癌との共存を目指しています。
新刊・近藤誠『抗がん剤は効かない』を読んだ。(本を読んだのではなく、ブログの記事を読んだ。)

僕の理解は、こうだ。

生存期間の中央値(101人中、51番目に亡くなった人が、どれだけの期間、生きたか)が、無治療群と比較して、12ヶ月、長かったとする。これは、「集団レベルで見た場合、この抗癌剤治療が、生存期間の中央値を延ばした。」と、とらえる事が出来る。

しかし、自分が、この治療を受けて、生存期間が延びるかどうかは、分からない。ただ、「真ん中位の治療成績の人を見ると、生存期間が延びているので、この薬は、生存期間を延ばす事に関して、きっとプラスに働いているのだろう。なら、受けてみよう。」と、僕なら考えるだろう。

厳密に言うと、抗癌剤治療群の51番目に亡くなった人と無治療群で51番目に亡くなった人は別の人なので、この結果から、「生存期間が延びた。」と言い切る事は出来ない。

しかし、一人の人が、二種類の治療を受ける事は出来ないので、その人にとって、当該治療が有益なのかどうかは、永遠に謎だ。(僕は、FOLFOXが効いて、今の状態が得られているのか、実は、何もしなくても、今の状態に至っていたのか、厳密には、確認の仕様がない。)

ただ、そんな事を言っていたのでは、埒(らち)が明かないので、集団レベルで比較し、それを参考に選んでいると言う事だ。少なくとも、僕は、そう理解している。

こうやって、書いていると、僕らは、それ程、明確に根拠がない物に、かなり重みを付けて、捉えている、判断の材料にしていると思った。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/05/23 23:23】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

わかりました
mimi
抗がん剤の論争、気になってよんでいたのですが、よくわからなかったのです。
私は、手術したもののそのまま閉じられて、内科で、抗がん剤2剤と放射線治療を受けました。実験的治療ということでしたが、放射線量が多いと言われました。
しかし、その後、主治医の論文をインターネット上で見つけました。抗がん剤の組み合わせにより、A郡とB郡に分けて投与したところ、B郡の方が再発までの期間が長かったというものでした。私は、A郡で、1年ほどで再発しました。標準治療を確立することを目的としてたとわかりました。激しい副作用に苦しんだのにと、複雑な思いがあったのです。
しかし、のっぽ先生のことばでなんとなくですが、納得しました。これからは、自分で治療方法を理解してから受け入れたいです。

とても難しい事だと思うのですが。
のっぽ187
mimiさん

この比較試験が終わるまで、少なくとも、ある程度、進むまでは、A群とB群のどちらが良いか、と言うのは、分からなかったのではないか、と思います。(分からないから、比較試験が行われたんだ、と思います。)

厳しい状況にある人が、従来の治療メニューで臨むか(それこそ、生存期間の中央値が○○ヶ月、延びたと報告されている)、比較試験に参加し、+αに期待するか(その比較試験が行われた結果、従来の治療に比べて、生存期間の中央値が、更に○○ヶ月、延びた、という結果が出る事を期待するか)、の判断は、とても難しいと思います。

>これからは、自分で治療方法を理解してから受け入れたいです。

とても難しい事だと思うのですが、そうする方が、きっと良い(少なくとも、後悔しない)、と思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
わかりました
抗がん剤の論争、気になってよんでいたのですが、よくわからなかったのです。
私は、手術したもののそのまま閉じられて、内科で、抗がん剤2剤と放射線治療を受けました。実験的治療ということでしたが、放射線量が多いと言われました。
しかし、その後、主治医の論文をインターネット上で見つけました。抗がん剤の組み合わせにより、A郡とB郡に分けて投与したところ、B郡の方が再発までの期間が長かったというものでした。私は、A郡で、1年ほどで再発しました。標準治療を確立することを目的としてたとわかりました。激しい副作用に苦しんだのにと、複雑な思いがあったのです。
しかし、のっぽ先生のことばでなんとなくですが、納得しました。これからは、自分で治療方法を理解してから受け入れたいです。
2011/05/24(Tue) 13:21 | URL  | mimi #-[ 編集]
とても難しい事だと思うのですが。
mimiさん

この比較試験が終わるまで、少なくとも、ある程度、進むまでは、A群とB群のどちらが良いか、と言うのは、分からなかったのではないか、と思います。(分からないから、比較試験が行われたんだ、と思います。)

厳しい状況にある人が、従来の治療メニューで臨むか(それこそ、生存期間の中央値が○○ヶ月、延びたと報告されている)、比較試験に参加し、+αに期待するか(その比較試験が行われた結果、従来の治療に比べて、生存期間の中央値が、更に○○ヶ月、延びた、という結果が出る事を期待するか)、の判断は、とても難しいと思います。

>これからは、自分で治療方法を理解してから受け入れたいです。

とても難しい事だと思うのですが、そうする方が、きっと良い(少なくとも、後悔しない)、と思います。
2011/05/30(Mon) 22:30 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック