癌との共存を目指しています。
冷静に考えてみると、2月13日にCTを撮ってから(その結果を見てから)、イリノテカンの投与を受けた方が良かったかも知れない。

この2,3日の回復具合を見て、「これなら、行けるかも。」と思い(直感的に思い)、昨日は行って来たのだが。

イリノテカン、効いている、に賭けた博打的な行為だった、と思う。

なお、僕の場合、腫瘍マーカーは、ずっと正常範囲内なので、腫瘍マーカーの上がり下がりで、抗癌剤の効きを評価する事は出来ない。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体