癌との共存を目指しています。
晩御飯。

枝豆50g(鞘を入れて、50g)
晩柑 1/3 と、晩柑1個分の内皮
はもの湯引き 1匹分
サーモントラウト(養殖、チリ産)の刺身 6切れ
はまち(天然、石川県産)の刺身 6切れ+エゴマ油大匙1杯14g(はまちの脂が足らない感じがした。)
牛肉肩ロース(豪州産)、170g+バター(塩を加えられていない物)30g(脂が足りないと感じた。)
目玉焼き1つ
牛肉と目玉焼きでオリーブ油を大匙2杯(30ml、28g)位、使った。全て、食べた(飲んだ)。
大葉12枚
きゅうりのお漬物 きゅうり1/4本分
トマト中1個
プチトマト2個

満足。腹9分目位。

なお、昼御飯は、以下の通り。

お鍋に、水を入れて、鳥の手羽元(骨が付いた肉)を入れ、1時間、加熱。
それから、骨の付いていない鶏肉(皮付き)、豆腐、水菜、白葱、大根を入れた。
食べた鶏肉の量は、骨込みで、250g
全部、引き上げた後で、しょうが半個をすりおろし、カットワカメ(中国産)を1つまみ入れ、鍋を空けた。(汁を全て飲んだ。)

あと、昼御飯前に、キャベツを3枚、食べている。

「介護されたくないなら粗食はやめなさい」(熊谷修著、講談社プラスα新書)p86に、70歳シニア男性のための目安となる主な動物性食品の摂取量は、肉類70g、魚介類70g、卵1個、牛乳コップ1杯である、と書かれている。

蛋白質の摂取という点では、到達できているか、と思うし、カルシウムという点でも、鳥の手羽元の骨の部分を全て食べたので、クリアできている、と思う。鳥の手羽元は、肉込みで、187gだった。

油は、エゴマ油+バター(30g中、脂その物は、25g位)+オリーブ油で、67g。

鶏肉は、100g中、15g、脂質を含むとして、37.5g。牛肉肩ロース(輸入牛肉)100g中に、17g、脂質を含むとして、28.9g。卵1個、60gとして、殻が10gとすると、中身は、50g。うち脂質を10%含むとすると、(卵1個に含まれる脂質の量は)5g。

サーモントラウト、天然はまち、それぞれ、70gずつ食べたとして(かなり適当ですが)、サーモントラウト70g×0.15(100g中、脂質を15g含む)=10.5g、天然はまちは、食品成分データベースにデータがないので、サーモントラウトの半分だけ脂を含むとして(100g中、脂質を7.5g含むと考えた。半分の根拠は食べた感じ。)、5.25g

以上、合計すると、67+38+29+5+11+5=155g(四捨五入した物を合計した。)

今日1日で、脂質は、155g摂った事になる。(かなり適当な計算ですが。)

基本的に、「食べたいだけ食べる。」というスタンスなのだが、割と、摂っている量は、程ほどだな、と思う。

FC2blog テーマ:食生活 - ジャンル:ライフ

【2013/06/30 19:45】 | 食べ物、料理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック