癌との共存を目指しています。
「今日が人生最後の一日だったら、何をしますか。」

この問いを読んで、ふと考えた。

自分が、これまで生きて来た中で、「この日は、楽しかったな。」「いついつに、どこどこで見た夕日は綺麗だったな。」と良かった事を一つひとつ思い返すだろう。

この手の事を考えていると、最近、ある考えが頭をよぎる。「この世で、僕がしないといけない事なんて、ないのではないか。」

自分の役割なんて物は、なくて。そう、僕がいなくても、今、勤めている病院は、きっと回るだろうし、僕がいなくても、患者さんは、それなりにやって行く。

自分に残された時間は、そうない、と考えると、少なくとも僕は、仕事の事は、どこか遠くに飛んで行って、プライベートな事ばかり考える。

現在、「急に死ぬ事はないだろう。」という前提の下、仕事を続けているが、そういった可能性が出て来たら、とっとと仕事は辞めるだろう。

FC2blog テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

【2011/11/23 17:58】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

はげまし
mimi
のっぽ先生
お久しぶりです。昨年、6月ごろ肝臓転移にうろたえていたころ、つい先生に思いを聞いていただきました。そして、おだやかな言葉をいただき、大いに励まされたことを思い出します。
なんと、それ以来、病状が落ち着いていて、普通の生活が送れているのです。食事のこと、運動のこと、いろいろと勉強させていただきましたが、まじめにできる方ではないのです。でも、不思議としか言いようのない、おだやかな日々が過ぎています。ひとりで病気を抱え込まないことが良いのでしょうか。
先生が、元気にされていること、多くのお考えと情報を整理されてブログに書かれていること、おそらく、コメントをしなくても、先生のブログを訪れて励ましをいただいている方々が多いと思います。
うっかりクリックしたところ、タイトルに埋め込まれたYou-tubeを知りました。そのいたずら心にうふっと、発見した私もうふっと、そして、こんな楽しいことがあるのかと、You-tubeでクラシックを聴くようになりました。



有難うございます。
のっぽ187
mimi さん

お久しぶりです。

病状が落ち着いて、普通の生活が送れているとの事、何よりです。

>ひとりで病気を抱え込まないことが良いのでしょうか。

僕も、自分の経過が良いのは、どうしてか、と考える事があるのですが、結局のところ、分からないです。

癌についての知識は、医者としては少ない方でしょうし、患者としても、よく調べているという程でもないと思うので、情報という点では何も書く事がない、というのが正直なところです。

なので、読んでくれた人の役に立てているのかな、と時々思います。

それでも、そう言って頂けると、心の底から、「ああ、良かった。」と思えます。

昨年の年末は、結構、時間があったので、そんな事(タイトルをクリックすると、youtube のサイトへ行くようにしました)をしていました。

インターネットの普及は、産業革命に匹敵する出来事だと読んだ事があるのですが、youtube で、色んな曲をただで聞けるというのは、よくよく考えてみると、すごい事だと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はげまし
のっぽ先生
お久しぶりです。昨年、6月ごろ肝臓転移にうろたえていたころ、つい先生に思いを聞いていただきました。そして、おだやかな言葉をいただき、大いに励まされたことを思い出します。
なんと、それ以来、病状が落ち着いていて、普通の生活が送れているのです。食事のこと、運動のこと、いろいろと勉強させていただきましたが、まじめにできる方ではないのです。でも、不思議としか言いようのない、おだやかな日々が過ぎています。ひとりで病気を抱え込まないことが良いのでしょうか。
先生が、元気にされていること、多くのお考えと情報を整理されてブログに書かれていること、おそらく、コメントをしなくても、先生のブログを訪れて励ましをいただいている方々が多いと思います。
うっかりクリックしたところ、タイトルに埋め込まれたYou-tubeを知りました。そのいたずら心にうふっと、発見した私もうふっと、そして、こんな楽しいことがあるのかと、You-tubeでクラシックを聴くようになりました。

2011/11/27(Sun) 14:21 | URL  | mimi #-[ 編集]
有難うございます。
mimi さん

お久しぶりです。

病状が落ち着いて、普通の生活が送れているとの事、何よりです。

>ひとりで病気を抱え込まないことが良いのでしょうか。

僕も、自分の経過が良いのは、どうしてか、と考える事があるのですが、結局のところ、分からないです。

癌についての知識は、医者としては少ない方でしょうし、患者としても、よく調べているという程でもないと思うので、情報という点では何も書く事がない、というのが正直なところです。

なので、読んでくれた人の役に立てているのかな、と時々思います。

それでも、そう言って頂けると、心の底から、「ああ、良かった。」と思えます。

昨年の年末は、結構、時間があったので、そんな事(タイトルをクリックすると、youtube のサイトへ行くようにしました)をしていました。

インターネットの普及は、産業革命に匹敵する出来事だと読んだ事があるのですが、youtube で、色んな曲をただで聞けるというのは、よくよく考えてみると、すごい事だと思います。
2011/11/28(Mon) 19:38 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック