癌との共存を目指しています。
風が心地よい。母親に買って来てもらったぶどう(巨峰)が美味しい。自分で沸かして飲んだホットレモンティーもとても美味しかった。化学療法2日目としては、調子はまあまあ良いと言えるだろう。

減薬の是非について少し考えてみたい。

1)抗癌剤を減らす。→癌細胞をやっつける効果が落ちてしまう。→寿命が縮む。

これが、外科医や腫瘍専門医(オンコロジスト)が考える一般的な図式だ。

「間違いだらけの抗ガン剤治療」(梅澤充著、ベスト新書)を少し読んだのだが、これには、

2)抗癌剤を減らす。→正常の細胞のやられ方が少なくなる。→免疫機能が保たれる、もしくは、向上する。→寿命が延びる。

と言ったことが書かれてある。

僕は、これまで、

3)抗癌剤を減らす。→正常細胞のやられ方が少なくなる。→害作用(副作用)が少なくなる。→いい体調である時間が増える。

と考え、1)と3)をはかり天秤に掛け、主治医に減量をお願いして来た。

2)の主張が本当に正しいのか、正しいとすれば、どれくらい正しいのか、が鍵となるが、1年や2年という時間では、この問題は決着が付きそうにないと考えられる。なので、患者一人一人が自分で考えざるを得ないのだが。

梅澤氏は、「進行癌(少なくともstage Ⅳ)は、現在の化学療法では、根治出来ない。なので、良く効く新しい薬、治療法が出るまで、もしくは、寿命を全うするまで、時間延ばしをする。」という発想だ。

この方は、現実主義者なのだろう。僕も、基本的には、現実主義者であり、この方の意見には概ね賛成である。ただ、梅澤氏の意見は現時点では少数派であるし、多数派の医者が皆、節穴というのも少し考えにくい。(節穴かもしれないが。)

僕自身は通常、薬とは、「少ない用量では、望ましい効果が得られ、害作用は出現しない、もしくは、わずかである。用量を多くすると、害作用が強く出現したり、中毒を起こす。」と理解している。しかし、抗癌剤に対する現時点での理解は、「用量を多くすればするほど、癌細胞に対する殺傷能力は高くなり、その結果、きっと寿命が延びるだろう。その時、惹き起こされる害作用は、寿命の延長に比べると、無視できるくらいのものであろうから、目をつむろう。」というものである。抗癌剤は、僕が考えている従来の薬とは、根本的にコンセプトが異なるようである。

何が正しいのか、正直、良く分からない。以前も記事に書いたのだが、「学業成績が良かった人、頭が良い人の言っていることは、必ずしも、真実であるとは限らない。」のかも知れない。

また、あれこれ考えたが、今の体調の良さ(と言っても今までに比べて、だが)から直感するのは、「恐らく、少ない目の用量の方が長生きできそうな気がする。」ということである。

今日は、僕の36歳の誕生日である。毎年、仕事をしていたり、当直をしていたり、で、この数年、「誕生日、何して過ごした?」と聞かれても、全く思い出せない状態が続いている。それはそれで自分らしくていいな、と思っているのだが。
これからは、1年1年、「ああ、今年も生き延びることができた。神様、有難う。」と思いながら過ごすことになろう。化学療法は正直、あまり好きではないが、そういう人生もいいものかもしれない。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/09/05 12:40】 | 自分の体
トラックバック(0) |

No title
あおくん
誕生日おめでとう。
確かに我々延命治療をしているのかもしれないが
そればっかり考えていたら何のためとか余計なこと
考えちゃう。
俺は治療は治療、普段生活は普段の生活と割り切る様に
している。
普段の生活は病前と変わらなく過ごすつもり。

お互い年男なので前向きにいきましょう。

お誕生日(*^^)/。 ・:*:・゜ ★,。 ・:*:・゜☆オメデト
ran
今年は誕生日を家族でまたは恋人と一緒にお祝いした日とは違った一日でしょうね
でも、誕生日は素直に親に感謝しましょう
来年も再来年もその次もその次も。。。。。
(*^ ^)/。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆ Congratulations

素人が病気になると訳がわからなくただ、嫌なだけ
でも、それが医師だと違うんだなぁ~素人より苦しいかも?ってね

量と治療と延命(梅沢先生の考え方は患者にとって勇気が出ます)
3)の今だと思います。あおくんと同じで前と変わらない生活です
私の場合、実際減量しているだそうなので。。。。(;^_^ A フキフキ

お誕生日おめでとうございます
ななこ
今日はお誕生日なのですね。おめでとうございます。

どんな病気でも、治療方針の選択や考えがあり、迷いますね。

「少ない用量では、望ましい効果が得られ、害作用は出現しない、もしくは、わずかである。用量を多くすると、害作用が強く出現したり、中毒を起こす」私も、その通りと思います。。

病気が違いますが、私も投薬治療で逆に酷い有様になったので、
自分で文献漁ったり、主治医と相談し、今は最低限の投薬で、あとは自分のコントロール次第と考え、最低限の服薬は変えない方針でいます。
でも、時には薬に頼りたくてたまらない時もありますが。。

医療って本当に難しいですね。

お互い、ひたすら前向きに生きましょうね。

No title
アンズ
お誕生日、おめでとうございます。
私も昨年の誕生日は病室で、管6本の拘束状態で迎えました。

私も梅澤先生の著書やブログを読んで、概ね賛成、but 、、、、と常に割り切れないものを感じています。
抗がん剤の投与量って、昔は体重によって決められていたのですよね。それが現在は体表面積です。テープを体中ぐるぐる巻きにして計測したんですよね。
身長の割りに顔の大きな人なんかは、少なめにしたほうがいいのかも???

さらに大量化学療法は無意味とされたはずなのに、「乳癌術後療法としてタキサンを含んだ大量化学療法と標準療法の比較試験を行っています」という記事を目にしました。
まだまだわからないことが多いですね。
患者も勉強しないと、取り返しがつかなくなりますね。

普段の生活は普段の生活。
のっぽ187
あおくん

>俺は治療は治療、普段生活は普段の生活と割り切る様に
している。

それがベストだね。僕も体調のいい時は、病のことは極力忘れるようにしている。というか、殆ど忘れてしまっている感じ。

>普段の生活は病前と変わらなく過ごすつもり。

それが一番だと思う。
僕自身、体調のいい時、病のことを思い出すのは、排便のときと自己導尿しているときくらいかな。正確に言うと、それらは、病そのものの症状ではなくて、手術の後遺症なんだけど。

今年、俺達、年男だったな。きれいに忘れていた。そもそも、今年、初詣、行ったっけな。それも忘れた。

これまでの僕の誕生日の過ごし方
のっぽ187
ranさん

>今年は誕生日を家族でまたは恋人と一緒にお祝いした日とは違った一日でしょうね
でも、誕生日は素直に親に感謝しましょう
来年も再来年もその次もその次も。。。。。

大学に入ってからは、一人で過ごすことが多かったと思います。仕事に就いてからは、誕生日が土日と重なると、そして、当直と重ならないと、彼女と一緒に過ごしていたかな。とにかく、明確な記憶がないんです。
親は、僕にとっては微妙な存在ですね。(病になってから、僕の面倒をずっと看ているという点では、とても感謝しています。)まだまだ、無条件に「ありがとう」と思えるほど、僕は成長していない、という感じです。

>でも、それが医師だと違うんだなぁ~素人より苦しいかも?ってね

なまじ知識がある分、ベストを尽くそうとする、悪く言えば、あがきますね。

>あおくんと同じで前と変わらない生活です

これが一番です。100%の自信を持って、そうは言えないですけど、きっとこれが一番だと思います。

>私の場合、実際減量しているだそうなので

ranさんの経過を僕は十分把握することは出来ないのですが、ranさんを、ブログなどを通して見ている限りでは、薬の調整は、うまく行っているのではないか、と思います。そうでないと、あれだけの回数、施行することは出来ないと思います。

自分である程度、勉強せざるを得ないですよね。
のっぽ187
ななこさん

>今日はお誕生日なのですね。おめでとうございます。

ありがとうございます。

>どんな病気でも、治療方針の選択や考えがあり、迷いますね。

そうですね。

>自分で文献漁ったり、主治医と相談し、今は最低限の投薬で、あとは自分のコントロール次第と考え、最低限の服薬は変えない方針でいます。

精神科を標榜していても、双極性障害のことについて、詳しい先生もいれば、そうでない先生もいる。(腫瘍科についても、同じかな。)である以上、自分である程度は勉強をして、ということになりますよね。「躁うつ病のホームページ」は、いいですよね。プロとしても、参考になるホームページです。

>医療って本当に難しいですね。

本当に難しいですよね。
結構、医者って、優秀な人が多いはずなのに、これだけ、どの科でも意見が分かれる、というのは、難しい、良く分からない、ということだと思います。

>お互い、ひたすら前向きに生きましょうね。

そうですね。

梅澤先生の考え方に対する私見
のっぽ187
アンズさん

>お誕生日、おめでとうございます。

有難うございます。

>私も梅澤先生の著書やブログを読んで、概ね賛成、but 、、、、と常に割り切れないものを感じています。

そうですね。僕が感じるbut以下を述べると、

1) 抗癌剤を減らす。→正常の細胞のやられ方が少なくなる。→免疫機能が向上する。

これは本当か。免疫機能の向上は、抗癌剤の効きが落ちるのを相殺して、余りあるだけのものなのか。

2)他の多くの医者は、標準的な投与量が良い、もしくは、標準的な投与量から始めるのが良い、と言っている。他の多くの医者は、みな節穴なのか。

ですね。

>「乳癌術後療法としてタキサンを含んだ大量化学療法と標準療法の比較試験を行っています」という記事を目にしました。

詳細を知らずにコメントをするのは、本当は少し問題があるのかもしれませんが。
比較試験を設定する立場にある人(教授など)は、どのくらい臨床を知っているのか、ということを時々思います。私がいた教室も、大学に長くいる先生と、(大学)外の病院に長くいる先生の間では、だいぶ、意見、物の考え方に乖離がありました。

>まだまだわからないことが多いですね。

それが真実だと思います。

>患者も勉強しないと、取り返しがつかなくなりますね。

残念ながら、現状はそうだと思います。

No title
つる つるこ
誕生日おめでとうございます。
癌になってからの誕生日は、感慨深いものになりますね。


ありがとうございます。
のっぽ187
つる つるこさん

>誕生日おめでとうございます。

ありがとうございます。

>癌になってからの誕生日は、感慨深いものになりますね。

そうですね。1年1年、時を重ねていく、という感じになるでしょうね。


遅くなりましたが
Ito
誕生日おめでとうございます。
9月生まれだったんですね(私も今月誕生日です)。

>これからは、1年1年、「ああ、今年も生き延びることができた。神様、有難う。」と思いながら過ごすことになろう。
私もこの気持ちを持って、今を大切に生きていこうと思います。

No title
kinkon1223
お誕生日おめでとうございます。
丁度私と10違いですね。私も先月の16日に癌になってから初めての誕生日を迎えたところです。
お互いこの先「おめでとう」って言い合いたいですね。
私も梅澤先生の考え方に概ね賛成です。これは高橋豊先生の「がん休眠療法」とも一致するもので、現時点では、もし私が本格的な抗がん剤治療を受けることになれば、QOL重視がいいと思っているからです。辛い副作用で生きている時間と普通の生活ができている時間と残されれた余命(?)とのバランス、あとは本人の価値観でしょうか。現時点はそう考えていてもいざ治療に直面すると、どうなるか想像がつきません。まずは先生の言うとおりに治療を進め、副作用の程度が判った時点で継続、減薬を判断するのかな?
う~ん考えもまとまりませんね。


気持ちの良い日に
カノン
ちょっと暑いなあと思いながら、ふと目を転じると、空の高さに
驚く。風を感じる。そんな気持ちの良い日に、

お誕生日、おめでとう!!

のっぽ先生のブログは、どんどん澄んでいきますね。
純度の高いものに触れて、自分自身の価値観が変わっていくのが
わかります。

みづきさんのブログのコメント欄で、新しくブログを始めることにした、
という書込みを拝見して、何の役にも立たないけれど、一人でも
読者が多い方がいいかなあと思って、伺ったのが始まりでした。
ブログを応援するつもりが、いつも励ましていただくばかりです。

ずーっと、ずーっと、書き続けてくださるという約束を、守っていただ
けるものと信じています。

今を大切に生きる。
のっぽ187
Itoさん

>誕生日おめでとうございます。

ありがとうございます。

9月生まれだったんですね(私も今月誕生日です)。

はい、そうです。

今を大切に生きる。これに尽きますね。

本人の価値観が大きな鍵を握る。
のっぽ187
kinkon1223さん

>お誕生日おめでとうございます。

ありがとうございます。

>丁度私と10違いですね。私も先月の16日に癌になってから初めての誕生日を迎えたところです。
お互いこの先「おめでとう」って言い合いたいですね。

そうですね。来年も再来年もその次の年も。

>現時点では、もし私が本格的な抗がん剤治療を受けることになれば、QOL重視がいいと思っているからです。

がん患者さんの多くは、きっとこの結論に達する気がします。

>辛い副作用で生きている時間と普通の生活ができている時間と残されれた余命(?)とのバランス、あとは本人の価値観でしょうか。

そうですね。変数が多いので、判断が難しいのですが、本人の価値観が大きな鍵を握るので、この判断は、やはり本人がするべきだと僕は思っています。

>まずは先生の言うとおりに治療を進め、副作用の程度が判った時点で継続、減薬を判断するのかな?

殆どのケースがそうだと思います。僕もそうでした。

ありがとうございます!
のっぽ187
カノンさん

>ちょっと暑いなあと思いながら、ふと目を転じると、空の高さに
驚く。風を感じる。そんな気持ちの良い日に、

>お誕生日、おめでとう!!

ありがとうございます!

>のっぽ先生のブログは、どんどん澄んでいきますね。
純度の高いものに触れて、自分自身の価値観が変わっていくのが
わかります。

そのコメント、これ以上なく、嬉しいです。

>みづきさんのブログのコメント欄で、新しくブログを始めることにした、
という書込みを拝見して、何の役にも立たないけれど、一人でも
読者が多い方がいいかなあと思って、伺ったのが始まりでした。

そうだったのですね。
カノンさんは、僕のブログの草創期からの読者で、ブログを書いている側としても、特別な存在です。

>ブログを応援するつもりが、いつも励ましていただくばかりです。

なるべく、自分を勇気付けるような内容を書くように、と考えています。カノンさんのお役に立てて、本当に嬉しいです。

>ずーっと、ずーっと、書き続けてくださるという約束を、守っていただけるものと信じています。

ずーっと、ずーっと書き続けます。その約束、必ず守ります。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
誕生日おめでとう。
確かに我々延命治療をしているのかもしれないが
そればっかり考えていたら何のためとか余計なこと
考えちゃう。
俺は治療は治療、普段生活は普段の生活と割り切る様に
している。
普段の生活は病前と変わらなく過ごすつもり。

お互い年男なので前向きにいきましょう。
2008/09/05(Fri) 12:50 | URL  | あおくん #-[ 編集]
お誕生日(*^^)/。 ・:*:・゜ ★,。 ・:*:・゜☆オメデト
今年は誕生日を家族でまたは恋人と一緒にお祝いした日とは違った一日でしょうね
でも、誕生日は素直に親に感謝しましょう
来年も再来年もその次もその次も。。。。。
(*^ ^)/。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆ Congratulations

素人が病気になると訳がわからなくただ、嫌なだけ
でも、それが医師だと違うんだなぁ~素人より苦しいかも?ってね

量と治療と延命(梅沢先生の考え方は患者にとって勇気が出ます)
3)の今だと思います。あおくんと同じで前と変わらない生活です
私の場合、実際減量しているだそうなので。。。。(;^_^ A フキフキ
2008/09/05(Fri) 13:58 | URL  | ran #LA1CAGAE[ 編集]
お誕生日おめでとうございます
今日はお誕生日なのですね。おめでとうございます。

どんな病気でも、治療方針の選択や考えがあり、迷いますね。

「少ない用量では、望ましい効果が得られ、害作用は出現しない、もしくは、わずかである。用量を多くすると、害作用が強く出現したり、中毒を起こす」私も、その通りと思います。。

病気が違いますが、私も投薬治療で逆に酷い有様になったので、
自分で文献漁ったり、主治医と相談し、今は最低限の投薬で、あとは自分のコントロール次第と考え、最低限の服薬は変えない方針でいます。
でも、時には薬に頼りたくてたまらない時もありますが。。

医療って本当に難しいですね。

お互い、ひたすら前向きに生きましょうね。
2008/09/05(Fri) 14:03 | URL  | ななこ #-[ 編集]
No title
お誕生日、おめでとうございます。
私も昨年の誕生日は病室で、管6本の拘束状態で迎えました。

私も梅澤先生の著書やブログを読んで、概ね賛成、but 、、、、と常に割り切れないものを感じています。
抗がん剤の投与量って、昔は体重によって決められていたのですよね。それが現在は体表面積です。テープを体中ぐるぐる巻きにして計測したんですよね。
身長の割りに顔の大きな人なんかは、少なめにしたほうがいいのかも???

さらに大量化学療法は無意味とされたはずなのに、「乳癌術後療法としてタキサンを含んだ大量化学療法と標準療法の比較試験を行っています」という記事を目にしました。
まだまだわからないことが多いですね。
患者も勉強しないと、取り返しがつかなくなりますね。
2008/09/05(Fri) 14:10 | URL  | アンズ #bWZdFEcQ[ 編集]
普段の生活は普段の生活。
あおくん

>俺は治療は治療、普段生活は普段の生活と割り切る様に
している。

それがベストだね。僕も体調のいい時は、病のことは極力忘れるようにしている。というか、殆ど忘れてしまっている感じ。

>普段の生活は病前と変わらなく過ごすつもり。

それが一番だと思う。
僕自身、体調のいい時、病のことを思い出すのは、排便のときと自己導尿しているときくらいかな。正確に言うと、それらは、病そのものの症状ではなくて、手術の後遺症なんだけど。

今年、俺達、年男だったな。きれいに忘れていた。そもそも、今年、初詣、行ったっけな。それも忘れた。
2008/09/05(Fri) 14:57 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
これまでの僕の誕生日の過ごし方
ranさん

>今年は誕生日を家族でまたは恋人と一緒にお祝いした日とは違った一日でしょうね
でも、誕生日は素直に親に感謝しましょう
来年も再来年もその次もその次も。。。。。

大学に入ってからは、一人で過ごすことが多かったと思います。仕事に就いてからは、誕生日が土日と重なると、そして、当直と重ならないと、彼女と一緒に過ごしていたかな。とにかく、明確な記憶がないんです。
親は、僕にとっては微妙な存在ですね。(病になってから、僕の面倒をずっと看ているという点では、とても感謝しています。)まだまだ、無条件に「ありがとう」と思えるほど、僕は成長していない、という感じです。

>でも、それが医師だと違うんだなぁ~素人より苦しいかも?ってね

なまじ知識がある分、ベストを尽くそうとする、悪く言えば、あがきますね。

>あおくんと同じで前と変わらない生活です

これが一番です。100%の自信を持って、そうは言えないですけど、きっとこれが一番だと思います。

>私の場合、実際減量しているだそうなので

ranさんの経過を僕は十分把握することは出来ないのですが、ranさんを、ブログなどを通して見ている限りでは、薬の調整は、うまく行っているのではないか、と思います。そうでないと、あれだけの回数、施行することは出来ないと思います。
2008/09/05(Fri) 15:14 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
自分である程度、勉強せざるを得ないですよね。
ななこさん

>今日はお誕生日なのですね。おめでとうございます。

ありがとうございます。

>どんな病気でも、治療方針の選択や考えがあり、迷いますね。

そうですね。

>自分で文献漁ったり、主治医と相談し、今は最低限の投薬で、あとは自分のコントロール次第と考え、最低限の服薬は変えない方針でいます。

精神科を標榜していても、双極性障害のことについて、詳しい先生もいれば、そうでない先生もいる。(腫瘍科についても、同じかな。)である以上、自分である程度は勉強をして、ということになりますよね。「躁うつ病のホームページ」は、いいですよね。プロとしても、参考になるホームページです。

>医療って本当に難しいですね。

本当に難しいですよね。
結構、医者って、優秀な人が多いはずなのに、これだけ、どの科でも意見が分かれる、というのは、難しい、良く分からない、ということだと思います。

>お互い、ひたすら前向きに生きましょうね。

そうですね。
2008/09/05(Fri) 15:31 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
梅澤先生の考え方に対する私見
アンズさん

>お誕生日、おめでとうございます。

有難うございます。

>私も梅澤先生の著書やブログを読んで、概ね賛成、but 、、、、と常に割り切れないものを感じています。

そうですね。僕が感じるbut以下を述べると、

1) 抗癌剤を減らす。→正常の細胞のやられ方が少なくなる。→免疫機能が向上する。

これは本当か。免疫機能の向上は、抗癌剤の効きが落ちるのを相殺して、余りあるだけのものなのか。

2)他の多くの医者は、標準的な投与量が良い、もしくは、標準的な投与量から始めるのが良い、と言っている。他の多くの医者は、みな節穴なのか。

ですね。

>「乳癌術後療法としてタキサンを含んだ大量化学療法と標準療法の比較試験を行っています」という記事を目にしました。

詳細を知らずにコメントをするのは、本当は少し問題があるのかもしれませんが。
比較試験を設定する立場にある人(教授など)は、どのくらい臨床を知っているのか、ということを時々思います。私がいた教室も、大学に長くいる先生と、(大学)外の病院に長くいる先生の間では、だいぶ、意見、物の考え方に乖離がありました。

>まだまだわからないことが多いですね。

それが真実だと思います。

>患者も勉強しないと、取り返しがつかなくなりますね。

残念ながら、現状はそうだと思います。
2008/09/05(Fri) 15:53 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
No title
誕生日おめでとうございます。
癌になってからの誕生日は、感慨深いものになりますね。
2008/09/05(Fri) 18:38 | URL  | つる つるこ #JalddpaA[ 編集]
ありがとうございます。
つる つるこさん

>誕生日おめでとうございます。

ありがとうございます。

>癌になってからの誕生日は、感慨深いものになりますね。

そうですね。1年1年、時を重ねていく、という感じになるでしょうね。
2008/09/05(Fri) 20:24 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
遅くなりましたが
誕生日おめでとうございます。
9月生まれだったんですね(私も今月誕生日です)。

>これからは、1年1年、「ああ、今年も生き延びることができた。神様、有難う。」と思いながら過ごすことになろう。
私もこの気持ちを持って、今を大切に生きていこうと思います。
2008/09/05(Fri) 22:19 | URL  | Ito #ch2f7abI[ 編集]
No title
お誕生日おめでとうございます。
丁度私と10違いですね。私も先月の16日に癌になってから初めての誕生日を迎えたところです。
お互いこの先「おめでとう」って言い合いたいですね。
私も梅澤先生の考え方に概ね賛成です。これは高橋豊先生の「がん休眠療法」とも一致するもので、現時点では、もし私が本格的な抗がん剤治療を受けることになれば、QOL重視がいいと思っているからです。辛い副作用で生きている時間と普通の生活ができている時間と残されれた余命(?)とのバランス、あとは本人の価値観でしょうか。現時点はそう考えていてもいざ治療に直面すると、どうなるか想像がつきません。まずは先生の言うとおりに治療を進め、副作用の程度が判った時点で継続、減薬を判断するのかな?
う~ん考えもまとまりませんね。
2008/09/05(Fri) 23:20 | URL  | kinkon1223 #-[ 編集]
気持ちの良い日に
ちょっと暑いなあと思いながら、ふと目を転じると、空の高さに
驚く。風を感じる。そんな気持ちの良い日に、

お誕生日、おめでとう!!

のっぽ先生のブログは、どんどん澄んでいきますね。
純度の高いものに触れて、自分自身の価値観が変わっていくのが
わかります。

みづきさんのブログのコメント欄で、新しくブログを始めることにした、
という書込みを拝見して、何の役にも立たないけれど、一人でも
読者が多い方がいいかなあと思って、伺ったのが始まりでした。
ブログを応援するつもりが、いつも励ましていただくばかりです。

ずーっと、ずーっと、書き続けてくださるという約束を、守っていただ
けるものと信じています。
2008/09/05(Fri) 23:55 | URL  | カノン #-[ 編集]
今を大切に生きる。
Itoさん

>誕生日おめでとうございます。

ありがとうございます。

9月生まれだったんですね(私も今月誕生日です)。

はい、そうです。

今を大切に生きる。これに尽きますね。
2008/09/06(Sat) 04:03 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
本人の価値観が大きな鍵を握る。
kinkon1223さん

>お誕生日おめでとうございます。

ありがとうございます。

>丁度私と10違いですね。私も先月の16日に癌になってから初めての誕生日を迎えたところです。
お互いこの先「おめでとう」って言い合いたいですね。

そうですね。来年も再来年もその次の年も。

>現時点では、もし私が本格的な抗がん剤治療を受けることになれば、QOL重視がいいと思っているからです。

がん患者さんの多くは、きっとこの結論に達する気がします。

>辛い副作用で生きている時間と普通の生活ができている時間と残されれた余命(?)とのバランス、あとは本人の価値観でしょうか。

そうですね。変数が多いので、判断が難しいのですが、本人の価値観が大きな鍵を握るので、この判断は、やはり本人がするべきだと僕は思っています。

>まずは先生の言うとおりに治療を進め、副作用の程度が判った時点で継続、減薬を判断するのかな?

殆どのケースがそうだと思います。僕もそうでした。
2008/09/06(Sat) 04:14 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
ありがとうございます!
カノンさん

>ちょっと暑いなあと思いながら、ふと目を転じると、空の高さに
驚く。風を感じる。そんな気持ちの良い日に、

>お誕生日、おめでとう!!

ありがとうございます!

>のっぽ先生のブログは、どんどん澄んでいきますね。
純度の高いものに触れて、自分自身の価値観が変わっていくのが
わかります。

そのコメント、これ以上なく、嬉しいです。

>みづきさんのブログのコメント欄で、新しくブログを始めることにした、
という書込みを拝見して、何の役にも立たないけれど、一人でも
読者が多い方がいいかなあと思って、伺ったのが始まりでした。

そうだったのですね。
カノンさんは、僕のブログの草創期からの読者で、ブログを書いている側としても、特別な存在です。

>ブログを応援するつもりが、いつも励ましていただくばかりです。

なるべく、自分を勇気付けるような内容を書くように、と考えています。カノンさんのお役に立てて、本当に嬉しいです。

>ずーっと、ずーっと、書き続けてくださるという約束を、守っていただけるものと信じています。

ずーっと、ずーっと書き続けます。その約束、必ず守ります。
2008/09/06(Sat) 04:29 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック