癌との共存を目指しています。
昨夜、なんば駅の近くで、同業者と会い、一緒に夕食を摂った。それは、それで良かったのだが、大阪市営地下鉄に乗った際、気になったことを一つ。

「この人、痴漢!」と言われたら、のカスタマーレビューより

「日本の裁判所は、有罪か無罪かを決めるところではなく、罪の量刑を決める所です」と言われています。(河岸宏和さんのレビューより抜粋)

→なるほど、そう考えると、分かりやすい。もはや、日本の司法は、機能していないのだろう。また、そう考えておくと、何かあった時、失望しないで済む。

痴漢に間違われたら。。。 女性とはそのままホームで話し合い、けっして駅事務室へ行ってはいけない。 駅事務室へ行くことは、すなわち「逮捕された」ことを意味する。 名刺交換などで正々堂々と振舞い、立ち去るのが良い。 (hjfyx771さんのレビューより抜粋)

→僕は、名刺を持ち歩いていないのだが、持っておいた方がいいかな。

改めて、僕もいつ「犯罪者」にされてもおかしくないんだ、と思った。

買い物は、インターネットで済ますなど、電車に乗る機会を少なくする一方、万一「犯罪者」にされても悲観しないようにしよう、と思った。

中国で「犯罪者」とされている人が必ずしも犯罪者でないように、日本で「犯罪者」とされた人も、かなりの率で、そうでない人がいるのだろう。

少し活動範囲が狭くなるが(僕は車を持っていない)、法治国家でない以上、それなりの対応が必要ということだろう。

FC2blog テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2011/03/27 22:39】 | 司法について
トラックバック(0) |


aki
痴漢冤罪のデッチ上げ組織は「目撃者」「取り押さえ」「被害女性」と役割分担。警察に突き出されたら有罪確実。
・・・ということを書かれてたフリーのジャーナリストの方があったそうです。(聞いた話です)


のっぽ187
akiさん

都市部に住む男性には、結構、切実な問題です。

僕に出来る事は、混んだ電車は、なるべく避けることと、外で余り飲み過ぎないようにする位ですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
痴漢冤罪のデッチ上げ組織は「目撃者」「取り押さえ」「被害女性」と役割分担。警察に突き出されたら有罪確実。
・・・ということを書かれてたフリーのジャーナリストの方があったそうです。(聞いた話です)
2011/03/31(Thu) 08:47 | URL  | aki #Dyfj4HAE[ 編集]
akiさん

都市部に住む男性には、結構、切実な問題です。

僕に出来る事は、混んだ電車は、なるべく避けることと、外で余り飲み過ぎないようにする位ですね。
2011/04/01(Fri) 18:16 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック