癌との共存を目指しています。
7月前半にも同様のイベントがあったので、今回が2回目。

昨日(10月29日)の日中、赤いおしっこが出た(肉眼的血尿)。

その日の晩は、夜食を摂り、午前2時に就寝したが、午前4時過ぎに目が覚めた。それから、1時間半、右腰背部に、かなり強い痛みが持続した。(厳密には、痛みは強くなったり、弱くなったりしていた。)

(右尿管の)尿路結石かな、と思い、先ほど、泌尿器科のクリニックを受診して来た。

尿管を造影してもらった。(DIP)

右尿管の尿路結石だった。

だいぶ、下の方(膀胱に開口しているところに近いところ)に石はあるようだった。

水をたくさん、飲んで下さい、との事だった。

パンフレットを読むと、夜食がいけないようだ。あと、食後すぐ眠ってしまうのがいけないようだ。

もろに当て嵌まるので、改めようと思う。

なお、大腸を全摘しているので、水分を吸収する能力が落ちている事、水様便を避けるため、ついつい、水を飲む量を減らしてしまっている事が、ベースにあるんだ、と思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2012/10/30 11:44】 | 自分の体
トラックバック(0) |

私も尿路結石になったことがあります。
レイシー
初めまして。
私は、高校1年の頃、尿路結石になりました。
最初は、水分を多めにとって、体外排出という、治療方針でしたが、結局、内視鏡で取りました。
当時、体外衝撃波で、結石を砕く方法は、それほど、普及していませんでした。
あれから、かなり、時が経過しましたので、体外衝撃波という治療も普及してきたと思います。
京都の、南丹病院の、米田医師は、体外衝撃波に精通しております。


有難うございます。
のっぽ187
レイシーさん

こちらこそ、初めまして。

いろいろと、お教え頂き、有難うございます。

造影検査(DIP)では、石は、だいぶ、下の方にあるみたいなので、水を沢山、飲む、で行ってみようかな、と思っています。

もしかすると、もう、石は膀胱に落ちたかも知れない、と、自分では、思っています。(検査をした訳ではないので、勝手に、そう思っているだけですが。)


上手く、体外排出できると良いですね。
レイシー
コメントに対するお返事、有難うございます。

造影検査では、結石は、下部にあったのですね。
では、水分補給で、体外に排出される可能性が高いですね。
私の時には、上部にあったので、体外排出が難しかったです。
ただ、当時、内視鏡は、相手が男性医師ということもあり、恥ずかしく、夏休みギリギリまで、体外排出の治療方針をお願いしました。
結局は、内視鏡になりましたが。

米田医師は、治療方法を押し付けるのではなく、患者さんの意見も重視し、大変親身になって治療法を考えて下さる方です。

もし、結石以外にも、泌尿器科に関することで、お悩みがありましたら、力になってくれると思います。
私の、最後の記憶では、米田医師は、京都府立医大付属病院から、数年前に、南丹病院に戻られました。

もし、受診される機会があり、その時に、米田医師が南丹病院にいらっしゃらなった
場合、
米田医師と連絡を取り、現在の居場所を教えてもらうことは、可能なので、その時は、遠慮なくおっしゃって下さい。

結石は、無事、自然排出されると良いですね。

これは、余談ですが、
コメントのお返事、blog内容より、
とても、前向きで充実された日々を過ごされていらっしゃるように、感じました。

当たり前だと思っていたものが、奇跡の産物だと知った時、
あらゆる事象が、美しく 儚く 尊いものだと感じられます。

きっと、貴方は、そのことに気づいていらっしゃるのですね。
だからこそ、貴方の心から出た文書は、
美しい。


癌を指摘される前と比べると
のっぽ187
レイシーさん

米田先生の件、有難うございます。

>もし、受診される機会があり、その時に、米田医師が南丹病院にいらっしゃらなった場合、米田医師と連絡を取り、現在の居場所を教えてもらうことは、可能なので、その時は、遠慮なくおっしゃって下さい。

有難うございます。そうします。

文章を褒めて頂き、有難うございます。

癌を指摘される前と比べると、風景が、ありありと感じられるようになりました。以前は、季節の移り変わりなど、気にも留めなかったのですが。

人生を、味わいましょう。
レイシー
のっぽ187さん

私は、文章そのものではなく、
文章を介して伝わる、貴方の心を美しいと思ったのですよ。

>癌を指摘される前と比べると、風景が、ありありと感 じられるようになりました。以前は、季節の移り変わ りなど、気にも留めなかったのですが。

病のため、辛く、苦しい思いをされたことと思います。

実は、私も、癌とは別の病を抱えています。
それなりに、色んなことがありましたが、
私は、自分が不幸だなんて、思ったことは、ないです。
この病のおかげで、私は、人間の残酷さと醜さを知ることができました。
それはつまり、美しさを知ることと同じです。
私は、この世界に産まれてきたことを、幸せに感じています。
残酷で、滑稽で、美しい、この世界に居られることが、とても楽しいのですから。








そうですね。
のっぽ187
レイシーさん

> 私は、文章そのものではなく、文章を介して伝わる、貴方の心を美しいと思ったのですよ。

有難うございます。

まだ、悟る、には、遠いですが、一日一日を大事に過ごしたいな、と思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も尿路結石になったことがあります。
初めまして。
私は、高校1年の頃、尿路結石になりました。
最初は、水分を多めにとって、体外排出という、治療方針でしたが、結局、内視鏡で取りました。
当時、体外衝撃波で、結石を砕く方法は、それほど、普及していませんでした。
あれから、かなり、時が経過しましたので、体外衝撃波という治療も普及してきたと思います。
京都の、南丹病院の、米田医師は、体外衝撃波に精通しております。
2012/11/04(Sun) 02:00 | URL  | レイシー #-[ 編集]
有難うございます。
レイシーさん

こちらこそ、初めまして。

いろいろと、お教え頂き、有難うございます。

造影検査(DIP)では、石は、だいぶ、下の方にあるみたいなので、水を沢山、飲む、で行ってみようかな、と思っています。

もしかすると、もう、石は膀胱に落ちたかも知れない、と、自分では、思っています。(検査をした訳ではないので、勝手に、そう思っているだけですが。)
2012/11/05(Mon) 09:33 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
上手く、体外排出できると良いですね。
コメントに対するお返事、有難うございます。

造影検査では、結石は、下部にあったのですね。
では、水分補給で、体外に排出される可能性が高いですね。
私の時には、上部にあったので、体外排出が難しかったです。
ただ、当時、内視鏡は、相手が男性医師ということもあり、恥ずかしく、夏休みギリギリまで、体外排出の治療方針をお願いしました。
結局は、内視鏡になりましたが。

米田医師は、治療方法を押し付けるのではなく、患者さんの意見も重視し、大変親身になって治療法を考えて下さる方です。

もし、結石以外にも、泌尿器科に関することで、お悩みがありましたら、力になってくれると思います。
私の、最後の記憶では、米田医師は、京都府立医大付属病院から、数年前に、南丹病院に戻られました。

もし、受診される機会があり、その時に、米田医師が南丹病院にいらっしゃらなった
場合、
米田医師と連絡を取り、現在の居場所を教えてもらうことは、可能なので、その時は、遠慮なくおっしゃって下さい。

結石は、無事、自然排出されると良いですね。

これは、余談ですが、
コメントのお返事、blog内容より、
とても、前向きで充実された日々を過ごされていらっしゃるように、感じました。

当たり前だと思っていたものが、奇跡の産物だと知った時、
あらゆる事象が、美しく 儚く 尊いものだと感じられます。

きっと、貴方は、そのことに気づいていらっしゃるのですね。
だからこそ、貴方の心から出た文書は、
美しい。
2012/11/06(Tue) 00:03 | URL  | レイシー #-[ 編集]
癌を指摘される前と比べると
レイシーさん

米田先生の件、有難うございます。

>もし、受診される機会があり、その時に、米田医師が南丹病院にいらっしゃらなった場合、米田医師と連絡を取り、現在の居場所を教えてもらうことは、可能なので、その時は、遠慮なくおっしゃって下さい。

有難うございます。そうします。

文章を褒めて頂き、有難うございます。

癌を指摘される前と比べると、風景が、ありありと感じられるようになりました。以前は、季節の移り変わりなど、気にも留めなかったのですが。
2012/11/06(Tue) 15:07 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
人生を、味わいましょう。
のっぽ187さん

私は、文章そのものではなく、
文章を介して伝わる、貴方の心を美しいと思ったのですよ。

>癌を指摘される前と比べると、風景が、ありありと感 じられるようになりました。以前は、季節の移り変わ りなど、気にも留めなかったのですが。

病のため、辛く、苦しい思いをされたことと思います。

実は、私も、癌とは別の病を抱えています。
それなりに、色んなことがありましたが、
私は、自分が不幸だなんて、思ったことは、ないです。
この病のおかげで、私は、人間の残酷さと醜さを知ることができました。
それはつまり、美しさを知ることと同じです。
私は、この世界に産まれてきたことを、幸せに感じています。
残酷で、滑稽で、美しい、この世界に居られることが、とても楽しいのですから。






2012/11/06(Tue) 21:13 | URL  | レイシー #-[ 編集]
そうですね。
レイシーさん

> 私は、文章そのものではなく、文章を介して伝わる、貴方の心を美しいと思ったのですよ。

有難うございます。

まだ、悟る、には、遠いですが、一日一日を大事に過ごしたいな、と思っています。
2012/11/07(Wed) 00:09 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック