癌との共存を目指しています。
体調は、極めて良い。(いつも、良い、良い、と書いているので、比較が、しにくいが。)

夜、しっかり寝ているのが良いのかも知れない。

一昨日、勤務先の病院から駅まで歩いていると、雨が降り出したので、軽く走った。かつて(癌を指摘される前)と変わらない感じで走る事が出来た。

普通に走れる事が一つの目標だったので(体調が良い事の目安だ、と考えていたので)、少し嬉しかった。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2012/11/17 15:57】 | 日記
トラックバック(0) |

それは、とても嬉しいことね。
レイシー
のっぽ187さん

何かに、喜びを感じることは、良いことだと思うわ。
たとえ、それが、どんなに小さなことでもね。
当たり前だと思っていたことが、
普通だと思っていたことが、
一つの命に与えられた、奇跡の産物であると知ることは、
幸せで、とても美しいことね。

Lacie

昔のような感じで
のっぽ187
Lacieさん

そうですね。

昔のような感じで、軽く走る事が出来たのが嬉しかったです。

ゴールデンタイムと成長ホルモン
カノン
のっぽ先生、お元気なご様子で安心しています。
石も、無事に出ましたでしょうか。

今回は、「夜、しっかり寝ているのが良いのかも知れない。」というところに、反応してしまいました。

私はずっと、夜は10時から2時まで熟睡するのが、身体に良いと信じる、ゴールデンタイム教の信者でした。決して実行できないがゆえに、日付が変わって眠る頃は、いつも一抹の罪悪感すら覚えていました。

ところが、11月8日の毎日新聞の記事で、日大医学部の内山真教授(精神医学)が、ゴールデンタイムについて、こんなふうに言っています。

「成長ホルモンの分泌が睡眠と密接に関係し、就寝後30分~3時間の深い睡眠中に分泌量が増えることは事実ですが、眠りにつく時刻とは関係ありません。『その日のうちに寝ないと』などとこだわる必要はないのです」、そして「まずは規則正しい生活を取り戻し、時間帯にこだわらずぐっすり眠ることが大事です」。

なんだか、ゴールデンタイムの呪縛から、一気に解放された気分になりました。
そういえば、のっぽ先生も眠くなったら寝る、という姿勢で、あまり時間帯にはこだわっていらっしゃいませんでした。

世間に信じられていることよりも、自分の身体の内なる声に耳を傾けることは、相変わらず難しいです。

自分の内なる声に耳を傾け
のっぽ187
カノンさん

石は、出ていないです。確認できていないです。もしかすると、気が付かないうちに出たのかも知れません。

僕は、受験勉強や大学のテスト前の勉強で、不規則な生活が身に付いてしまいました。大学に入る時点で、親元を離れ、一人暮らしとなったのが良くなかったのかも知れません。

加えて、医者になってから、癌を指摘されるまで、当直をしまくっていたので(3,4日に一度のペースで当直をしていました)、気が付いたら、午後12時を回っていた、といった生活をしていました。

当直をしない生活になって、5年近くになりますが、最近やっと、普通の人がするような生活になりました。

もともと、世間で信じられている事に囚われない方だったか、と思うのですが、直腸癌、肺転移を指摘され、世間から隔たった生活を送っているうちに、世間で信じられている事と真実は別な所にある事が結構、多いのではないか、と思うようになりました。

精神科の診療をする中でも、ガイドラインは、参考にする、といった立場だったのですが、自分が癌を指摘され、治療を受けているうちに、自分の内なる声に耳を傾け、それに従う事が、意外と、いいのではないか、と思うようになりました。


のっぽ187
拍手コメントをしてくれた方へ

そうですね。本当にそう思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
それは、とても嬉しいことね。
のっぽ187さん

何かに、喜びを感じることは、良いことだと思うわ。
たとえ、それが、どんなに小さなことでもね。
当たり前だと思っていたことが、
普通だと思っていたことが、
一つの命に与えられた、奇跡の産物であると知ることは、
幸せで、とても美しいことね。

Lacie
2012/11/18(Sun) 05:52 | URL  | レイシー #-[ 編集]
昔のような感じで
Lacieさん

そうですね。

昔のような感じで、軽く走る事が出来たのが嬉しかったです。
2012/11/18(Sun) 16:26 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
ゴールデンタイムと成長ホルモン
のっぽ先生、お元気なご様子で安心しています。
石も、無事に出ましたでしょうか。

今回は、「夜、しっかり寝ているのが良いのかも知れない。」というところに、反応してしまいました。

私はずっと、夜は10時から2時まで熟睡するのが、身体に良いと信じる、ゴールデンタイム教の信者でした。決して実行できないがゆえに、日付が変わって眠る頃は、いつも一抹の罪悪感すら覚えていました。

ところが、11月8日の毎日新聞の記事で、日大医学部の内山真教授(精神医学)が、ゴールデンタイムについて、こんなふうに言っています。

「成長ホルモンの分泌が睡眠と密接に関係し、就寝後30分~3時間の深い睡眠中に分泌量が増えることは事実ですが、眠りにつく時刻とは関係ありません。『その日のうちに寝ないと』などとこだわる必要はないのです」、そして「まずは規則正しい生活を取り戻し、時間帯にこだわらずぐっすり眠ることが大事です」。

なんだか、ゴールデンタイムの呪縛から、一気に解放された気分になりました。
そういえば、のっぽ先生も眠くなったら寝る、という姿勢で、あまり時間帯にはこだわっていらっしゃいませんでした。

世間に信じられていることよりも、自分の身体の内なる声に耳を傾けることは、相変わらず難しいです。
2012/11/20(Tue) 23:11 | URL  | カノン #-[ 編集]
自分の内なる声に耳を傾け
カノンさん

石は、出ていないです。確認できていないです。もしかすると、気が付かないうちに出たのかも知れません。

僕は、受験勉強や大学のテスト前の勉強で、不規則な生活が身に付いてしまいました。大学に入る時点で、親元を離れ、一人暮らしとなったのが良くなかったのかも知れません。

加えて、医者になってから、癌を指摘されるまで、当直をしまくっていたので(3,4日に一度のペースで当直をしていました)、気が付いたら、午後12時を回っていた、といった生活をしていました。

当直をしない生活になって、5年近くになりますが、最近やっと、普通の人がするような生活になりました。

もともと、世間で信じられている事に囚われない方だったか、と思うのですが、直腸癌、肺転移を指摘され、世間から隔たった生活を送っているうちに、世間で信じられている事と真実は別な所にある事が結構、多いのではないか、と思うようになりました。

精神科の診療をする中でも、ガイドラインは、参考にする、といった立場だったのですが、自分が癌を指摘され、治療を受けているうちに、自分の内なる声に耳を傾け、それに従う事が、意外と、いいのではないか、と思うようになりました。
2012/11/21(Wed) 10:46 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
拍手コメントをしてくれた方へ

そうですね。本当にそう思います。
2013/01/06(Sun) 23:19 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック