癌との共存を目指しています。
11月12日(火)に、PETの結果を伺った。

再発は、左肺ではなくて、右肺との事。

もともと、右肺にあった1つ(末梢部。どちらかと言えば、肋骨に近い所)に加え、新たに1つ(2つかも知れないが、少なくとも1つ)、転移巣が出現。

(なお、もともと、転移はしていたけれど、小さくてCTでは見えなかった物が大きくなって、CTで見えるようになる事を再発と言います。みんな、ご存知かとは思いますが。)

という事で、現在、右肺に転移巣(直腸癌が転移した物)は、2つある。

ただ、新たに見えるようになった転移巣の場所が悪く、手術出来ないとの事。

具体的には、右の肺門部で(中枢部。真ん中寄り)、右の気管支が2つに枝分かれしているところの間に、腫瘍はある。

近くに肺動脈と肺静脈も走っている。

という事で、抗癌剤となった。

メニューは、アバスチン+FOLFIRI(イリノテカン+5-FU+ロイコボリン)。

これを2週間に1度、行う。

量は、標準投与量の64%(8掛けの8掛け)で始める事になった。

11月19日が、初回投与日。

ポート(左の鎖骨下に入れているもの)の通りが良くないので、もしかすると、19日は、アバスチン+イリノテカンだけになるかも知れない、との事。

(5-FU+ロイコボリンを48時間掛けて入れる際にポートが必要との事。)

ポートが使えれば、21日の朝に、自分で針を抜いて終わり。

その次は、12月3日、その次は、12月17日との事。

===

今しばらく忙しい状態が続きます。

心苦しいのですが、コメント欄を閉じます。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック