癌との共存を目指しています。
2008年か2009年だったと思うが、豆乳を飲んでいた。

しかし、豆乳を飲むと、下痢をする事に気が付いて、止めた。水様便だったと記憶している。

2009年か10年の初めだったと思うが、ヤクルトを飲んでいた。ヤクルト300か400。

しかし、ヤクルト300か400を飲むと、小腸の蠕動が亢進し、激しい下痢を来たしたので、仕方なく、止めた。

「鬼は外、福は内。」で撒く豆(乾燥した大豆)をたくさん食べたら、肛門のすぐ上のところで食物繊維が引っ掛かってしまった。気張っても、なかなか、便は出てくれず、指で便をかき出しながら、気張り続けたところ、何とか出てくれた。トイレで一人、半泣きになりながら、かき出した記憶があるが、あれは結構、危なかった(腸閉塞の危険)と思う。

2011年1月の腸閉塞の原因食材は、ごぼうだったと考えている。たくさん食べると良くないと思う。

寒天も、あまり良くないのでは、と考えている。(腸閉塞の原因となり得る。)

失敗を思い出したので、書いてみた。

【2015/03/05 16:41】 | 大腸全摘術
トラックバック(0) |

お尻のケア
アグリ
のっぽ先生へ
 自分は直腸部20cmだけ摘出でしたが
大腸全摘出の方はいろいろ制限があるんですね!
 特にヤクルトがダメとは驚きでした。

お尻のケアに関して
 自分は週1回ほどのサイクルで,下痢・水便になります。

 毎回では無いのですが,消化液を多く含んだ水便の時があるようで
肛門部の炎症で"もの凄く痛痒い"時があります。

 酷い時はステロイド入りの痔用塗り薬を塗ります。

 ただ,その前の保護対応として赤ちゃんのオムツカブレ用軟膏を肛門皮膚部に塗っています。(皮膚科から出された亜鉛華軟膏)
しかしながらガード力が弱いような気がします

良ければ,参考に先生のお尻ケア対策などを教えて頂けないでしょうか?



僕は、こうしています。
のっぽ187
アグリさん

強力ポステリザン軟膏を使っています。

ウォシュレットは、試行錯誤の末、使わなくなりました。(紙で、お尻を拭いています。)

色々、試したのですが、今のところは、こんな感じです。

どちらかと言うと、食べる物に気を付けたり、排便のタイミングに気を付けたりしています。(例えば、夕食を摂ったら、すぐに寝てしまうとか。)


ハル
ハルです。
前回のコメントへのお返事ありがとうございます。
のっぽ先生も色々と試行錯誤の日々だったのですね!
私も小腸にヤクルト400が良いと聞き飲んでいましたが私には合わなくやめました。
緑茶も良くないんですね!
癌には良いらしいので気にしないで飲んでいました。
もう少し自分の身体の声を聞きながら試していきたいと思います。
お食事1回とのことですが体重減少や生活への支障はないですか?
質問ばかりですがもうひとつ、、
夕食後すぐ寝た場合、漏れはありませんか?



しろ
のっぽ187 さん

こんばんは
便失禁 あるよ感じ
これは オピニオンは 肛門科 ? 


のっぽ187
しろさん

消化器(大腸)の主治医の先生に、相談されるのが良いか、と思います。


のっぽ187
ハルさん

試行錯誤の日々でした。というか、日々です。

緑茶は、僕には、合わなかっただけで(僕の小腸には合わなかっただけで」、合う人は、飲めばいいのではないか、と思います。シュレベール先生は、「がんに効く生活」で緑茶を勧めていらっしゃいますし。

体重は、少ない目で推移しています。このブログ、僕の事を知っている人も読んでいるみたいなので、あまり具体的な数字は書かない事にしています。

1日1食、夕食のみの方がトイレに行く回数が少ないので、僕としては、いいな、と思っています。

夕食後すぐ寝ると漏れるか、との事ですが。

脂の多い物をたくさん食べて、かつ、うんこを出さずに寝た時は(就寝前にトイレに行かずに寝た時は)、時々、漏らしますが、それ以外は、意外と漏れません。

逆に言うと、僕は、水分の摂取が少な過ぎるのかも知れません。長年、この状態(水分を摂る、トイレに行く)を繰り返していると、水分を摂らずに(あまり水分を摂らずに)食事をする習慣が付いてしまったのかも知れません。


TCS
”葬られた「第二のマクガバン報告」”という本がおすすめです。
健康に関する本は何百冊も読みましたが、これが最も参考になる本です。
この本は多言語に翻訳されていて世界中で読まれています。
楽天やAmazonなどでも買うことが出来ますが、
迷った場合は図書館でリクエストすれば借りられます。
上・中・下とありますが、上巻だけでもどのような食生活をおくるべきか十分わかります。
ぜひ一度読んでみてください。


のっぽ187
TCSさん

本の紹介、有難うございます。

幾つか、しないといけない事(しておいた方がいい事)があります。

それが片付いてからになるか、と思いますが。

一度、読んでみたいと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お尻のケア
のっぽ先生へ
 自分は直腸部20cmだけ摘出でしたが
大腸全摘出の方はいろいろ制限があるんですね!
 特にヤクルトがダメとは驚きでした。

お尻のケアに関して
 自分は週1回ほどのサイクルで,下痢・水便になります。

 毎回では無いのですが,消化液を多く含んだ水便の時があるようで
肛門部の炎症で"もの凄く痛痒い"時があります。

 酷い時はステロイド入りの痔用塗り薬を塗ります。

 ただ,その前の保護対応として赤ちゃんのオムツカブレ用軟膏を肛門皮膚部に塗っています。(皮膚科から出された亜鉛華軟膏)
しかしながらガード力が弱いような気がします

良ければ,参考に先生のお尻ケア対策などを教えて頂けないでしょうか?

2015/03/05(Thu) 23:56 | URL  | アグリ #-[ 編集]
僕は、こうしています。
アグリさん

強力ポステリザン軟膏を使っています。

ウォシュレットは、試行錯誤の末、使わなくなりました。(紙で、お尻を拭いています。)

色々、試したのですが、今のところは、こんな感じです。

どちらかと言うと、食べる物に気を付けたり、排便のタイミングに気を付けたりしています。(例えば、夕食を摂ったら、すぐに寝てしまうとか。)
2015/03/07(Sat) 16:22 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
ハルです。
前回のコメントへのお返事ありがとうございます。
のっぽ先生も色々と試行錯誤の日々だったのですね!
私も小腸にヤクルト400が良いと聞き飲んでいましたが私には合わなくやめました。
緑茶も良くないんですね!
癌には良いらしいので気にしないで飲んでいました。
もう少し自分の身体の声を聞きながら試していきたいと思います。
お食事1回とのことですが体重減少や生活への支障はないですか?
質問ばかりですがもうひとつ、、
夕食後すぐ寝た場合、漏れはありませんか?
2015/03/08(Sun) 20:16 | URL  | ハル #-[ 編集]
のっぽ187 さん

こんばんは
便失禁 あるよ感じ
これは オピニオンは 肛門科 ? 
2015/03/09(Mon) 23:24 | URL  | しろ #-[ 編集]
しろさん

消化器(大腸)の主治医の先生に、相談されるのが良いか、と思います。
2015/03/13(Fri) 13:40 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
ハルさん

試行錯誤の日々でした。というか、日々です。

緑茶は、僕には、合わなかっただけで(僕の小腸には合わなかっただけで」、合う人は、飲めばいいのではないか、と思います。シュレベール先生は、「がんに効く生活」で緑茶を勧めていらっしゃいますし。

体重は、少ない目で推移しています。このブログ、僕の事を知っている人も読んでいるみたいなので、あまり具体的な数字は書かない事にしています。

1日1食、夕食のみの方がトイレに行く回数が少ないので、僕としては、いいな、と思っています。

夕食後すぐ寝ると漏れるか、との事ですが。

脂の多い物をたくさん食べて、かつ、うんこを出さずに寝た時は(就寝前にトイレに行かずに寝た時は)、時々、漏らしますが、それ以外は、意外と漏れません。

逆に言うと、僕は、水分の摂取が少な過ぎるのかも知れません。長年、この状態(水分を摂る、トイレに行く)を繰り返していると、水分を摂らずに(あまり水分を摂らずに)食事をする習慣が付いてしまったのかも知れません。
2015/03/13(Fri) 13:42 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
”葬られた「第二のマクガバン報告」”という本がおすすめです。
健康に関する本は何百冊も読みましたが、これが最も参考になる本です。
この本は多言語に翻訳されていて世界中で読まれています。
楽天やAmazonなどでも買うことが出来ますが、
迷った場合は図書館でリクエストすれば借りられます。
上・中・下とありますが、上巻だけでもどのような食生活をおくるべきか十分わかります。
ぜひ一度読んでみてください。
2015/03/30(Mon) 01:51 | URL  | TCS #-[ 編集]
TCSさん

本の紹介、有難うございます。

幾つか、しないといけない事(しておいた方がいい事)があります。

それが片付いてからになるか、と思いますが。

一度、読んでみたいと思います。
2015/03/30(Mon) 16:43 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック