癌との共存を目指しています。
昨晩は、午前2時半に食事を終え、そのまま、就寝。

今朝は、午前8時前に目が覚め(夜中、1,2時間毎に目が覚め、トイレに行っていたが)、実家を後にし、自宅へ。

自宅に着いて、トイレに入り、おむつを下ろすと、うんこが・・・。おむつに、うんこが付いていた。水様便。

全く気が付かなかった。

現在、午前9時40分。少しましになったが、おしり(肛門の辺り)は、かなり痒かった。

思えば、7年間、お尻が痒いのを何とかしようと、ありとあらゆる事をして来たつもりだが、率直に言って、どれも効果が無かったと思う。

これに関しては(大腸全摘術後の対応)、残念ながら、いい方法は、見つかっていない。

そんなものなんだろう。

一つ学んだと言えば、腸閉塞を起こしたり、他のトラブル(詰まる系のトラブル)を起こすよりは、通っている方が、多少、痒くても、ましだ(ましだろう)、という事だ。

7年間、生きる事が出来て、ほんと、有難いなあ、と思う一方(そんなに長生き出来るなんて、思ってもみなかった)、この状況が7年間、続いたという事に・・・、しこたま、お茶やお水を飲んでいた頃が懐かしい。

【2015/04/13 09:52】 | 大腸全摘術
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック