血液検査。

13日(木)、CT(単純+造影)

21日(金)、診察。

診察が終わったのが遅く、周りに、あまり人がいなかった。それで思わず、外科外来で、万歳をしてしまった。小さな声で、「バンザ~イ。」と言ってしまった。

【2016/06/24 23:48】 | 診察
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



オリーブ
私も心でバンザーイと言っています。
のっぽさん、取りあえず本当によかった!
嬉しいです!!!ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪

ばんざい
キノシタ
おめでとうございます。
私も9年目、何もなし。
お互いに「バンザイ」です。


アクアマリン
バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ

小さな声で三回唱えました(^^)/

昨日は世間はアッと驚くBrexitで大騒ぎ。でも、個人の生活には別の時間が流れています。相変わらずの梅雨空ですが、湿り気を帯びた空気は植物や小さな生き物に潤いをもたらします。のっぽ先生の心にも潤いが満ちますように。

よかったワン


のっぽ187
オリーブさん

有難うございます。

オリーブさん、絵文字も使われるのですね。

有難うございます。
のっぽ187
キノシタさん

ブログ、拝見しています。

2007年6月ですから、満9年ですね。

どこで、「治った。」という事で、線を引くのでしょうか。

個人的に、少し関心があります。

有難うございます。
のっぽ187
アクアマリンさん

素敵なコメント、有難うございます。

国民レベルでは、移民の問題が大きいのではないか、と考えています。

ただ、私は、99%、EUに残る、と考えていたので、正直言って、驚きました。(自宅に戻ってから、この事を知りました。)

24日は、起きてから、パソコンを立ち上げる事無く、身繕いをして、すぐさま、病院に向かいました。

この時期は、日が長いせいか、体調が良い、と感じられる事が多いです。


のっぽ187
匿名の方へ

私も、名前を呼ばれる10分位前から、かなり緊張していました。

嬉しい、と言ってもらえる事、とても有難く思っています。

何もない、という結果を聞くと、いつも、そうなのですが、ホッとします。

おめでとうございます!
カノン
のっぽ先生

本当におめでとうございます!

人のまばらな外科外来で、小さな声で「バンザ~イ。」と言うお姿に、胸がいっぱいになりました。

ずいぶんと出遅れた話題で、申し訳ないのですが、脳科学者の中野信子さんが、「幸せになるための脳の使い方は何かありますか?」という質問に対して、次のように答えています。

「幸せでないことに、実はすごく意味があるんですよね。幸せは8分目以下、7分目くらいがちょうどよくて、それから100にしようと頑張れる状態が、大きな目で見た場合の幸せなので、7分目くらいの幸せをキープしておくことがお勧めです」

仏教の世界も、脳科学の分野も、発展途上にあって、精進することが幸せになる術だ、と説いているようです。
ただ個人的には、足りない部分を努力する人でないと幸せになれないのかなあ、という疑問は抱いているのですが。

でも、たまに恩恵のようにもたらされる100%の幸せが、日頃のつらさを支えてくれるように思います。

今はのっぽ先生に、緊張から解き放たれて、心の底からふつふつと湧き上がってくる喜びと安堵を、思いっきり味わっていただきたいです。

少し嫉妬
アグリ
のっぽ先生へ

術後結果無事でおめでとうございます

万歳ですか・・!
自分の場合は万歳でなくスキップでした

検査OK後,診察室を出た後に嬉しさが込み上げてきて
病院の廊下をスキップしたくなりました。
 出来ませんでしたが・・・

 それも術後2年目検診までで
それ以後は5年経過卒業検査も感激がなかったです

実をいうとチョット嫉妬しました。
今を毎日大切に生きておられるだな~と感じました


おめでとうございます
mimi
よかったですね。
すっかり落ち着かれましたね。
バンザーイ、ガッツポーズ。
何回でも・・・。

後に続きたいです。

有難うございます!
のっぽ187
カノンさん

深いコメント、有難うございます。

目標に辿り着く過程にある時の方が、辿り着いてからより幸せである、幸せな状態にあった。

過去(直腸癌が見つかるまで)を思い起こしてもそうですし、現在もそうかな、と思います。

現在、割と、幸せなのですが、それは、7分位の幸せと、たまにもたらされる100%の幸せによって構成されている気がします。

>仏教の世界も、脳科学の分野も、発展途上にあって、精進することが幸せになる術だ、と説いているようです。

これが本当なら、私は、間違いなく、幸せになれる、と思います。

>ただ個人的には、足りない部分を努力する人でないと幸せになれないのかなあ、という疑問は抱いているのですが。

お腹一杯になった時の幸福感は誰でも味わえるので、そういった生理的な欲求に基づく幸福感は人を選ばないと思います。

術後5年間、再発無し(2019年5月まで再発無し)が、医学的には、一つの線なのですが、個人的には、初めの2年が重要と思っていました。

なので、術後2年1ヶ月のCTで再発が無かった、という事は、かなり意味がある事ではないか、と思っています。

喜びと危機感
のっぽ187
アグリさん

有難うございます。

スキップですか。

身体が軽い、軽く感じる、というのは、とても良い事だ、と思います。

>それも術後2年目検診までで

この辺りまでは、どのstageであっても、緊張しますよね。

2014年に右肺を切ってもらいました。郭清した右肺門リンパ節にも癌細胞がありました。

時々、「次は、ないな。」と感じます。

喜びと、そういった危機感は、ペアになっているのかも知れない、と感じます。

有難うございます。
のっぽ187
mimiさん

この2年間は、お蔭様で、「何もない。」で来ています。

mimiさんも、いい経過を辿りますように。

バンザーイ
白ネコ
のっぽ先生こんにちは。
検査結果良かったですね、のっぽ先生の経過が良いとワタシも力をもらった気持ちになります。バンザイです。

有難うございます。
のっぽ187
白ネコさん

こんにちは。

そう言って頂けると、すごく嬉しいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/06/25(Sat) 01:24 |   |  #[ 編集]
私も心でバンザーイと言っています。
のっぽさん、取りあえず本当によかった!
嬉しいです!!!ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪
2016/06/25(Sat) 06:35 | URL  | オリーブ #JalddpaA[ 編集]
ばんざい
おめでとうございます。
私も9年目、何もなし。
お互いに「バンザイ」です。
2016/06/25(Sat) 11:38 | URL  | キノシタ #-[ 編集]
バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ

小さな声で三回唱えました(^^)/

昨日は世間はアッと驚くBrexitで大騒ぎ。でも、個人の生活には別の時間が流れています。相変わらずの梅雨空ですが、湿り気を帯びた空気は植物や小さな生き物に潤いをもたらします。のっぽ先生の心にも潤いが満ちますように。

よかったワン
2016/06/25(Sat) 12:10 | URL  | アクアマリン #aEmTB4nk[ 編集]
オリーブさん

有難うございます。

オリーブさん、絵文字も使われるのですね。
2016/06/25(Sat) 18:11 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
有難うございます。
キノシタさん

ブログ、拝見しています。

2007年6月ですから、満9年ですね。

どこで、「治った。」という事で、線を引くのでしょうか。

個人的に、少し関心があります。
2016/06/25(Sat) 18:20 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
有難うございます。
アクアマリンさん

素敵なコメント、有難うございます。

国民レベルでは、移民の問題が大きいのではないか、と考えています。

ただ、私は、99%、EUに残る、と考えていたので、正直言って、驚きました。(自宅に戻ってから、この事を知りました。)

24日は、起きてから、パソコンを立ち上げる事無く、身繕いをして、すぐさま、病院に向かいました。

この時期は、日が長いせいか、体調が良い、と感じられる事が多いです。
2016/06/25(Sat) 18:34 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
匿名の方へ

私も、名前を呼ばれる10分位前から、かなり緊張していました。

嬉しい、と言ってもらえる事、とても有難く思っています。

何もない、という結果を聞くと、いつも、そうなのですが、ホッとします。
2016/06/25(Sat) 18:39 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
おめでとうございます!
のっぽ先生

本当におめでとうございます!

人のまばらな外科外来で、小さな声で「バンザ~イ。」と言うお姿に、胸がいっぱいになりました。

ずいぶんと出遅れた話題で、申し訳ないのですが、脳科学者の中野信子さんが、「幸せになるための脳の使い方は何かありますか?」という質問に対して、次のように答えています。

「幸せでないことに、実はすごく意味があるんですよね。幸せは8分目以下、7分目くらいがちょうどよくて、それから100にしようと頑張れる状態が、大きな目で見た場合の幸せなので、7分目くらいの幸せをキープしておくことがお勧めです」

仏教の世界も、脳科学の分野も、発展途上にあって、精進することが幸せになる術だ、と説いているようです。
ただ個人的には、足りない部分を努力する人でないと幸せになれないのかなあ、という疑問は抱いているのですが。

でも、たまに恩恵のようにもたらされる100%の幸せが、日頃のつらさを支えてくれるように思います。

今はのっぽ先生に、緊張から解き放たれて、心の底からふつふつと湧き上がってくる喜びと安堵を、思いっきり味わっていただきたいです。
2016/06/25(Sat) 23:11 | URL  | カノン #-[ 編集]
少し嫉妬
のっぽ先生へ

術後結果無事でおめでとうございます

万歳ですか・・!
自分の場合は万歳でなくスキップでした

検査OK後,診察室を出た後に嬉しさが込み上げてきて
病院の廊下をスキップしたくなりました。
 出来ませんでしたが・・・

 それも術後2年目検診までで
それ以後は5年経過卒業検査も感激がなかったです

実をいうとチョット嫉妬しました。
今を毎日大切に生きておられるだな~と感じました
2016/06/26(Sun) 11:58 | URL  | アグリ #-[ 編集]
おめでとうございます
よかったですね。
すっかり落ち着かれましたね。
バンザーイ、ガッツポーズ。
何回でも・・・。

後に続きたいです。
2016/06/26(Sun) 20:59 | URL  | mimi #-[ 編集]
有難うございます!
カノンさん

深いコメント、有難うございます。

目標に辿り着く過程にある時の方が、辿り着いてからより幸せである、幸せな状態にあった。

過去(直腸癌が見つかるまで)を思い起こしてもそうですし、現在もそうかな、と思います。

現在、割と、幸せなのですが、それは、7分位の幸せと、たまにもたらされる100%の幸せによって構成されている気がします。

>仏教の世界も、脳科学の分野も、発展途上にあって、精進することが幸せになる術だ、と説いているようです。

これが本当なら、私は、間違いなく、幸せになれる、と思います。

>ただ個人的には、足りない部分を努力する人でないと幸せになれないのかなあ、という疑問は抱いているのですが。

お腹一杯になった時の幸福感は誰でも味わえるので、そういった生理的な欲求に基づく幸福感は人を選ばないと思います。

術後5年間、再発無し(2019年5月まで再発無し)が、医学的には、一つの線なのですが、個人的には、初めの2年が重要と思っていました。

なので、術後2年1ヶ月のCTで再発が無かった、という事は、かなり意味がある事ではないか、と思っています。
2016/06/27(Mon) 01:13 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
喜びと危機感
アグリさん

有難うございます。

スキップですか。

身体が軽い、軽く感じる、というのは、とても良い事だ、と思います。

>それも術後2年目検診までで

この辺りまでは、どのstageであっても、緊張しますよね。

2014年に右肺を切ってもらいました。郭清した右肺門リンパ節にも癌細胞がありました。

時々、「次は、ないな。」と感じます。

喜びと、そういった危機感は、ペアになっているのかも知れない、と感じます。
2016/06/27(Mon) 01:34 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
有難うございます。
mimiさん

この2年間は、お蔭様で、「何もない。」で来ています。

mimiさんも、いい経過を辿りますように。
2016/06/27(Mon) 23:36 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
バンザーイ
のっぽ先生こんにちは。
検査結果良かったですね、のっぽ先生の経過が良いとワタシも力をもらった気持ちになります。バンザイです。
2016/06/28(Tue) 09:46 | URL  | 白ネコ #-[ 編集]
有難うございます。
白ネコさん

こんにちは。

そう言って頂けると、すごく嬉しいです。
2016/06/30(Thu) 20:21 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック