癌との共存を目指しています。
この1年(まだ、あと2ヶ月、残っているが)、食べる物について、色々と試行錯誤をしたと思う。(まさに、error and trial だった。)

僕の場合、糖質制限までするべきなのか、glycemic index の低い物を食べるのでOKなのか、正直なところ、分からない。

ただ、もし、コントロール出来る物であれば、食事や運動といった生活習慣で、癌を抑えたい、と考えているので、疑わしい物に関しては、なるべく徹底して、と考えている。(この辺は、その人の性分や価値観によるところが大きいと思う。)

比較試験の結果を重視するべきなのか、進化の観点から見たアプローチを重視するべきなのか、はたまた、病態生理学なアプローチ(インスリンがどうとか、インスリン様成長因子がどうとか)を重視するべきなのか、これも僕には分からない。

ただ、比較試験の結果だけでは、十分とは言えない、と思う(それだけでは足りない、と思う)ので、それを他の考えで補う必要があるのではないか、と思う。

僕の英語力は極めて怪しいので、論文の細かいニュアンスを読み取る事が出来ない。一方、日本語については、ある程度は、解釈する力があると思うので、行間を読み取る事が出来るのではないか、と思っている。

そういった背景から、最近は、日本人が書いた本の内容を参考にして、意思決定する事が増えた、と思う。

江部先生や島先生の考え方を、自分の食事に取り入れるのが正しいのかどうか、僕には、全く分からないが、(二人は、)何となく、本当の事を言っている気がするので、今のところ、それらを採用している。

FC2blog テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

【2012/11/05 10:09】 | 食べ物、料理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック