癌との共存を目指しています。
ブログの更新が途絶えていました。僕は、変わりなく、暮らしています。

今日は、久しぶりにプロ野球を見た。justin tv というサイトで、クライマックスシリーズを観られたので、観た。

今年は、戦力的には劣るが、ヤクルトを応援している。

2010年5月に小川淳司氏が監督代行に就任し、好成績を残しているのを見て、応援するようになった。

小川氏の現役時代は、僕がよくプロ野球を観ていた頃なので、それなりに憶えているのだが、それでも、代打で出て来て凡退したシーンしか憶えていない。控えの外野手だった。

話が戻るが、ヤクルトの戦力から考えると、去年、今年の成績は驚異的だと思う。そして、それは、小川監督(今年から監督になった)の力量によるところが大きいと思う。

小川監督は、父親が保護司だった影響があるのかも知れない。選手が付いて来ている、と感じた。采配も的確で、現有戦力の下でベストを尽くしていると思った。特に、無闇にピッチャーを替えないのが素晴らしいと思った。

日本のプロ野球は、球団がどれだけお金を掛けるか、で概ね戦力が決まってしまう。なので、それ程、監督の優劣は、勝敗に影響しないと僕は考えているのだが(戦力のそろったチームなら、選手の足を引っ張らなければ、それで十分)、選手達の様子を見て、人を動かす事が、いかに素晴らしい事か、を改めて感じた。

最近、「これは価値がある。」と感じられるものが見当たらなかったので(むしろ、あらゆるものに価値がないのではないか、と感じていただけに)、今日は、新たな発見があった。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/10/30 22:54】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック