癌との共存を目指しています。
今日は、勤務。実家で夕食を摂り、自宅で八朔、チョコレート(カカオ100%)、いちごを食べ、ほうじ茶を飲む。

その後、youtubeで少し古い目の曲を聴きながら、インターネット。2chの病院・医者版をのぞいていた。

食べる物がまともになったのと、仕事の負担が軽くなった事を除くと、2005年に戻った感じ。(当時は、youtubeは無かったか。)

ほんと、よくここまで戻って来れたな、と思う。

少し疲れた状態での、このハイな感じ、とても幸せ。

人が幸せを感じるのに、余り多くのお金や物は必要ないんだ、と思う。

2011年4月22日、追記。4月16日に記事として載せた後、一旦、載せるのを止めていましたが、再度、載せる事にしました。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2011/04/16 22:50】 | 日記
トラックバック(0) |

祝!記事復活
カノン
やっぱり、とても良い記事でした。気分的に救われる素敵な記事です。
これから長く続く人生の、まだ道半ばではありますが、のっぽ先生はこれまで、よく頑張ってこられました。

カカオ100%のチョコレートは美味しいですか。
以前、ゴディバのカカオ85%のチョコレートを食べたことがあるのですが、舌がしびれるくらい渋かったです。それに懲りて、仕事中は、明治ブラックチョコレートで、飢えをしのいでいます(身体にはよくないですが)。

「人が幸せを感じるのに、余り多くのお金や物は必要ないんだ、と思う。」
そうなのですよね。実感としてもそう思いますし、研究の結果でも、そうらしいのです。

何となく、そういった記事を読んだ記憶があって、再度検索してみましたら、プリンストン大学が行った研究でした。アメリカ人45万人以上を対象とした電話調査に基づいています。

その結果は、収入が上がるにつれて、生活満足度は上昇するものの、幸せな気分は年収7万5000ドル(当時1ドル85円の換算で約630万円)前後のところで、頭打ちになる、というものでした。
日米の国民性の違いや、格差社会の度合いの違いもありますが、日本で調査しても、ある数字がちゃんと提示されるであろうところが、お金の限界を見るようでおもしろいなあ、と思います。

年収が増えるにつれて、同時に増す仕事量や責任に追いつめられて、いつもイライラした状態を幸せとは呼べません。仕事が終わって、夜ちょっと疲れて、贅沢品ではなく、日常のお気に入りのものに囲まれて、幸せを感じるって、最高ですね。

程ほどに働いて、のんびり暮らす。
のっぽ187
カノンさん

我ながら、この3年間、よく頑張ったな、と思っています。

カカオ100%のチョコレートは、美味しいです。スーパーマーケットで売っている普通のチョコレートと味は違いますが、これは、これで美味しいです。

もしかすると、僕の舌が、砂糖の入っていない物を「苦くない。美味しい。」と感じるようになっているのかも知れません。

僕が住んでいる所は、家賃プラス共益費で、7万円台前半です。毎月20万円で生活すると考えると、年間で240万円です。

毎月40万円で生活しても、幸福度は2倍になるとは思えないですし(何に使ったらいいのか、よく分からないです)、人により額は違うと思うのですが、明らかに天井が存在すると思います。

それよりも、僕は、自分の時間がたくさん欲しいので(進行癌を指摘されてから、明確に、そう思うようになりました)、「程ほどに働いて、のんびり暮らす。」を目指しています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
祝!記事復活
やっぱり、とても良い記事でした。気分的に救われる素敵な記事です。
これから長く続く人生の、まだ道半ばではありますが、のっぽ先生はこれまで、よく頑張ってこられました。

カカオ100%のチョコレートは美味しいですか。
以前、ゴディバのカカオ85%のチョコレートを食べたことがあるのですが、舌がしびれるくらい渋かったです。それに懲りて、仕事中は、明治ブラックチョコレートで、飢えをしのいでいます(身体にはよくないですが)。

「人が幸せを感じるのに、余り多くのお金や物は必要ないんだ、と思う。」
そうなのですよね。実感としてもそう思いますし、研究の結果でも、そうらしいのです。

何となく、そういった記事を読んだ記憶があって、再度検索してみましたら、プリンストン大学が行った研究でした。アメリカ人45万人以上を対象とした電話調査に基づいています。

その結果は、収入が上がるにつれて、生活満足度は上昇するものの、幸せな気分は年収7万5000ドル(当時1ドル85円の換算で約630万円)前後のところで、頭打ちになる、というものでした。
日米の国民性の違いや、格差社会の度合いの違いもありますが、日本で調査しても、ある数字がちゃんと提示されるであろうところが、お金の限界を見るようでおもしろいなあ、と思います。

年収が増えるにつれて、同時に増す仕事量や責任に追いつめられて、いつもイライラした状態を幸せとは呼べません。仕事が終わって、夜ちょっと疲れて、贅沢品ではなく、日常のお気に入りのものに囲まれて、幸せを感じるって、最高ですね。
2011/04/24(Sun) 23:45 | URL  | カノン #-[ 編集]
程ほどに働いて、のんびり暮らす。
カノンさん

我ながら、この3年間、よく頑張ったな、と思っています。

カカオ100%のチョコレートは、美味しいです。スーパーマーケットで売っている普通のチョコレートと味は違いますが、これは、これで美味しいです。

もしかすると、僕の舌が、砂糖の入っていない物を「苦くない。美味しい。」と感じるようになっているのかも知れません。

僕が住んでいる所は、家賃プラス共益費で、7万円台前半です。毎月20万円で生活すると考えると、年間で240万円です。

毎月40万円で生活しても、幸福度は2倍になるとは思えないですし(何に使ったらいいのか、よく分からないです)、人により額は違うと思うのですが、明らかに天井が存在すると思います。

それよりも、僕は、自分の時間がたくさん欲しいので(進行癌を指摘されてから、明確に、そう思うようになりました)、「程ほどに働いて、のんびり暮らす。」を目指しています。
2011/04/27(Wed) 22:02 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック