癌との共存を目指しています。
右肺は、38/52 = 0.73 すなわち、73%、切り取っているので、当然と言えば、当然だが、違和感が残る。右胸部の違和感。

ヒトの身体は、よく出来ているので、それは、それで適応出来ると思うのだが、こればかりは、よく分からない。

大腸全摘は、インターネットで調べた事、本に載っている事と比べると、僕の場合、ダメージが大きかった。(旅行へ行こう、という意欲は完全に無くなった。)

だから、今回の右中下葉切除も、数か月してみないと、分からない、と思う。

(のんびり)抗癌剤治療を受けながら、死を待つ、というのも悪くないな、と思っていたのだが、選択肢(少ないながらも、根治の可能性がある)が与えられると、「勝負!」となるのが、僕の性(さが)なので、今回の経緯も、「なるべくしてなった。」と思う。

ヒトの身体は、(そして、薬の効果も、)分からない事だらけなので、手術を受けるべきかどうか、抗癌剤治療を受けるべきかどうかも、本当は分からないのだが(少なくとも、僕には分からない)、一応、医者の端くれなので、幾らか、医療に信頼感を抱いている事もあって、今回も手術を受けた。

【2014/05/15 08:57】 | 自分の体
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック