癌との共存を目指しています。
膵臓がん患者と糖質制限食という記事を読んで、江部康二先生という方の存在を知った。(膵臓がんサバイバーへの挑戦は、本当にためになる。キノシタさん、有難うございます。)

僕は、糖尿病ではないので、知りたいのは、既に癌になっている人にとって、糖質制限食は意味があるのか、だ。

インスリンとガンに答えが書いてある。大事な所は、こちら。(抜粋始め)

一方、既に癌になっている場合、ガン細胞がGlut1*を獲得していることが多く、脳細胞や赤血球並みに血液中のブドウ糖を取り込むことができるので、糖質制限食を実践しても根絶は困難といえます。

まあ、野放しに糖質を摂取して、癌にどんどん栄養を送るよりは、兵糧攻めの意味はあると思いますが・・・(中略)

*糖輸送体(Glut)
細胞のブドウ糖取り込み装置。
脳、赤血球などはGlut1で常に細胞の表面にあり、いつでも血液中からブドウ糖を取り込める。
筋肉や脂肪はGlut4で、通常は細胞内に沈んでいるので、あまりブドウ糖を取り込めない。インスリンが追加分泌された時などに細胞表面に移動して血液中からブドウ糖を取り込む。(抜粋終わり)

糖質制限食と癌①から僕がポイントと思った所を抜粋。(抜粋始め)

従いまして、ガン細胞も脳や赤血球並みにブドウ糖を取り込むことができるので、糖質制限食を実践しても、ガンを撲滅することはなかなかできないと思います。

しかし普通に糖質を摂取して血糖値を上昇させるよりは、糖質制限食なら食後血糖値の上昇は少ないので、進行が少しは遅くなるかなというくらいの期待はあります。(抜粋終わり)

僕は、身長が高い(187cm)。この事から、僕は、成長ホルモンやインスリンの分泌が良いのではないか、と考えている。もちろん、背が高くなった原因としては、よく食べる(特に御飯をよく食べる)事もあるだろう。なお、母親が若い頃、167cmあったと聞いたが、母親も成長ホルモンやインスリンの分泌が良いのではないか、と僕は考えている。

僕の場合、発癌や癌が大きくなるのに、インスリンが沢山、分泌されていた事が大きな役割を果たしていたのではないか、と考えている。ただ、糖質制限食を摂っても、癌を完全に無くする事は出来ないとの事なので、僕の場合、糖分の制限は、程ほどでいいのだろう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/11/30 07:08】 | 自分の体
トラックバック(0) |

お褒めいただき光栄です
キノシタ
のっぽ先生。Glut1と癌細胞についても書こうとしていたところですが、先を越されましたね。
もっと詳しくは作家の宮本輝氏との対談本『我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある』に書かれています。結局は癌細胞が利口だから、はっきりとしたことは分からないが、予防できる可能性はあるかもしれない、という程度です。できてしまった癌がなくなることはあり得ませんが、大きくすることを予防できる可能性も少しはあるように書かれています。エビデンスはありませんが。
膵臓がん以外の癌なら、インスリンのことは余り気にせずに、バランスよく食べるのが一番かと思います。

本当に、ためになる記事でした。
のっぽ187
キノシタさん

癌になるのを予防する事と、身体の中にある小さな癌を大きくしない事には、ある程度、共通点があるのではないか、と考えていました。

運動が、癌になるのをある程度、予防するのではないか、そして、運動している人は、予後がいい(癌になってからの経過が良い)と言われていますが(http://d.hatena.ne.jp/appleflower/20111122)、全く同じという訳ではないのだな、と今回、改めて感じました。

>膵臓がん以外の癌なら、インスリンのことは余り気にせずに、バランスよく食べるのが一番かと思います。

そうですね。今まで通りの食事で行こう、と改めて思いました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お褒めいただき光栄です
のっぽ先生。Glut1と癌細胞についても書こうとしていたところですが、先を越されましたね。
もっと詳しくは作家の宮本輝氏との対談本『我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある』に書かれています。結局は癌細胞が利口だから、はっきりとしたことは分からないが、予防できる可能性はあるかもしれない、という程度です。できてしまった癌がなくなることはあり得ませんが、大きくすることを予防できる可能性も少しはあるように書かれています。エビデンスはありませんが。
膵臓がん以外の癌なら、インスリンのことは余り気にせずに、バランスよく食べるのが一番かと思います。
2011/11/30(Wed) 12:08 | URL  | キノシタ #-[ 編集]
本当に、ためになる記事でした。
キノシタさん

癌になるのを予防する事と、身体の中にある小さな癌を大きくしない事には、ある程度、共通点があるのではないか、と考えていました。

運動が、癌になるのをある程度、予防するのではないか、そして、運動している人は、予後がいい(癌になってからの経過が良い)と言われていますが(http://d.hatena.ne.jp/appleflower/20111122)、全く同じという訳ではないのだな、と今回、改めて感じました。

>膵臓がん以外の癌なら、インスリンのことは余り気にせずに、バランスよく食べるのが一番かと思います。

そうですね。今まで通りの食事で行こう、と改めて思いました。
2011/11/30(Wed) 20:37 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック