癌との共存を目指しています。
お蔭様で、今年の確定申告、無事、済みました。

還付される税金という項目があるのですが、そこに書いた分だけ、戻って来ました。(税務署から振り込まれていました。)

少し報告するのが遅くなってしまったのですが、一応、報告しておきます。

追記。今年の確定申告というのは、平成26年分の事です。

【2015/04/24 12:48】 | 日記
トラックバック(0) |

還付完了よかったです
カノン
のっぽ先生

これで26年分の確定申告も、一区切りですね。

最近は、税務署も還付加算金(利息のようなものです)を支払わずに済むように、なるべく早く還付するようになりましたが、今後の確定申告で、もし還付金に上乗せになっている金額(還付加算金)がありましたら、振り込まれた年分の雑所得として申告していただくことになります。
申告漏れになってしまいがちなところかもしれません。

前回の記事で書いていらっしゃいますが、やはり肺活量の低下が、日常生活に影響を及ぼしているのですね。
残っている部分が70%あると、少し息切れがしても、階段を駆け上がれるくらいになるし、50%になると休み休み歩かなければいけなくなる、と読んだことがあります。

右中下葉切除となりますと、そこに通っていた肺動脈も肺静脈も切断することになってしまいますものね。

気持ちよくお散歩できますように、と願っています。

お蔭様で。本当に有難うございました。
のっぽ187
カノンさん

還付加算金の話、初めて聞きました。

体系立てて、勉強していないので、漏れが多いんだ、と思います。

多分、この辺りの10%というのは、結構、大きいのではないか、と思っています。

ある程度の距離、歩けるのですが、階段は、一息では上れなくなりました。

肺への循環は、おかしくなっていると思うのですが、具体的にどうなっているのかは、よく分からないです。

労作時の呼吸苦の一部は、肺への循環が正常でない、という事もあるのかも知れません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
還付完了よかったです
のっぽ先生

これで26年分の確定申告も、一区切りですね。

最近は、税務署も還付加算金(利息のようなものです)を支払わずに済むように、なるべく早く還付するようになりましたが、今後の確定申告で、もし還付金に上乗せになっている金額(還付加算金)がありましたら、振り込まれた年分の雑所得として申告していただくことになります。
申告漏れになってしまいがちなところかもしれません。

前回の記事で書いていらっしゃいますが、やはり肺活量の低下が、日常生活に影響を及ぼしているのですね。
残っている部分が70%あると、少し息切れがしても、階段を駆け上がれるくらいになるし、50%になると休み休み歩かなければいけなくなる、と読んだことがあります。

右中下葉切除となりますと、そこに通っていた肺動脈も肺静脈も切断することになってしまいますものね。

気持ちよくお散歩できますように、と願っています。
2015/04/25(Sat) 23:09 | URL  | カノン #-[ 編集]
お蔭様で。本当に有難うございました。
カノンさん

還付加算金の話、初めて聞きました。

体系立てて、勉強していないので、漏れが多いんだ、と思います。

多分、この辺りの10%というのは、結構、大きいのではないか、と思っています。

ある程度の距離、歩けるのですが、階段は、一息では上れなくなりました。

肺への循環は、おかしくなっていると思うのですが、具体的にどうなっているのかは、よく分からないです。

労作時の呼吸苦の一部は、肺への循環が正常でない、という事もあるのかも知れません。
2015/04/26(Sun) 15:41 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック