癌との共存を目指しています。
5月に口内炎が出来てから、冷奴にお醤油を掛けずに食べるようになった。(痛いので。)

5月の末に口内炎自体は治ったのだが、冷奴がお醤油を掛けなくても美味しい事に気付き、現在も、お醤油を掛けずに食べている。

お葱と生姜と鰹節、特に鰹節を多い目に掛けると、それで十分、美味しい。

僕は、血圧は低目なので、減塩する必要はないのだが、悪い習慣ではない、と思い、そうしている。

昨年の7月以来、「がんに効く生活」(ダヴィド・S・シュレベール著)に書かれている事を実践しているが、味覚に関しては、明らかに「慣れる」という事を今回も実感した。

FC2blog テーマ:きょうのご飯 - ジャンル:グルメ

【2011/06/09 01:03】 | 食べ物、料理
トラックバック(0) |

口内炎
Motoko NAKAMURA
口内炎の予防にムコスタを飲んでいます。堺市民病院の薬剤師さんの研究をネットで読んだからです。(なぜムコスタなのかは、いくつかの理由がありました。)すると先日、緩和の先生からムコスタを舐めるのもいいと伺いました。さらにムコスタの粉末でうがいをするのもいいと何かに書かれていました。(こんなことはもうご存じかも知れませんし、あるいはあまりお役に立たないことかもしれませんが・・・)
        とうふだいすき人間より

お教え頂き、有難うございます。
のっぽ187
Motoko NAKAMURAさん

初めまして。

ムコスタの件、初耳です。

確か、胃の粘膜を保護する作用がある、と聞いた事があるのですが。

お教え頂き、有難うございます。


Motoko NAKAMURA
それではもしかしたらお役に立つかもしれないので、その薬剤師さんの記事のサイトのアドレスお送りします。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/200909/100363.html

『がんに効く生活』
gombu
『がんに効く生活』実践されているんですね。

私はいまちょうど読んでいる最中で、取り組み途上です。
三大療法と併用前提ってところが、他のいろんな代替補完療法と違い、迷わなくて良いですね~。


のっぽ187
Motoko NAKAMURAさん

記事のサイトのアドレス、お教え頂き有難うございます。

「がんに効く生活」
のっぽ187
gombuさん

「がんに効く生活」は、食事と運動については、まあまあ出来ているかな、と自分でも思っています。

口内炎
Sho
口内炎は小さくても結構痛いのですが、小さければ食事直前にアフタシール(トリアムシノロンアセトニド)を貼って食事すると全く痛くないこともありますよ。
無論大きい口内炎や貼るのが難しい場合もありますが、自分の患者さんには食直前にオプソを内服してもらっていました。
食道がん化学放射線療法による口内炎や食道炎にも「がん」の病名がついていることを活用して上記のような医療用麻薬を口内炎疼痛コントロールに活用していました。

またまた勉強になりました。
のっぽ187
Shoさん

お教え頂き、有難うございます。

貼る分があるんですね。

口内炎が出来て、2,3日、経つと、御飯(玄米)を食べるのも辛くなりました。それで、ケナログ(トリアムシノロンアセトニド)を塗ったのですが、あまり効かなかったです。これまでは、それなりに効いていたと思うのですが。

オプソの内服ですか。

全く思い付かなかったです。

今回の口内炎は、実家で母親が作った全粒粉のパンの耳を食べたら、それが硬くて、舌が荒れ、その部分から口内炎が出来てしまいました。

同じ物を食べても、母親は「口の中は荒れたけど、口内炎は出来なかった。」と言っているので、僕に口内炎が出来やすいファクターがあるのかな、と思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
口内炎
口内炎の予防にムコスタを飲んでいます。堺市民病院の薬剤師さんの研究をネットで読んだからです。(なぜムコスタなのかは、いくつかの理由がありました。)すると先日、緩和の先生からムコスタを舐めるのもいいと伺いました。さらにムコスタの粉末でうがいをするのもいいと何かに書かれていました。(こんなことはもうご存じかも知れませんし、あるいはあまりお役に立たないことかもしれませんが・・・)
        とうふだいすき人間より
2011/06/09(Thu) 23:53 | URL  | Motoko NAKAMURA #-[ 編集]
お教え頂き、有難うございます。
Motoko NAKAMURAさん

初めまして。

ムコスタの件、初耳です。

確か、胃の粘膜を保護する作用がある、と聞いた事があるのですが。

お教え頂き、有難うございます。
2011/06/10(Fri) 00:03 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
それではもしかしたらお役に立つかもしれないので、その薬剤師さんの記事のサイトのアドレスお送りします。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/200909/100363.html
2011/06/10(Fri) 00:57 | URL  | Motoko NAKAMURA #-[ 編集]
『がんに効く生活』
『がんに効く生活』実践されているんですね。

私はいまちょうど読んでいる最中で、取り組み途上です。
三大療法と併用前提ってところが、他のいろんな代替補完療法と違い、迷わなくて良いですね~。
2011/06/10(Fri) 21:00 | URL  | gombu #-[ 編集]
Motoko NAKAMURAさん

記事のサイトのアドレス、お教え頂き有難うございます。
2011/06/12(Sun) 17:39 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
「がんに効く生活」
gombuさん

「がんに効く生活」は、食事と運動については、まあまあ出来ているかな、と自分でも思っています。
2011/06/12(Sun) 22:01 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
口内炎
口内炎は小さくても結構痛いのですが、小さければ食事直前にアフタシール(トリアムシノロンアセトニド)を貼って食事すると全く痛くないこともありますよ。
無論大きい口内炎や貼るのが難しい場合もありますが、自分の患者さんには食直前にオプソを内服してもらっていました。
食道がん化学放射線療法による口内炎や食道炎にも「がん」の病名がついていることを活用して上記のような医療用麻薬を口内炎疼痛コントロールに活用していました。
2011/06/13(Mon) 11:06 | URL  | Sho #Hvq74ZpQ[ 編集]
またまた勉強になりました。
Shoさん

お教え頂き、有難うございます。

貼る分があるんですね。

口内炎が出来て、2,3日、経つと、御飯(玄米)を食べるのも辛くなりました。それで、ケナログ(トリアムシノロンアセトニド)を塗ったのですが、あまり効かなかったです。これまでは、それなりに効いていたと思うのですが。

オプソの内服ですか。

全く思い付かなかったです。

今回の口内炎は、実家で母親が作った全粒粉のパンの耳を食べたら、それが硬くて、舌が荒れ、その部分から口内炎が出来てしまいました。

同じ物を食べても、母親は「口の中は荒れたけど、口内炎は出来なかった。」と言っているので、僕に口内炎が出来やすいファクターがあるのかな、と思っています。
2011/06/13(Mon) 22:40 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック