癌との共存を目指しています。
午前9時58分から10時16分まで、日光浴。(上半身裸。下半身はパンツ一枚。実家にて。)

雲が少ししかなかったので、ほぼ直射日光。

「これ位でいいだろう。」と思ったところで、引き上げて来たところ、10時16分だった。

身体は、「これ位、必要。」というのを知っているのだろう。

空咳数回。(右肺73%切除だから、当然だろう。)

お腹の調子は、すこぶる良い。

昨年11月にイリノテカンを始めてから、一番いい状態。

「俺は、死に掛けている。でも、生きている。」と改めて感じた。

【2014/05/17 10:23】 | 自分の体
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック