癌との共存を目指しています。
「漢方がん治療」を考える

造血細胞や腸粘膜上皮細胞にダメージが及べば、貧血や白血球減少や消化管症状(食欲低下、吐き気、下痢など)などの副作用が発生します。(抜粋終わり)

吐き気止め(5-HT3受容体をブロックする薬)が効く。→5-HT3受容体を介する副作用。

吐き気止め(5-HT3ブロッカー)が効かない。→小腸粘膜の上皮細胞そのものが、やられている。

でいいのかな。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック