癌との共存を目指しています。
今日は、仕事が休みだった。

午前11時18分から51分まで、33分間、日光浴。パンツ一枚になって、ベランダに出て、日に当たった。今年一番の日差しであるように感じた。

糖質制限食実践中。食塩無添加のカシューナッツが甘く感じられる。

落花生をよく食べている。とにかく、美味しい。

糖質制限食を実践していると(日によく当たっていると、かも知れないが)、この時刻(午前0時過ぎ)になっても、「あ~、眠た。」という感じにならない。

素敵な動画を見つけました。良かったら、どうぞ。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2012/06/30 00:21】 | 日記
トラックバック(0) |

ダンス ダンス ダンス
カノン
のっぽ先生、本当に素敵な動画を紹介してくださって、ありがとうございます。
マットさんは世界遺産の前で踊り、東京のメイド喫茶で踊り、韓国の非武装地帯でも楽しそうに踊っています。
あのダンス、単純そうに見えて、結構難しいです。自分でやってみて、そう思いました(笑)。

のっぽ先生は、6月も元気にお過ごしになられて、しみじみ良かったなあ、と思います。
私の方は、6月の最後の1週間で、従妹が舌がんの手術をしたこと、叔母ががんの告知を受けたことを、矢継ぎ早に知らされました。
従妹には、私の持っていた「がんに効く生活」を貸して、今日買った1冊を携えて、今週叔母に会いに行くつもりです。この本が、何かしら、ふたりの支えになってくれることを、祈るばかりです。

親戚の話を、お父様ががんに罹っている友達にしましたら、彼女から早速、活性水素水を勧められました。丁重にお断りしましたが、なんだかなあ、という気分です。

タゴールの詩“Stream of Life”(いのちの流れ)も、生命の讃歌として、心に沁みました。
高良とみ氏訳の詩の中で、「そして私の誇りは、いまこの瞬間に私の血のなかに踊っている」という文章が素敵だ、と思いました。

なんだか、しろさんに呼びかけていただいているようなのですが、しろさんの何かお役に立てることはありますでしょうか。


とにかく踊る。
のっぽ187
カノンさん

ダンスなんて、20年位した事がないので、僕も、すぐには出来ない、と思います。

韓国の非武装地帯で踊っているところが、僕にとっては、とても印象的でした。

個人的には、マドリッドとサヌア(イエメン)の映像が特に素敵だな、と思っています。

僕は、未だに、「がんに効く生活」をたびたび読み返すのですが、ほんと、良く書けた本だと思います。

何を食べたらいいのか(安西先生の米国統合医療ノートの内容と、概ね、齟齬が無い)、といった事から、どう生きるべきか、といった事まで、本当に良く書けている、と思います。

●●●

僕は、高校で理系を選択し、大学の6年間(入るのに一浪、医師国家試験に通るのに一浪しているので、計8年)、その後も、一応、科学に属する学問をベースとした仕事をしているので、30年以上にわたって(とりあえず、小学校1年生から数えています)、科学について考える機会がありました。

しかし、早い時期から、そういった機会がなくなるという人もいるのかも知れませんね。

●●●

タゴールの詩、実は、なかなか素敵ですよね。(というか、カノンさん、流石にちゃんとチェックが入っていますね。)

次の記事のしろさんのコメントは、僕も、カノンさんが何なのか、よく分からないです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ダンス ダンス ダンス
のっぽ先生、本当に素敵な動画を紹介してくださって、ありがとうございます。
マットさんは世界遺産の前で踊り、東京のメイド喫茶で踊り、韓国の非武装地帯でも楽しそうに踊っています。
あのダンス、単純そうに見えて、結構難しいです。自分でやってみて、そう思いました(笑)。

のっぽ先生は、6月も元気にお過ごしになられて、しみじみ良かったなあ、と思います。
私の方は、6月の最後の1週間で、従妹が舌がんの手術をしたこと、叔母ががんの告知を受けたことを、矢継ぎ早に知らされました。
従妹には、私の持っていた「がんに効く生活」を貸して、今日買った1冊を携えて、今週叔母に会いに行くつもりです。この本が、何かしら、ふたりの支えになってくれることを、祈るばかりです。

親戚の話を、お父様ががんに罹っている友達にしましたら、彼女から早速、活性水素水を勧められました。丁重にお断りしましたが、なんだかなあ、という気分です。

タゴールの詩“Stream of Life”(いのちの流れ)も、生命の讃歌として、心に沁みました。
高良とみ氏訳の詩の中で、「そして私の誇りは、いまこの瞬間に私の血のなかに踊っている」という文章が素敵だ、と思いました。

なんだか、しろさんに呼びかけていただいているようなのですが、しろさんの何かお役に立てることはありますでしょうか。
2012/07/01(Sun) 23:39 | URL  | カノン #-[ 編集]
とにかく踊る。
カノンさん

ダンスなんて、20年位した事がないので、僕も、すぐには出来ない、と思います。

韓国の非武装地帯で踊っているところが、僕にとっては、とても印象的でした。

個人的には、マドリッドとサヌア(イエメン)の映像が特に素敵だな、と思っています。

僕は、未だに、「がんに効く生活」をたびたび読み返すのですが、ほんと、良く書けた本だと思います。

何を食べたらいいのか(安西先生の米国統合医療ノートの内容と、概ね、齟齬が無い)、といった事から、どう生きるべきか、といった事まで、本当に良く書けている、と思います。

●●●

僕は、高校で理系を選択し、大学の6年間(入るのに一浪、医師国家試験に通るのに一浪しているので、計8年)、その後も、一応、科学に属する学問をベースとした仕事をしているので、30年以上にわたって(とりあえず、小学校1年生から数えています)、科学について考える機会がありました。

しかし、早い時期から、そういった機会がなくなるという人もいるのかも知れませんね。

●●●

タゴールの詩、実は、なかなか素敵ですよね。(というか、カノンさん、流石にちゃんとチェックが入っていますね。)

次の記事のしろさんのコメントは、僕も、カノンさんが何なのか、よく分からないです。
2012/07/02(Mon) 04:20 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック