癌との共存を目指しています。
昨日は、行く直前まで、通院先の病院へ行くべきかどうか迷っていたのだが、直前になって行く事に決めた。

血液検査では、白血球数 2600、好中球数 1500で、白血球数が少ない目だが、もともとが少ない、という事で、go となった。

下痢が酷かったことを伝え、イリノテカンは、60→40mgとなった。(正確には、僕から、「40mgにして下さい。」と言った。本当は、30mgの方が良かったが、主治医は、当初、60mgで行くつもりだったみたいなので、中を取って、40mgと言った。急な変化は、誰しも受け容れにくいだろう、と考え、3分の2を提案した。)

副作用止めの吐き気止めとステロイドも、減らして欲しい or 無しにして欲しい、と伝えたところ、無しになった。

昨日の帰宅途中、軽いムカムカがあった。

流石に、昨日の晩は、これまで(1~4回目の投与初日)に比べると、食欲が無かったが、それでも、それなりに食べられた。昨日の晩と同じ位、食べられた。

午後10時半頃、食事を終えた。この頃から、少し気分が悪くなった。すぐ横になり、そのまま、眠りに就いた。

今朝は、午前7時50分に起床。

イリノテカンの害作用で、お腹が動いていない様に感じられたので、すぐさま、散歩に出掛ける。裏の神社まで歩く。(正確には、山道を上がる。)

自宅に戻り(夕食と、夜、寝ている間のみ実家に滞在)、今に至る。

少しムカムカする。

40mgは、僕にとっては、多いのだろう。

更なる減量を希望する。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体