癌との共存を目指しています。
前の記事を書いた後、「やはり、食べよう。」と思い、実家に行った。

冷凍庫で凍らせていた全粒粉のパンを5切れ、解凍して、食べた。

とても美味しかった。

食事の際は、ちゃんと炭水化物をある程度の量、摂ろう、そして、摂った分は、身体を動かすことでカバーしようと思った。

FC2blog テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

【2011/03/04 23:21】 | 自分の体
トラックバック(0) |

自分のバランス
whitekite
のっぽ先生、こんにちは。

私の場合は、炭水化物が足りないと、脳が働かないどころか、目が回ったり、道を間違えたり、いろんなことを忘れてしまったり、手の先がしびれてきたりすることさえあります。
昔からそうだったので、体質的なものもあるのだと思いますが、油や脂や肉や、ニンニクなどの強い(?)食べ物を多めに食べると、おなか(胃だけでなくて腸も)くたびれた感じになったり、おなかをこわしたりよくしていました。炭水化物を食べていないと、たんぱく質の消化もうまくいかないような感じも自分では感じます。

以前は糖分を取る量もだいぶ多く、最近は減らそうとしていますが、全くナシにすると、まだ体調が逆に保てない時もあるので、できる範囲で減らしたり、血糖値を急激にあげないと言われているものに変えたり、ちょとずつ、ちょっとずつ、自分の身体に聞きながらマイベストを模索しています。
こういうのって、どうなんでしょうね?本当は、癌細胞もちょっと喜んだりしちゃっているかもしれないのですが、以前の生活よりかは絶対よいと思うし、心の平穏と運動とあわせて、バランスよく暮らせれば、今のところいいかな、って思っています。

血糖と神経細胞
のっぽ187
whitekiteさん

こんばんは。

>昔からそうだったので、体質的なものもあるのだと思いますが

僕も、同じような体質(脳の神経細胞の性質か?)です。とにかく、食べないと、身体が持たない感じです。少なくとも、仕事にならないです。

同業者(医者)の中には、そうでない人もいて、自分の神経細胞は、いまいちだな、と思うことがあります。

例えば、午後2時を過ぎても、いらいらすることなく、外来診療が出来る人というのは、神経細胞の出来が良いのかな(ブドウ糖だけでなく、ケトン体をエネルギー源として使うことが出来るとか)、などと(大して調べもせずに)勝手に考えています。

>血糖値を急激にあげないと言われているものに変えたり、

多分、これが答えだと、僕も思います。

自分の祖先は、それなりに生き延びて来た訳なので、「頭が働かない程の、空腹」が答えであるとは考えにくいですよね。

それこそ、癌が大きくなることはなくても、不注意で蛇にでも咬まれてしまいそうですから。

「血糖の急激な上昇が良くない。」とすれば、「玄米や全粒粉の小麦を摂る。」で良いのでしょうし、「血糖が低過ぎても良くない。」のであれば、ある程度の炭水化物の摂取は必要ということなのでしょうね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自分のバランス
のっぽ先生、こんにちは。

私の場合は、炭水化物が足りないと、脳が働かないどころか、目が回ったり、道を間違えたり、いろんなことを忘れてしまったり、手の先がしびれてきたりすることさえあります。
昔からそうだったので、体質的なものもあるのだと思いますが、油や脂や肉や、ニンニクなどの強い(?)食べ物を多めに食べると、おなか(胃だけでなくて腸も)くたびれた感じになったり、おなかをこわしたりよくしていました。炭水化物を食べていないと、たんぱく質の消化もうまくいかないような感じも自分では感じます。

以前は糖分を取る量もだいぶ多く、最近は減らそうとしていますが、全くナシにすると、まだ体調が逆に保てない時もあるので、できる範囲で減らしたり、血糖値を急激にあげないと言われているものに変えたり、ちょとずつ、ちょっとずつ、自分の身体に聞きながらマイベストを模索しています。
こういうのって、どうなんでしょうね?本当は、癌細胞もちょっと喜んだりしちゃっているかもしれないのですが、以前の生活よりかは絶対よいと思うし、心の平穏と運動とあわせて、バランスよく暮らせれば、今のところいいかな、って思っています。
2011/03/06(Sun) 21:44 | URL  | whitekite #-[ 編集]
血糖と神経細胞
whitekiteさん

こんばんは。

>昔からそうだったので、体質的なものもあるのだと思いますが

僕も、同じような体質(脳の神経細胞の性質か?)です。とにかく、食べないと、身体が持たない感じです。少なくとも、仕事にならないです。

同業者(医者)の中には、そうでない人もいて、自分の神経細胞は、いまいちだな、と思うことがあります。

例えば、午後2時を過ぎても、いらいらすることなく、外来診療が出来る人というのは、神経細胞の出来が良いのかな(ブドウ糖だけでなく、ケトン体をエネルギー源として使うことが出来るとか)、などと(大して調べもせずに)勝手に考えています。

>血糖値を急激にあげないと言われているものに変えたり、

多分、これが答えだと、僕も思います。

自分の祖先は、それなりに生き延びて来た訳なので、「頭が働かない程の、空腹」が答えであるとは考えにくいですよね。

それこそ、癌が大きくなることはなくても、不注意で蛇にでも咬まれてしまいそうですから。

「血糖の急激な上昇が良くない。」とすれば、「玄米や全粒粉の小麦を摂る。」で良いのでしょうし、「血糖が低過ぎても良くない。」のであれば、ある程度の炭水化物の摂取は必要ということなのでしょうね。
2011/03/06(Sun) 23:25 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック