癌との共存を目指しています。
最近(と言っても、もう何ヶ月も経つが)、喉がよく渇く。僕は、大腸を全部、取っているので、それが原因だろう。

「からだの地図帳」(下に示した本です)を見ると、口から摂った水分のうち、大腸で15%、吸収されると言う。(多分、15%と書いていたと思う。職場で読んだ。)

大腸で15%、吸収されると言う事は、小腸で84,5%、吸収されると言う事だから(普通の人は、摂った水分のうち、99%以上が小腸、大腸で吸収されるだろうから)、僕が200ml、お茶を飲んだら、170mlは吸収されて、30mlは、便と一緒に出ていると想像される。

一番、近い所では、4月11日に通院先の病院で採血を受けている。この時の結果は、BUN(尿素窒素) 20(参考値、8~20) クレアチニン 0.78(参考値、0.30~0.90)だった。

BUN/クレアチニン>20だと、脱水と診断出来るので(本当は、白血球の値や血色素量も見るべきだろうけど、通常は、これでOKだと思う)、4月11日、午前11時の時点で、僕は脱水だったと言う事になる。なお、この日は、午前9時30分に朝食を済ませている。

脱水の程度を簡単に評価するには、脈を計るという方法がある。今、計ると、66回/分だった。脱水になると、循環する血液の量が減り、それを心拍数でカバーしようとするので、脈が速くなるという理屈だ。脈拍は、60~100回/分が正常範囲だったと思う。なお、50回代/分は、特に問題がない、と僕は考えている。

脈拍から考えると、問題がない、と言う事になる。

研修医レベルの知識で、ブログ上で、自分が脱水かどうかを判断するのは、少し恥ずかしいが(一応、この仕事も10年は、しているし)、喉の渇きを感じている時には、軽い脱水は、あるんだ、と思う。

水分を摂り過ぎると、便が水様になり、トイレが近くなるので、ついつい、水分の摂取を控えてしまうのだが、そう言った事を恐れることなく、よく水分を摂るようにしたいと思う。

●●●

からだの地図帳は、とてもいい本だと思いますが、少し値段が高いですね。

からだの地図帳 (地図帳・ナース)からだの地図帳 (地図帳・ナース)
高橋 長雄

講談社 1989-09-25
売り上げランキング : 1302

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/05/21 23:56】 | 自分の体
トラックバック(0) |


aki
>喉の渇きを感じている時には、軽い脱水は、ある
のでその時点で水分補給、とヘルパー講習で聞きました。特に高齢者は
喉の渇きにも鈍くなるので、食事・おやつ・風呂上がりは必ず水分補給、と。

父が言うには、同じ量でも数回に分けて飲む方がトイレの回数が減るらしく
渇きを感じない程度に、少しずつを何回も飲むのがいいそうです。
(本人が自分で実験したと言ってました…)

これから暑くなりますし、血液濃度も濃くならないように水分補給にしたいですね。
そういえば脱水症状にはポカリスエットですが、点滴輸液を口からとれるようにということで開発されたそうですね。スポーツ飲料用に作られたと思ってました。


のっぽ187
akiさん

>父が言うには、同じ量でも数回に分けて飲む方がトイレの回数が減るらしく、渇きを感じない程度に、少しずつを何回も飲むのがいいそうです。

小腸(普通の人は、小腸+大腸)からの吸収は、一度に出来る量は限られていると思うので、例えば、一度に500ml飲むよりは、125mlずつ4回に分けて飲む方が、たくさん吸収されると思います。

お水が美味しい所に住んでいるので、風呂上りに水道水を手で一掬いして飲んだ後、寝る事もあります。(お茶を沸かすのが面倒臭いので。)

>そういえば脱水症状にはポカリスエットですが、点滴輸液を口からとれるようにということで開発されたそうですね。

僕も、そう聞いています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>喉の渇きを感じている時には、軽い脱水は、ある
のでその時点で水分補給、とヘルパー講習で聞きました。特に高齢者は
喉の渇きにも鈍くなるので、食事・おやつ・風呂上がりは必ず水分補給、と。

父が言うには、同じ量でも数回に分けて飲む方がトイレの回数が減るらしく
渇きを感じない程度に、少しずつを何回も飲むのがいいそうです。
(本人が自分で実験したと言ってました…)

これから暑くなりますし、血液濃度も濃くならないように水分補給にしたいですね。
そういえば脱水症状にはポカリスエットですが、点滴輸液を口からとれるようにということで開発されたそうですね。スポーツ飲料用に作られたと思ってました。
2011/05/22(Sun) 13:23 | URL  | aki #RwlPnTOs[ 編集]
akiさん

>父が言うには、同じ量でも数回に分けて飲む方がトイレの回数が減るらしく、渇きを感じない程度に、少しずつを何回も飲むのがいいそうです。

小腸(普通の人は、小腸+大腸)からの吸収は、一度に出来る量は限られていると思うので、例えば、一度に500ml飲むよりは、125mlずつ4回に分けて飲む方が、たくさん吸収されると思います。

お水が美味しい所に住んでいるので、風呂上りに水道水を手で一掬いして飲んだ後、寝る事もあります。(お茶を沸かすのが面倒臭いので。)

>そういえば脱水症状にはポカリスエットですが、点滴輸液を口からとれるようにということで開発されたそうですね。

僕も、そう聞いています。
2011/05/22(Sun) 22:49 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック