癌との共存を目指しています。
排便後、肛門部が痛い。そして、痛いのが、結構、長く続く。

小腸の内膜(粘膜)に対するダメージは、結構、長く続くようだ。(水分の吸収が落ちた状態が続いている。もしかすると、胆汁酸や消化酵素の吸収も落ちているのかも知れない。)

イリノテカンの投与は、2週間毎とされているが、どうも、2週間では、小腸の粘膜は、ダメージから回復し切らない様だ。

更なる減量を希望するつもり。

どこかのタイミングで、アービタックスに変わる(薬を替える)事になるかも知れない。

大腸全摘下で、細胞の分裂に作用するタイプの薬を行く(もしくは続ける)事自体、かなり無理があるんじゃないか、と思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体