癌との共存を目指しています。
確定申告の申告書を作成している。国税庁のホームページから確定申告書等作成コーナーへ行き、申告書をパソコンの画面上で作成している。なお、作成したものを印刷し、申告相談会場に持って行き、提出する予定。

平成22年分で、僕は、課税所得が100万円台の前半だったので、配当控除を受けるべく、総合課税を選択した。

配当等の特定口座(源泉徴収口座)への受入れの区分のうち、個別銘柄の配当金計算書(ここでは、僕が実際に持っている九州電力100株で話を進める)は、(2) 源泉徴収口座への受入れを行っていない配当等のところの入力を選択した。

(1) ~(4)は、入力例はこちら、を見れば分かった。しかし、(5) 支払の取扱者の名称等(全角28文字以内)が何を入力して良いのか、もしくは、空欄のままで良いのか、分からない。

僕は、九州電力100株を2008年の6月に、当時のそしあす証券(今のむさし証券)というネット証券で買った。以後、ほったらかしにしている。なお、配当金の受け取りは、登録配当金受領口座方式を選んでいる。僕が持っている株式の配当は、全て楽天銀行の僕の口座に振り込まれている。

配当所得(上場株式等)の入力例を読むと、(5) 支払の取扱者の名称等については、証券会社や銀行などの口座管理機関を通じて配当等を受け取った場合に、その証券会社や銀行名を入力します、と書いてある。

僕は、口座管理機関を通じて配当を受け取っていないと思うので、(5)支払の取扱者の名称等は空欄で良いと考えているのだが、それで合っているのだろうか。

なお、僕の手元にある配当金計算書の右下には、九州電力株式会社、株式名簿管理人事務取扱所、中央三井信託銀行株式会社 証券代行部と書いてある。

以上、(5)支払の取扱者の名称等は、空欄で良いか、ご存知の方、お教え頂けると、有難いです。

FC2blog テーマ:仕事 - ジャンル:就職・お仕事

【2011/01/31 21:28】 | 仕事
トラックバック(0) |

難問でした・・・
カノン
前回の、のっぽ先生の配当申告有利の分岐点に関する理解度は、完璧でした。専門外のことでも、頭の良い方の理解力は違うなあ、と思いながら、読ませていただきました。

今回は、すごく難問でした。
言い訳になりますが、私が作成する確定申告では、皆さん特定口座で、とにかくできるだけ面倒なことは避けたい、自動的に損益通算してもらえるものなら、是非そうしてもらいたい、という方々ばかりなのです。

支払の取扱者について、最初は「中央三井信託銀行」かと思ったりしたのですが、1銘柄だけでしたら入力できても、いくつかの銘柄で、それぞれ支払の取扱者が違ったらどうなるのだろう、とグルグル考えあぐねた末に、奥の手として、確定申告電話相談センターに電話してみました。
ほんとは、税理士が税務署に納税相談するのは、ご法度なのですが、こんなにわからないと、そんなこと言っていられません(笑)。

ただ、対応してくださった方が、システムサポートの担当で、専門的な知識はあまりないようでしたが、途中で親切にいろいろ調べてくれて、最後に妙にキッパリと、次のように言い切りました。

「支払の取扱者の名称等の欄は、配当をした会社の名前でも、銀行の名前でも、ぜんぜん問題ございませんっ!」

つまり、この場合は、九州電力㈱でも楽天銀行でも構わない、ということです。
ただ、九州電力㈱というのは、どうなのでしょう。配当の「支払者」と「支払の取扱者」とは違うと思ったのですが、それ以上は追求しませんでした。

それと、【上場株式等の配当等に係る支払調書の提出義務等の特例】の説明の中に、次のような文章があります。

「平成22年1月以後に上場株式等の配当等につき国内における支払の取扱者を通じてその支払を行なう場合には、この上場株式配当等の支払通知書の交付(中略)については、その上場株式等の配当等の支払者に代わり、支払の取扱者がこれを行わなければならないこととされました。」

のっぽ先生のお手元にある配当金計算書は、どこから送られてきたのでしょうか。個別銘柄の配当金計算書や通知書が、どこから送られてくるのかが、支払の取扱者に繋がるのではないか、と思うのですが。

今回は、苦手な分野が勉強できて、とても有り難かったです。どうも、ありがとうございました。
提出期限まで時間はたっぷりありますので、ご返信いただけるとしましたら、風邪を治されてから、ゆっくりお願い致します。
どうぞ、ご無理なさいませんように、お大事に。


本当に有難うございます。
のっぽ187
カノンさん

お調べ頂き、本当に有難うございます。

(5)支払の取扱者の名称等は、楽天銀行で行ってみます。

九州電力は(そうである可能性が)ないと思うので(もし、そうだとすれば、同じ事を2度、書くことになる。さすがに、それは要求していないと思う。)、楽天銀行で行ってみます。

僕は、書くとすれば、中央三井信託銀行株式会社 証券代行部かな、と思っていました。(しかし、こんなことを書かせて、何になるんだろうと思ったり。)

是非、知りたいことだったので、取り急ぎ返事致しました。

送られて来た封筒に書かれていることから考えると
のっぽ187
カノンさん

>のっぽ先生のお手元にある配当金計算書は、どこから送られてきたのでしょうか。個別銘柄の配当金計算書や通知書が、どこから送られてくるのかが、支払の取扱者に繋がるのではないか、と思うのですが。

配当金計算書だけでなく、送られて来た封筒が残っている会社で話をします。(九州電力の配当金計算書が入っていた封筒は、すでにちり紙交換に出してしまいました。)

ファースト住建という会社です。

送られて来た封筒の右下には、「ファースト住建株式会社(その一つ下の段に)株主名簿管理人事務取扱場所(その一つ下の段に)三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部(その一つ下の段に)大阪府中央区伏見町三丁目6番3号(その一つ下の段に)お問い合わせ先 0120-094-777(通話料無料)、(その一つ下の段に)返送先(その一つ下の段に)〒540-8694 大阪東支店私書箱第455号(その一つ下の段に)三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部」と書いてあります。

「三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部」から送られて来ていると思います。なぜなら、返送先がそちらなので。

ということで、(5)支払の取扱者の名称等は、この場合、「三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部」だと思います。

いかがでしょうか。

今度は、2chのスレッドを見てみました。
のっぽ187
カノンさん(というか自分のメモ帳みたいになって恐縮ですが)

2chのスレッドを見てみました。

◆【投資一般】 確定申告質問スレ パート25◆

343 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/01/25(火) 12:59:26 ID:0zcWRlvoP
支払の取扱者の名称等には配当計算書に載ってる信託銀行の名前を書くのですか?

346 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/01/25(火) 20:48:34 ID:wAfba2L40
>>343
特定口座に受け入れているものは証券会社名。
銀行振込や配当為替で受け取っているものは空欄で提出。

そこに信託銀行や名義書換人などの事務代行会社を記入しては駄目です。

これによると、僕は、銀行振込で(楽天銀行への振込で)受け取っているので、空欄で良いということになります。

専門外の人で、これをバシッと分かる人って、いるんでしょうか。(殆ど独り言です、聞き流して下さい。)

「支払の取扱者」について
カノン
貴重な情報を提供してくださったり、調べてくださったり、本当にありがとうございます。
とっても勉強になりました。

のっぽ先生のお考えの通り、私もファースト住建株式会社の【支払の取扱者】は、「三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部」だと思います。

ちなみに、株式名簿管理人の仕事として、三菱UFJ信託銀行証券代行部会社法務コンサルティング室室長は、このように説明しています。
「株主名簿を作って、株主に対して総会の招集通知をはじめとする各種通知物の発送や配当金の支払をするのは、本来、株式を発行している会社自身が行うべきものですが、これらを会社の委託を受けて、会社に代わって行っているのが、株式名簿管理人です。」

つまり、【支払の取扱者】の名称等の欄は、株式名簿管理人でよいのではないか、と考えます。

ただ、ここまで考えてきますと、のっぽ先生が書いていらっしゃった「しかし、こんなことを書かせて、何になるんだろうと思ったり。」というのが、一番真っ当な意見です。

と申しますのも、【支払の取扱者】は、株主の誰にいくら配当を支払って、税金をいくら徴収しました、といった「上場株式等の配当等に係る支払調書」を、税務署に提出しなければならないことになっています。その支払調書には、【支払者】の欄と【支払の取扱者】の欄があるので、税務署は既に【支払の取扱者】について知っているのです。

それなのに、なぜ納税者が迷うような記入を求めるのか、本当に意味がありませんし、迷惑な話です。
配当金計算書や通知書は、確定申告書の添付書類になっていますので、支払の取扱者の名称等は空欄でも一向に構わない、と考えるようになりました。

私が探し足りないのだとは思うのですが、2chでの「銀行振込や配当為替で受け取っているものは空欄で提出」という規定は、まだ探し出すところまでは至っていません。
もちろん、見つけられましたら、即、ご報告いたしますが、たぶん、私には無理だと思います(笑)。


取り急ぎ、お礼
のっぽ187
カノンさん

今、拝読致しました。

この度のコメントで、心の底から納得出来ました。本当に、有難うございます。

時間と労力を裂いて下さったという点で、そして、「そういうことなんだ。」という、すっきりとした気持ちになれたという点で、深く感謝致します。

よりきちんとした返事は、また日を改めて致します。

取り急ぎ、お礼が言いたくて、コメント致しました。

なお、僕の良くない所なのですが、匿名の掲示板(2chなど)や記載(wikipediaなど)を信頼し過ぎるところがあります。

出所のはっきりしたものをよりきちんと評価し、その上で、自分で考えるようにしないといけないな、と改めて思いました。少し反省しています。

お礼
のっぽ187
カノンさん

この度は、本当に有難うございました。

何とか、確定申告書、入力し終えました。

改めて考えてみると、60歳代や70歳代の人が、ここまで出来るのかな、と思うのですが、やる以上は、きちんとしたい、と思い、お教えを請いました。

>と申しますのも、【支払の取扱者】は、株主の誰にいくら配当を支払って、税金をいくら徴収しました、といった「上場株式等の配当等に係る支払調書」を、税務署に提出しなければならないことになっています。その支払調書には、【支払者】の欄と【支払の取扱者】の欄があるので、税務署は既に【支払の取扱者】について知っているのです。

こういうところを教えて頂けるのが一番、有難いです。全体のシステムを理解出来れば、記憶が定着するので。

株主名簿管理人の事なんて、考えた事もなかったのですが、今回の件で、どういうことをしているのか、知る事が出来ました。

本当に有難うございました。

2006年7月から株式投資を始めているので、4年半、経っているのですが、思えば、この4年半は、ほんと、色んな事がありました。

これからも、よろしくお願い致します。

お疲れ様でした!
カノン
のっぽ先生、確定申告の入力、お疲れ様でした。
こんなに早く作成を終えられるなんて、納税者の鑑です。

そもそも、証券税制を、何でこんなに複雑にしたんだろう、と思ってしまいます。
自分で株の売買をしないので、よくわからないのですが、まず、今まで株をしなかった人が、税制面で優遇されるから、株を始めてみようって、思うものなのでしょうか。少なくても、私はそう思わないです。
やはり最初は、株に投資するって、頭脳ゲームのようでおもしろそう、と魅力を感じるところから始まるのではないかなあ、と思います。

年配の日本人の持っている多額の預貯金を、株の投資に回してもらって、個人から会社へのお金の流れを作ろう、ということかと思いますが、証券税制をころころ変えることが、個人株主を増やすことになるのか、大いに疑問です。

今回は、のっぽ先生のお陰で、いろいろ考えることができました。顧問先から同じような質問を受けた時は、知っていて当然といった顔で、説明することができます(笑)。
こちらこそ、どうもありがとうございました。

いつも教えていただく一方なので、少しでもお役に立てたのであれば、とても嬉しく思いますし、何度も感謝していただけて、身に余る光栄です。

私のほうこそ、これからもよろしくお願い致します。


僕にとっての株式投資&何かを学ぶ事について
のっぽ187
カノンさん

母方の祖父が亡くなった時(1976年に亡くなりました)、電力株を祖母と母親に残しました。

1990年代に、それを売却し、何かの費用に宛てていたようです。(僕は、この頃、親元を離れていたので、詳細は聞いていないです。)

以上の経緯から、株式は資産であると、小さい頃から感じていました。

なので、僕が株式で資産を運用するのは、自然の成り行きなのですが、他の人は、どういった意図を持って、株式を買うんだろうか、と時々思う事があります。

>証券税制をころころ変えることが、個人株主を増やすことになるのか、大いに疑問です。

全然、増やす事にならないと思います。

>まず、今まで株をしなかった人が、税制面で優遇されるから、株を始めてみようって、思うものなのでしょうか。

そんな人は、殆どいないと思います。

==========

何かを学ぶ過程で、今回のように、親切に教えてくれる人がいて、スムーズに知識を身に付けられることがある一方、失敗を通じて、「ああ、そういうことだったんだ。」と思い、学ぶということも、これまで沢山ありました。(それこそ、最近では、全摘を受けて、大腸の役割を深く知る事が出来ました。これが失敗だったかどうかは確認の仕様がないですが。)

そう考えると、失敗することなく、気持ち良く教わる事が出来て、その上、背景まで知る事が出来る、こんな素晴らしい事は、そうそうないと思います。

このコメントについては、返事はなし、でお願いします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
難問でした・・・
前回の、のっぽ先生の配当申告有利の分岐点に関する理解度は、完璧でした。専門外のことでも、頭の良い方の理解力は違うなあ、と思いながら、読ませていただきました。

今回は、すごく難問でした。
言い訳になりますが、私が作成する確定申告では、皆さん特定口座で、とにかくできるだけ面倒なことは避けたい、自動的に損益通算してもらえるものなら、是非そうしてもらいたい、という方々ばかりなのです。

支払の取扱者について、最初は「中央三井信託銀行」かと思ったりしたのですが、1銘柄だけでしたら入力できても、いくつかの銘柄で、それぞれ支払の取扱者が違ったらどうなるのだろう、とグルグル考えあぐねた末に、奥の手として、確定申告電話相談センターに電話してみました。
ほんとは、税理士が税務署に納税相談するのは、ご法度なのですが、こんなにわからないと、そんなこと言っていられません(笑)。

ただ、対応してくださった方が、システムサポートの担当で、専門的な知識はあまりないようでしたが、途中で親切にいろいろ調べてくれて、最後に妙にキッパリと、次のように言い切りました。

「支払の取扱者の名称等の欄は、配当をした会社の名前でも、銀行の名前でも、ぜんぜん問題ございませんっ!」

つまり、この場合は、九州電力㈱でも楽天銀行でも構わない、ということです。
ただ、九州電力㈱というのは、どうなのでしょう。配当の「支払者」と「支払の取扱者」とは違うと思ったのですが、それ以上は追求しませんでした。

それと、【上場株式等の配当等に係る支払調書の提出義務等の特例】の説明の中に、次のような文章があります。

「平成22年1月以後に上場株式等の配当等につき国内における支払の取扱者を通じてその支払を行なう場合には、この上場株式配当等の支払通知書の交付(中略)については、その上場株式等の配当等の支払者に代わり、支払の取扱者がこれを行わなければならないこととされました。」

のっぽ先生のお手元にある配当金計算書は、どこから送られてきたのでしょうか。個別銘柄の配当金計算書や通知書が、どこから送られてくるのかが、支払の取扱者に繋がるのではないか、と思うのですが。

今回は、苦手な分野が勉強できて、とても有り難かったです。どうも、ありがとうございました。
提出期限まで時間はたっぷりありますので、ご返信いただけるとしましたら、風邪を治されてから、ゆっくりお願い致します。
どうぞ、ご無理なさいませんように、お大事に。
2011/02/01(Tue) 23:43 | URL  | カノン #-[ 編集]
本当に有難うございます。
カノンさん

お調べ頂き、本当に有難うございます。

(5)支払の取扱者の名称等は、楽天銀行で行ってみます。

九州電力は(そうである可能性が)ないと思うので(もし、そうだとすれば、同じ事を2度、書くことになる。さすがに、それは要求していないと思う。)、楽天銀行で行ってみます。

僕は、書くとすれば、中央三井信託銀行株式会社 証券代行部かな、と思っていました。(しかし、こんなことを書かせて、何になるんだろうと思ったり。)

是非、知りたいことだったので、取り急ぎ返事致しました。
2011/02/02(Wed) 01:53 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
送られて来た封筒に書かれていることから考えると
カノンさん

>のっぽ先生のお手元にある配当金計算書は、どこから送られてきたのでしょうか。個別銘柄の配当金計算書や通知書が、どこから送られてくるのかが、支払の取扱者に繋がるのではないか、と思うのですが。

配当金計算書だけでなく、送られて来た封筒が残っている会社で話をします。(九州電力の配当金計算書が入っていた封筒は、すでにちり紙交換に出してしまいました。)

ファースト住建という会社です。

送られて来た封筒の右下には、「ファースト住建株式会社(その一つ下の段に)株主名簿管理人事務取扱場所(その一つ下の段に)三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部(その一つ下の段に)大阪府中央区伏見町三丁目6番3号(その一つ下の段に)お問い合わせ先 0120-094-777(通話料無料)、(その一つ下の段に)返送先(その一つ下の段に)〒540-8694 大阪東支店私書箱第455号(その一つ下の段に)三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部」と書いてあります。

「三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部」から送られて来ていると思います。なぜなら、返送先がそちらなので。

ということで、(5)支払の取扱者の名称等は、この場合、「三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部」だと思います。

いかがでしょうか。
2011/02/04(Fri) 01:26 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
今度は、2chのスレッドを見てみました。
カノンさん(というか自分のメモ帳みたいになって恐縮ですが)

2chのスレッドを見てみました。

◆【投資一般】 確定申告質問スレ パート25◆

343 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/01/25(火) 12:59:26 ID:0zcWRlvoP
支払の取扱者の名称等には配当計算書に載ってる信託銀行の名前を書くのですか?

346 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/01/25(火) 20:48:34 ID:wAfba2L40
>>343
特定口座に受け入れているものは証券会社名。
銀行振込や配当為替で受け取っているものは空欄で提出。

そこに信託銀行や名義書換人などの事務代行会社を記入しては駄目です。

これによると、僕は、銀行振込で(楽天銀行への振込で)受け取っているので、空欄で良いということになります。

専門外の人で、これをバシッと分かる人って、いるんでしょうか。(殆ど独り言です、聞き流して下さい。)
2011/02/04(Fri) 12:04 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
「支払の取扱者」について
貴重な情報を提供してくださったり、調べてくださったり、本当にありがとうございます。
とっても勉強になりました。

のっぽ先生のお考えの通り、私もファースト住建株式会社の【支払の取扱者】は、「三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部」だと思います。

ちなみに、株式名簿管理人の仕事として、三菱UFJ信託銀行証券代行部会社法務コンサルティング室室長は、このように説明しています。
「株主名簿を作って、株主に対して総会の招集通知をはじめとする各種通知物の発送や配当金の支払をするのは、本来、株式を発行している会社自身が行うべきものですが、これらを会社の委託を受けて、会社に代わって行っているのが、株式名簿管理人です。」

つまり、【支払の取扱者】の名称等の欄は、株式名簿管理人でよいのではないか、と考えます。

ただ、ここまで考えてきますと、のっぽ先生が書いていらっしゃった「しかし、こんなことを書かせて、何になるんだろうと思ったり。」というのが、一番真っ当な意見です。

と申しますのも、【支払の取扱者】は、株主の誰にいくら配当を支払って、税金をいくら徴収しました、といった「上場株式等の配当等に係る支払調書」を、税務署に提出しなければならないことになっています。その支払調書には、【支払者】の欄と【支払の取扱者】の欄があるので、税務署は既に【支払の取扱者】について知っているのです。

それなのに、なぜ納税者が迷うような記入を求めるのか、本当に意味がありませんし、迷惑な話です。
配当金計算書や通知書は、確定申告書の添付書類になっていますので、支払の取扱者の名称等は空欄でも一向に構わない、と考えるようになりました。

私が探し足りないのだとは思うのですが、2chでの「銀行振込や配当為替で受け取っているものは空欄で提出」という規定は、まだ探し出すところまでは至っていません。
もちろん、見つけられましたら、即、ご報告いたしますが、たぶん、私には無理だと思います(笑)。
2011/02/05(Sat) 22:29 | URL  | カノン #-[ 編集]
取り急ぎ、お礼
カノンさん

今、拝読致しました。

この度のコメントで、心の底から納得出来ました。本当に、有難うございます。

時間と労力を裂いて下さったという点で、そして、「そういうことなんだ。」という、すっきりとした気持ちになれたという点で、深く感謝致します。

よりきちんとした返事は、また日を改めて致します。

取り急ぎ、お礼が言いたくて、コメント致しました。

なお、僕の良くない所なのですが、匿名の掲示板(2chなど)や記載(wikipediaなど)を信頼し過ぎるところがあります。

出所のはっきりしたものをよりきちんと評価し、その上で、自分で考えるようにしないといけないな、と改めて思いました。少し反省しています。
2011/02/05(Sat) 22:46 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
お礼
カノンさん

この度は、本当に有難うございました。

何とか、確定申告書、入力し終えました。

改めて考えてみると、60歳代や70歳代の人が、ここまで出来るのかな、と思うのですが、やる以上は、きちんとしたい、と思い、お教えを請いました。

>と申しますのも、【支払の取扱者】は、株主の誰にいくら配当を支払って、税金をいくら徴収しました、といった「上場株式等の配当等に係る支払調書」を、税務署に提出しなければならないことになっています。その支払調書には、【支払者】の欄と【支払の取扱者】の欄があるので、税務署は既に【支払の取扱者】について知っているのです。

こういうところを教えて頂けるのが一番、有難いです。全体のシステムを理解出来れば、記憶が定着するので。

株主名簿管理人の事なんて、考えた事もなかったのですが、今回の件で、どういうことをしているのか、知る事が出来ました。

本当に有難うございました。

2006年7月から株式投資を始めているので、4年半、経っているのですが、思えば、この4年半は、ほんと、色んな事がありました。

これからも、よろしくお願い致します。
2011/02/11(Fri) 15:35 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
お疲れ様でした!
のっぽ先生、確定申告の入力、お疲れ様でした。
こんなに早く作成を終えられるなんて、納税者の鑑です。

そもそも、証券税制を、何でこんなに複雑にしたんだろう、と思ってしまいます。
自分で株の売買をしないので、よくわからないのですが、まず、今まで株をしなかった人が、税制面で優遇されるから、株を始めてみようって、思うものなのでしょうか。少なくても、私はそう思わないです。
やはり最初は、株に投資するって、頭脳ゲームのようでおもしろそう、と魅力を感じるところから始まるのではないかなあ、と思います。

年配の日本人の持っている多額の預貯金を、株の投資に回してもらって、個人から会社へのお金の流れを作ろう、ということかと思いますが、証券税制をころころ変えることが、個人株主を増やすことになるのか、大いに疑問です。

今回は、のっぽ先生のお陰で、いろいろ考えることができました。顧問先から同じような質問を受けた時は、知っていて当然といった顔で、説明することができます(笑)。
こちらこそ、どうもありがとうございました。

いつも教えていただく一方なので、少しでもお役に立てたのであれば、とても嬉しく思いますし、何度も感謝していただけて、身に余る光栄です。

私のほうこそ、これからもよろしくお願い致します。
2011/02/11(Fri) 23:03 | URL  | カノン #-[ 編集]
僕にとっての株式投資&何かを学ぶ事について
カノンさん

母方の祖父が亡くなった時(1976年に亡くなりました)、電力株を祖母と母親に残しました。

1990年代に、それを売却し、何かの費用に宛てていたようです。(僕は、この頃、親元を離れていたので、詳細は聞いていないです。)

以上の経緯から、株式は資産であると、小さい頃から感じていました。

なので、僕が株式で資産を運用するのは、自然の成り行きなのですが、他の人は、どういった意図を持って、株式を買うんだろうか、と時々思う事があります。

>証券税制をころころ変えることが、個人株主を増やすことになるのか、大いに疑問です。

全然、増やす事にならないと思います。

>まず、今まで株をしなかった人が、税制面で優遇されるから、株を始めてみようって、思うものなのでしょうか。

そんな人は、殆どいないと思います。

==========

何かを学ぶ過程で、今回のように、親切に教えてくれる人がいて、スムーズに知識を身に付けられることがある一方、失敗を通じて、「ああ、そういうことだったんだ。」と思い、学ぶということも、これまで沢山ありました。(それこそ、最近では、全摘を受けて、大腸の役割を深く知る事が出来ました。これが失敗だったかどうかは確認の仕様がないですが。)

そう考えると、失敗することなく、気持ち良く教わる事が出来て、その上、背景まで知る事が出来る、こんな素晴らしい事は、そうそうないと思います。

このコメントについては、返事はなし、でお願いします。
2011/02/12(Sat) 00:07 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック