癌との共存を目指しています。
SLEEPさんのコメントに対する返事の一部をまた記事にしました。重要な事なので。

院長の独り言を読んでいると、かなり海は汚染されている様です。最近の講演会(小野先生がされている講演会)も視聴したのですが、かなり汚染されている様です。僕が、当初、考えていたより、汚染は、かなりひどい様です。

今のところ、大きく問題があると考えられるのは、セシウムとストロンチウムなのですが、

セシウムは、カリウム(K)と似た振る舞いをするので、

セシウム→心臓(心筋)に溜まる。→ポンプとしての役割を果たさなくなる。(心不全)

セシウム→心臓に溜まる。→伝導系(上室から心室への伝導)がダメージを受ける。→突然死

ストロンチウムは、カルシウム(Ca)と似た振る舞いをするので、

ストロンチウムが骨に溜まる。→骨が折れやすくなるかも知れない。

ストロンチウムが骨に溜まる。→ストロンチウムから出る放射線で骨髄がダメージを受ける。→白血病

と、僕自身は、大雑把に考えています。

現在、セシウムについては、ある程度、データは出ているのですが、ストロンチウムは、殆どデータが出ていません。

もちろん、セシウムを避ける事で、ストロンチウムも避けられるはずだ、と考えて、行動すれば良いのでしょう。

高知県産や九州産の天然魚から、セシウムが検出されたというのは、見た事がないのですが、これらの魚の骨は、大丈夫か、ストロンチウムを多く含んでいるという事はないのか、と考えると、可能性はゼロではない、と思います。

こちらの下の方に、物理的半減期、生物学的半減期、有効半減期とあります。

僕も、まだ勉強中なので、間違っていたら、申し訳ないのですが、僕が理解する限りでは、

セシウム137の生物学的半減期は、70日、物理的半減期は、30年、有効半減期は、70日です。

この場合、今日、摂り込んだセシウム137は、70日の間で、半分は、体の外に排泄されてしまいます(生物学的半減期)。残りの半分が、体の中に残ります。一方、30年かけて半分位になるペースで壊変している(バリウム137の準安定同位体になる)訳ですが(物理的半減期)、これは、とてもゆっくりなので、実際のところは、70日で、体の中に半分、残る、で良いか、と思います(有効半減期)。

ストロンチウム90の生物学的半減期は49年、物理的半減期は29年、有効半減期は18年です。

体内に摂り込まれたストロンチウム90が、もし永遠に、ストロンチウム90だったとしたら(壊変しなかったら)、49年かけて、半分、体の外に排泄されるんだ、と思います(生物学的半減期)。

体内に摂り込まれたストロンチウム90が、永遠に、自分の体の中に残る、すなわち、体外に排泄されないとすれば、29年かけて、半分は、イットリウム90になるんだ、と思います(物理的半減期)。

で、実際のところ、10個、ストロンチウム90を摂り込んだら、18年後には、5個、ストロンチウム90が体の中に残り、2個は、体外に排泄され、3個は、体内で、イットリウム90になるんだ、と思います(有効半減期)。

なお、ストロンチウム90の有効半減期の説明(10が5と3と2になる)は、大雑把に言えば、そんな感じ、というだけで、全然、厳密な数字ではないです。

ポイントは、セシウムは、一回、たくさん含まれる物を摂ってしまっても、70日で半分は、洗い流されるけれども、ストロンチウムは、10年、20年の単位で体に残ってしまう、という事ではないか、と思います。(その事に、最近、気が付いた。)

以上を踏まえて、3つのプランが成り立つか、と思います。

①海から獲れる物自体を避ける。

②比較的、安全と考えられている海域で獲れた魚は食べる。しかし、骨は避ける。

③比較的、安全と考えられている海域で獲れた魚は、身も骨も食べる。

僕は、今年の4月前半までは、③だったのですが、現在は、②にしています。(思わず、食べてしまう事もありますが。)

なお、小野先生は、天草で取れた海草は食べる、と講演会で言っていましたが、ほぼ、①である様です。

僕が、①ではなくて、②にしているのは、ω3脂肪酸を、エゴマ油だけから摂る(α-リノレン酸のみ摂る)、というので大丈夫かな、と思っているからです。

ここは、EPA,DHAを直接、摂るメリットと魚の身に含まれているかも知れない放射性物質(セシウム137とか)を避けるメリットのどちらが勝るか、という問題になるか、と思います。

僕は、骨猟仮説は合っている、と思うのですが、現状、それを魚で実践するのは、どうかな、と考えています。

今のところ、僕は、鳥の手羽先の骨を食べたり、チーズを食べたりして、カルシウムを摂っています。

最後に、武田先生のブログを載せます。

この文章から考えると、②か③で良い、となるか、と思います。

2013年4月21日、追記。

キノシタさんから、ご指摘があり、2011年5月と6月に極微量ですが、土佐沖のカツオから検出されています、との事です。こちらをご参照下さい。

FC2blog テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/04/21 11:13】 | 食べ物、料理
トラックバック(0) |

土佐沖のカツオから検出
キノシタ
>高知県産や九州産の天然魚から、セシウムが検出されたというのは、見た事がないのですが、これらの魚の骨は、大丈夫か、ストロンチウムを多く含んでいるという事はないのか、と考えると、可能性はゼロではない、と思います。

2011.5月と6月に極微量ですが、土佐沖のカツオから検出されています。気にするほどではないですが。
http://savechild.net/archives/13795.html

放射能のリスクとそれを避けることに寄るリスクをどのように天秤にかけるかと言うことになります。特にがん患者にとっては内を食べるかは3.11以後は悩ましいですね。私はごくたまに食べるのであれば50Bq/kg以下なら、ま、仕方ないか、と考えています。ただし、東日本産のキノコ、山菜類は避けます。

ご指摘、有難うございます。
のっぽ187
キノシタさん

2011年5月と6月ですが。抜けていました。

ご指摘、有難うございます。

ω3脂肪酸の摂取を、僕は、結構、重視しているのですが、ストロンチウム90の性質と、それによって惹き起こされる疾患(白血病)を考えると、「骨は、止めた方がいいかな。」と思うようになりました。

今ある癌のコントロールと、新たに、がんにならないようにするという事なのですが、それが相反する場合、どちらを優先したものか、と、ほんと、迷ってしまいます。


SLEEP
食べ物の放射線からくる発ガンへの影響ですが、はるかに大規模で広範囲が汚染されたチェルノブイリ事故を見る限りほぼなしでしょう。100ミリシーベルト以下では優位な増加がないというのを日本人はもっと尊重してよいと思います。
また放射線には閾値があるのかないのか議論はありますが、生命が生まれてからこのかたず~っと天体から来る放射線の影響を受け続けてるわけですからなんらかの防御システムは持っていると考えるほうが進化論としては自然です。



のっぽ187
SLEEPさん

コメント、有難うございます。

放射性物質から出る放射線に対して、閾値はない、と僕は考えているのですが、はっきり言って、僕は、勉強不足なので、ただ、そう考えている、というだけです。


緑緑*ryuryu
ご無沙汰しております。
ブログにコメントありがとうございました。
仕事についてはもうどうにかしないとダメだなぁと思っています。

少し前の記事に「得た物。時間。」とありますが、今私が1番欲しいのがそれかな。
「考える時間」がほしいです。

記事内容と違うコメントですみません。

考える時間
のっぽ187
緑緑*ryuryuさん

お返事、有難うございます。

まとまった時間が出来ると、少し冷静になれます。

僕も、かつては、よく考える時間がない、生活をしていました。ふと、「これでいいのかな。」と感じる事があっても、それ以上、考えない生活をしていました。

一生のうちに、一度は、そういう生活があった方がいいのかな、と思うのですが、10年、続けたら十分かな、と僕は思っています。(僕は、9年で、癌が見つかりましたが。)

もし可能なら、自分のこれまでについて考える時間や、今後について考える時間を持つ事を勧めます。

>記事内容と違うコメントですみません。

そんな事、全然、気にしないで下さい。今、遣り取りしている内容の方が、よっぽど、本質的で、大事な事だと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
土佐沖のカツオから検出
>高知県産や九州産の天然魚から、セシウムが検出されたというのは、見た事がないのですが、これらの魚の骨は、大丈夫か、ストロンチウムを多く含んでいるという事はないのか、と考えると、可能性はゼロではない、と思います。

2011.5月と6月に極微量ですが、土佐沖のカツオから検出されています。気にするほどではないですが。
http://savechild.net/archives/13795.html

放射能のリスクとそれを避けることに寄るリスクをどのように天秤にかけるかと言うことになります。特にがん患者にとっては内を食べるかは3.11以後は悩ましいですね。私はごくたまに食べるのであれば50Bq/kg以下なら、ま、仕方ないか、と考えています。ただし、東日本産のキノコ、山菜類は避けます。
2013/04/21(Sun) 15:22 | URL  | キノシタ #2NU31nKA[ 編集]
ご指摘、有難うございます。
キノシタさん

2011年5月と6月ですが。抜けていました。

ご指摘、有難うございます。

ω3脂肪酸の摂取を、僕は、結構、重視しているのですが、ストロンチウム90の性質と、それによって惹き起こされる疾患(白血病)を考えると、「骨は、止めた方がいいかな。」と思うようになりました。

今ある癌のコントロールと、新たに、がんにならないようにするという事なのですが、それが相反する場合、どちらを優先したものか、と、ほんと、迷ってしまいます。
2013/04/21(Sun) 20:29 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
食べ物の放射線からくる発ガンへの影響ですが、はるかに大規模で広範囲が汚染されたチェルノブイリ事故を見る限りほぼなしでしょう。100ミリシーベルト以下では優位な増加がないというのを日本人はもっと尊重してよいと思います。
また放射線には閾値があるのかないのか議論はありますが、生命が生まれてからこのかたず~っと天体から来る放射線の影響を受け続けてるわけですからなんらかの防御システムは持っていると考えるほうが進化論としては自然です。
2013/04/23(Tue) 14:09 | URL  | SLEEP #mQop/nM.[ 編集]
SLEEPさん

コメント、有難うございます。

放射性物質から出る放射線に対して、閾値はない、と僕は考えているのですが、はっきり言って、僕は、勉強不足なので、ただ、そう考えている、というだけです。
2013/04/24(Wed) 07:06 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
ご無沙汰しております。
ブログにコメントありがとうございました。
仕事についてはもうどうにかしないとダメだなぁと思っています。

少し前の記事に「得た物。時間。」とありますが、今私が1番欲しいのがそれかな。
「考える時間」がほしいです。

記事内容と違うコメントですみません。
2013/05/02(Thu) 20:47 | URL  | 緑緑*ryuryu #B6hI6adY[ 編集]
考える時間
緑緑*ryuryuさん

お返事、有難うございます。

まとまった時間が出来ると、少し冷静になれます。

僕も、かつては、よく考える時間がない、生活をしていました。ふと、「これでいいのかな。」と感じる事があっても、それ以上、考えない生活をしていました。

一生のうちに、一度は、そういう生活があった方がいいのかな、と思うのですが、10年、続けたら十分かな、と僕は思っています。(僕は、9年で、癌が見つかりましたが。)

もし可能なら、自分のこれまでについて考える時間や、今後について考える時間を持つ事を勧めます。

>記事内容と違うコメントですみません。

そんな事、全然、気にしないで下さい。今、遣り取りしている内容の方が、よっぽど、本質的で、大事な事だと思います。
2013/05/03(Fri) 08:03 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック