癌との共存を目指しています。
前の記事、分かりにくくて、すみません。

この記事で、補足したい、と思います。

この本(「生きがいの創造」決定版、飯田史彦著)には、以下のような仮説が書かれています。(p570に書かれている事を私がまとめた。)

素晴らしい環境(何でも思い通りになる世界、生まれて来る前の世界)を捨て、敢えて、「何にも思い通りにならない物質世界(この世)」に生まれて来る。

それには、何らかの必要性があったはずだ。(私のまとめは、ここまで)

そして、それに対し、この本では、こう答えています。(p570~571より抜粋)

私たちは、「思い通りにならない」という価値ある現実の中で、いかに正しく苦悩しながら生き、ふだんは思い通りにならないからこそ時おり出会うことができる「願いがかなうという喜び」を、いかに正しく味わって感謝するかということを、日々の人間生活の中で学んでいるのではないでしょうか。(抜粋終わり)

「ちょっと、それでは、納得出来ない。」そう思い、もう少し読み進めてみました。(p571より抜粋)

私たちは、「強い成長願望を持つ意識体」であり、自分の意志で地球という学校を訪れ、わざと自分自身に「思い通りにならない」という物理的環境を与えながら、自分を磨いているのではないでしょうか。自分から求めて訪ねてきた「思い通りにならない物理的環境」の中で、生まれる前に自分自身で用意しておいた「人生という名の問題集」を解いているというのが、私たち人間の姿なのです。(抜粋終わり)

これで、納得出来ました。少なくとも、初めの仮説の答えになっているな、と思いました。

「思い通りにならないからこそ、価値がある。」100%、そうとは思えないのですが、割といい考え方だな、と思っています。

よろしければ、こちらの記事も参考にして下さい。

【2016/05/22 08:24】 | 読んで良かった本
トラックバック(0) |

仏教では
キノシタ
のっぽ先生。
仏教では生老病死の苦難に立ち向かい、死に向かって生きることが修業であるとしています。思い通りにならないことばかりだから、修行によってより高い人格の人となりうるのだと。
考えてみれば、すべてが思い通りになる人生なんて、返ってつまらないかもしれません。だって考えることも工夫をすることも何も必要が無くなるのですから。
「思い通りにしたい」これも執着でしょう。「もっと生きたい」も。執着を捨てれば”今この時”を、人生をおおらかに生きることができる。


アグリ
のっぽ先生へ
再度詳しく説明して頂き申し訳ありません

>ふだんは思い通りにならないからこそ
>時おり出会うことができる「願いがかなうという喜び」を、
>いかに正しく味わって感謝するかということを・・・

>わざと自分自身に「思い通りにならない」という物理的環境を与えながら、
>自分を磨いているのではないでしょうか

>「思い通りにならないからこそ、価値がある。」
以上の説明は良くわかりました。

●いろいろ考えさせられる文章で
この件でコメントを下書きしましたが書けば書くほど,
自分の中の虚が出てくるような気がしました。

従って,今回はこれで失礼します



のっぽ187
アグリさん

前の記事だけでは、明らかに不十分だった、と思います。

すみません。

この話、難しいですよね。

私の執着
のっぽ187
キノシタさん

「思い通りにしたい。」この執着、私には、多分にあります。

長く生きたい。苦しまずに死にたい。死ぬ前日まで元気に過ごしたい。

執着ですね。

先の事をあれこれ考えず、過去の事をあれこれ悔やまず、そう生きるのが最善なのでしょうね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
仏教では
のっぽ先生。
仏教では生老病死の苦難に立ち向かい、死に向かって生きることが修業であるとしています。思い通りにならないことばかりだから、修行によってより高い人格の人となりうるのだと。
考えてみれば、すべてが思い通りになる人生なんて、返ってつまらないかもしれません。だって考えることも工夫をすることも何も必要が無くなるのですから。
「思い通りにしたい」これも執着でしょう。「もっと生きたい」も。執着を捨てれば”今この時”を、人生をおおらかに生きることができる。
2016/05/22(Sun) 17:00 | URL  | キノシタ #2NU31nKA[ 編集]
のっぽ先生へ
再度詳しく説明して頂き申し訳ありません

>ふだんは思い通りにならないからこそ
>時おり出会うことができる「願いがかなうという喜び」を、
>いかに正しく味わって感謝するかということを・・・

>わざと自分自身に「思い通りにならない」という物理的環境を与えながら、
>自分を磨いているのではないでしょうか

>「思い通りにならないからこそ、価値がある。」
以上の説明は良くわかりました。

●いろいろ考えさせられる文章で
この件でコメントを下書きしましたが書けば書くほど,
自分の中の虚が出てくるような気がしました。

従って,今回はこれで失礼します
2016/05/23(Mon) 23:59 | URL  | アグリ #-[ 編集]
アグリさん

前の記事だけでは、明らかに不十分だった、と思います。

すみません。

この話、難しいですよね。
2016/05/26(Thu) 21:00 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
私の執着
キノシタさん

「思い通りにしたい。」この執着、私には、多分にあります。

長く生きたい。苦しまずに死にたい。死ぬ前日まで元気に過ごしたい。

執着ですね。

先の事をあれこれ考えず、過去の事をあれこれ悔やまず、そう生きるのが最善なのでしょうね。
2016/05/26(Thu) 21:08 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック