癌との共存を目指しています。
Rainbow(ユウコ)さんのコメントにあった「最善の治療」について、しばし、考えていた。

僕の今の主治医が考える「最善の治療」とは、なるべく高用量の薬剤の投与を行っている状態を指しているのだろう。なるべく、というのは、白血球が3000以上に保たれ、辛うじて通院できるレベルにある(入院せずに行ける、ぎりぎりのレベルにある)という意味だろう。ある程度の身体的疲弊は前提、ということだろう。

僕の考える「最善の治療」とは、副作用がなく、もしくはあっても軽度であり、効果も望める、というものだ。そんなのが存在するのかどうかは不明だが。ただ、エビデンスのない治療の中には、そういうのもあるだろう。手前味噌だが、積極的精神で生きることは、副作用がなく、エビデンスは全くないが、それなりの効果が見込めると思っている。

僕の考える「最善の治療」で良いのか。もう少し考えてみたい。
本当は、エビデンスのある治療の中に僕が考える「最善の治療」があれば良いのだが、なければ・・・。

ranさんに紹介して頂いた梅澤充先生のブログ(http://umezawa.blog44.fc2.com/)は、この問題を考えるのに大変役に立っている。ranさん、有難う。
なお、梅澤先生の意見は、僕の意見に近いようだ。

現在の僕の主治医は、非常に優秀で、頭のいい人だ。自分が頭がいいと考える人の意見を否定するというのもまた少しよいしょが要るのだが、この問題は、頭の良いと分かる、悪いと分からない、という類の問題ではないのかもしれない。一応、受験勉強をして来た口なので、ついつい「頭が良い。」すなわち「言っている事は正しい。」という論理で物を考え勝ちなのだが、実はこの論理、おかしいのかもしれない。(おかしいっぽい。)

医者の間で多数派である考え方を否定し、自分の考えが正しいと信じ、やって行くことは正直、大丈夫かな、と思ってしまう。とは言え、患者の視点を殆どの医師が持っていないのもまた事実だし、この点については、僕に一日の長があるだろう。なお、中村天風先生が僕にとって説得力があると感じられるのは、自身が結核を克服されているところが大きいと思う。(抗生剤や栄養をつけるという方法ではなしに克服されている。)

ともかく「寝掛けは特に積極的に。」というのが天風先生の教えだ。積極的精神で今日は寝よう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/08/13 02:25】 | 自分の体
トラックバック(0) |

No title
RainBow
あぁ…なんだか考えさせてしまうようなコメントをしてしまい、ごめんなさい…反省。。。

医者の言う「最善」って、どんな状態でも「命をつなぎ止める」ということなのかな…って思ってしまいました。患者が苦しもうが、多少の苦痛なら我慢させ死なせない、というか。ちょっと卑屈な考えですが。

でも、やっぱり人それぞれですよね。どんなに苦しくても生きていたいって思う人もいるだろうし、例え命が短くても、その間思い切り好きなことをして過ごすか…。苦しい思いをして、その後に必ず完治が待っているなら我慢するんですがね。初めから「延命」なんて言われたら…。

どういう生き方をするのがその人にとっての幸せなのか。「幸せ」の形は人それぞれ違いますよね。自ら命を絶つのが幸せ、とか思ってる人は論外ですが。って、ちょっと話がずれましたね(笑)。


核心を突いたコメント、有難うございます。
のっぽ187
RainBowさん

いえいえ。核心を突いたコメント、とても有難かったです。

>医者の言う「最善」って、どんな状態でも「命をつなぎ止める」ということなのかな…って思ってしまいました。患者が苦しもうが、多少の苦痛なら我慢させ死なせない、というか。

そういうことだと僕も思います。少なくとも、僕の主治医やRainBowさんの主治医は、そう考えていると思います。
そういう節を感じたので、今後について、考えてしまいました。

>苦しい思いをして、その後に必ず完治が待っているなら我慢するんですがね。初めから「延命」なんて言われたら…。

化学療法がエンドレスだと聞いて、「こんなのをエンドレスでするって・・・ちょっと、どうなん?」と思いました。必ず完治するというのであれば、耐えますが、少なくとも「必ず完治する」という状況ではないことは明らかですし。

>どういう生き方をするのがその人にとっての幸せなのか。「幸せ」の形は人それぞれ違いますよね。

十人十色だと思います。ただ、自分の考えがそんなに偏ったものだとも思えないので、サービスとしての医療という点では、まだまだなんだと思います。

こんばんは
うさみみ
A=B=C=Dという感じで理論を展開し、途中の理屈が正しかったとしても、そもそも前提Aが正しいのかという点に注意が行っていない場合がありますよね。
西洋医学というのも意外にそういう点があったりするような。
(感覚的な発言ですみません)

長期分散投資がリスクを下げて将来リターンが期待できる、そこに導くデータの検証は正しかったとしても、そもそも世界が経済成長し続けるのかはだれにも分からないし、過去の延長に未来があるとは限らない。

結局は、自分が決めて、自分が歩むということが基本であり、そのための理論的なサポート(=投資戦略が継続できるための拠り所)がそういった理屈なんだなってうさみみは思います。

投資と医療は根本的に同一ではありませんので、この例えは不適切だと思います。

意外に「心」が大事で、「生きることを信じる」とかが、生き物は大事なんだろうなって感じます。

これも、全く論理的ではありません。
何が言いたいのかはよく分からなくなってますが(笑)
やはり、自分の行動と心が大事なんだと(^^♪


素晴らしいコメント、有難うございます。
のっぽ187
うさみみさん

>A=B=C=Dという感じで理論を展開し、途中の理屈が正しかったとしても、そもそも前提Aが正しいのかという点に注意が行っていない場合がありますよね。
西洋医学というのも意外にそういう点があったりするような。
(感覚的な発言ですみません)

うさみみさんのおっしゃる話、往々にして、あると思います。
そして、西洋医学にそういう点があるのかもしれません。
少なくとも、西洋医学は完璧ではないようです。
論理的な話もいいと思うのですが、感覚的な意見、考えが思わぬブレイクスルーを生むことが往々にしてあると思います。感覚的な意見、大歓迎です。

>長期分散投資がリスクを下げて将来リターンが期待できる、そこに導くデータの検証は正しかったとしても、そもそも世界が経済成長し続けるのかはだれにも分からないし、過去の延長に未来があるとは限らない。

うさみみさん、素晴らしいですね。
世界経済がこの先もずっと成長を続けるのか、ということについては、言われて、はっとしましたが、きちんと検証されていませんよね。
過去に起こったことがこの先も起こるかどうかは、分からないですよね。今まで10回、こういうことがあった、だから11回目もあるはずだ、というのは、一見、正しげですが、全然、根拠のない考えですよね。

>結局は、自分が決めて、自分が歩むということが基本であり、そのための理論的なサポート(=投資戦略が継続できるための拠り所)がそういった理屈なんだなってうさみみは思います。

投資もそうだと思いますし、物事一般に僕はそうだと思っています。

>投資と医療は根本的に同一ではありませんので、この例えは不適切だと思います。

次のエントリーにも書いていますが、うさみみさんの例えは僕は適切だと思っています。

>意外に「心」が大事で、「生きることを信じる」とかが、生き物は大事なんだろうなって感じます。

>これも、全く論理的ではありません。

このことについて、僕は100%、うさみみさんに同意します。
「心」や「心がけ」、そして、それに則った行動が大事だと僕も考えています。それが証明されているか、それを証明できるかは、別問題だと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
あぁ…なんだか考えさせてしまうようなコメントをしてしまい、ごめんなさい…反省。。。

医者の言う「最善」って、どんな状態でも「命をつなぎ止める」ということなのかな…って思ってしまいました。患者が苦しもうが、多少の苦痛なら我慢させ死なせない、というか。ちょっと卑屈な考えですが。

でも、やっぱり人それぞれですよね。どんなに苦しくても生きていたいって思う人もいるだろうし、例え命が短くても、その間思い切り好きなことをして過ごすか…。苦しい思いをして、その後に必ず完治が待っているなら我慢するんですがね。初めから「延命」なんて言われたら…。

どういう生き方をするのがその人にとっての幸せなのか。「幸せ」の形は人それぞれ違いますよね。自ら命を絶つのが幸せ、とか思ってる人は論外ですが。って、ちょっと話がずれましたね(笑)。
2008/08/13(Wed) 21:36 | URL  | RainBow #-[ 編集]
核心を突いたコメント、有難うございます。
RainBowさん

いえいえ。核心を突いたコメント、とても有難かったです。

>医者の言う「最善」って、どんな状態でも「命をつなぎ止める」ということなのかな…って思ってしまいました。患者が苦しもうが、多少の苦痛なら我慢させ死なせない、というか。

そういうことだと僕も思います。少なくとも、僕の主治医やRainBowさんの主治医は、そう考えていると思います。
そういう節を感じたので、今後について、考えてしまいました。

>苦しい思いをして、その後に必ず完治が待っているなら我慢するんですがね。初めから「延命」なんて言われたら…。

化学療法がエンドレスだと聞いて、「こんなのをエンドレスでするって・・・ちょっと、どうなん?」と思いました。必ず完治するというのであれば、耐えますが、少なくとも「必ず完治する」という状況ではないことは明らかですし。

>どういう生き方をするのがその人にとっての幸せなのか。「幸せ」の形は人それぞれ違いますよね。

十人十色だと思います。ただ、自分の考えがそんなに偏ったものだとも思えないので、サービスとしての医療という点では、まだまだなんだと思います。
2008/08/13(Wed) 23:31 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
こんばんは
A=B=C=Dという感じで理論を展開し、途中の理屈が正しかったとしても、そもそも前提Aが正しいのかという点に注意が行っていない場合がありますよね。
西洋医学というのも意外にそういう点があったりするような。
(感覚的な発言ですみません)

長期分散投資がリスクを下げて将来リターンが期待できる、そこに導くデータの検証は正しかったとしても、そもそも世界が経済成長し続けるのかはだれにも分からないし、過去の延長に未来があるとは限らない。

結局は、自分が決めて、自分が歩むということが基本であり、そのための理論的なサポート(=投資戦略が継続できるための拠り所)がそういった理屈なんだなってうさみみは思います。

投資と医療は根本的に同一ではありませんので、この例えは不適切だと思います。

意外に「心」が大事で、「生きることを信じる」とかが、生き物は大事なんだろうなって感じます。

これも、全く論理的ではありません。
何が言いたいのかはよく分からなくなってますが(笑)
やはり、自分の行動と心が大事なんだと(^^♪
2008/08/14(Thu) 22:43 | URL  | うさみみ #-[ 編集]
素晴らしいコメント、有難うございます。
うさみみさん

>A=B=C=Dという感じで理論を展開し、途中の理屈が正しかったとしても、そもそも前提Aが正しいのかという点に注意が行っていない場合がありますよね。
西洋医学というのも意外にそういう点があったりするような。
(感覚的な発言ですみません)

うさみみさんのおっしゃる話、往々にして、あると思います。
そして、西洋医学にそういう点があるのかもしれません。
少なくとも、西洋医学は完璧ではないようです。
論理的な話もいいと思うのですが、感覚的な意見、考えが思わぬブレイクスルーを生むことが往々にしてあると思います。感覚的な意見、大歓迎です。

>長期分散投資がリスクを下げて将来リターンが期待できる、そこに導くデータの検証は正しかったとしても、そもそも世界が経済成長し続けるのかはだれにも分からないし、過去の延長に未来があるとは限らない。

うさみみさん、素晴らしいですね。
世界経済がこの先もずっと成長を続けるのか、ということについては、言われて、はっとしましたが、きちんと検証されていませんよね。
過去に起こったことがこの先も起こるかどうかは、分からないですよね。今まで10回、こういうことがあった、だから11回目もあるはずだ、というのは、一見、正しげですが、全然、根拠のない考えですよね。

>結局は、自分が決めて、自分が歩むということが基本であり、そのための理論的なサポート(=投資戦略が継続できるための拠り所)がそういった理屈なんだなってうさみみは思います。

投資もそうだと思いますし、物事一般に僕はそうだと思っています。

>投資と医療は根本的に同一ではありませんので、この例えは不適切だと思います。

次のエントリーにも書いていますが、うさみみさんの例えは僕は適切だと思っています。

>意外に「心」が大事で、「生きることを信じる」とかが、生き物は大事なんだろうなって感じます。

>これも、全く論理的ではありません。

このことについて、僕は100%、うさみみさんに同意します。
「心」や「心がけ」、そして、それに則った行動が大事だと僕も考えています。それが証明されているか、それを証明できるかは、別問題だと思います。
2008/08/15(Fri) 01:10 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック