癌との共存を目指しています。
独り言2という記事を書き、本日の午前8時過ぎから午前11時半頃まで掲載していた。

しかし、後で読み返すと、「非建設的で、あまり良くない記事だな。」と思った。そのため、同記事を削除した。

一旦、掲載した記事を削除するのは良くないと思ったが、非建設的な記事を掲載し続けるのは、もっと良くないと思い、削除した。

同記事をお読み頂いた方へ。

以上につき、ご容赦下さい。


FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

【2011/01/05 11:43】 | 未分類
トラックバック(0) |


しろ
    のっぽ187先生

人と話すのは、仕事を止めて極端に減りました。
以前、なにげない会話は、別段、何も思ってなかったのですが、
今は飢えてるような時が、たまにあり 笑
プログは、そんな時に助けてくれます。
ボケ防止にもなりますし、
仕事の会話は、もちろんですが
たあいのない会話も、いいものだと思うようになりました。
復職、おめでとうございます。


仮面舞踏会
カノン
お仕事、本当にお疲れ様でした。
私は、今日(5日)が仕事始めだったのですが、朝起きると頭は痛いし、胃はムカムカするで、「完全にストレスに負けてるなあ」と思いました。
朝食後、市販の頭痛薬と胃腸薬を飲んで、仮面をつけて、いざ出陣です。
これから一年、穏やかで元気で、何事にも動じない(ように見える)職業人を演じなければなりません。

1週間のお休みでも、これですから、約8ヶ月の休職後、のっぽ先生が、いろいろな思いを抱かれるのは当然だ、と思います。まっさらに戻った心が、傷つくことも多いかもしれません。

孤独とどう向き合っていくかは、私にとっても大きな課題なのですが、のっぽ先生は、孤独との付き合い方が、とても上手だ、と思います。
独りの時間が、寂しいというより、豊かな感じがします。独りでも楽しめる人ほど、他人と良い関係を築いていけるのかもしれませんね。素数2みたいです(すみません、意味不明で・・笑)。

大丈夫です。のっぽ先生の価値観と美意識が、ちょうど良いところへ、導いて行ってくれることでしょう。太鼓判を捺します、バン!!


yuma
のっぽ先生 職場復帰おめでとうございます。
私は記事を読んでいないので その点についてコメントする立場にありませんが 私自身 ブログを始めてみようかと思いつつ 踏み切れずにいるので ちょっと考えさせられました。
不特定多数の方に 自分の何気ない呟きが影響を与えたり 与えてしまったのではないかと考えて不安になったり。
SNSのようにあるていど限られた世界でも ちょっとした行き違いで悩むことがあります。
でも 誰かに見てほしい 発信したいという気持ちもあったりして。
ネットに詳しくないので尚更です。

他人の物差しに惑わされることなく 自分が心地好いと感じることを 気負わずに楽しめたらいいのになぁと思っているのですが まだまだダメですね(^_^;)


のっぽ187
しろさん

>復職、おめでとうございます。

有難うございます。そう言って頂ける人がいるというのは、本当に有難いものですね。

>以前、なにげない会話は、別段、何も思ってなかったのですが、今は飢えてるような時が、たまにあり

2008年3月~2009年2月と2010年4月~2011年1月3日は、僕もそうでした。 

そんな時、ブログで、そういった欲求を満たすということが、僕にも、ありました。

>たあいのない会話も、いいものだと思うようになりました。

そうですね。本当に、そう思います。


緑緑*ryuryu
今頃ですが、あけましておめでとうございます。
昨年はありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

ブログですが、「のっぽさんのブログ」でよいのでは?
医師であり、患者でもあり、30歳代の男性であり、そのすべてがのっぽさんですから。

私は今年は自分の「患者でもあり」って部分を少しでも減らしていけたらいいな~と思っています。

太鼓判を押して頂き、有難うございます。
のっぽ187
カノンさん

太鼓判を押して頂き、有難うございます。とても嬉しいです。

「小さいことにくよくよするな!」(リチャード・カールソン著、サンマーク文庫)という本は、僕の10年来の愛読書ですが、1月4日と6日の勤務は、「小さいことにくよくよ」した2日間でした。

この本のp10に書いてある「変えられるものを買え、受け容れがたきを受け入れ、そのちがいがわかる知恵をさずけてください。」というニーバーの祈りの意味する所を噛み締めた2日間でもありました。(詳細を書きたい所ですが、今後、自分がどこの誰であるか知られるようになる日が来るかも知れないので、書かないでおきます。)

>孤独とどう向き合っていくかは、私にとっても大きな課題なのですが、のっぽ先生は、孤独との付き合い方が、とても上手だ、と思います。

お褒め頂き、有難うございます。

孤独であることが比較的、気にならない性分なので(お昼御飯は、一人で食べるようにしています)、その方向で、今後の立ち位置を考えて行きたいと思っています。

>独りの時間が、寂しいというより、豊かな感じがします。

そうですね。あまり寂しいと感じることはないです。豊かな時間が過ごせていると実感しています。

>独りでも楽しめる人ほど、他人と良い関係を築いていけるのかもしれませんね。

僕の今後の課題は、「自分がそう思うことは、他の人もそう思うだろう。」と、つい考えてしまうことです。

僕と違った価値観の人も沢山いるはずなのに、つい「(僕が、こう考えるのだから、)きっと、この人も、こう考えるだろう。」と考えてしまうことです。

急には変えることは出来ないと思うのですが、少しずつ、相手が好むものを念頭に入れたコミュニケーションが取れるようになるといいな、と思っています。

自分の価値観と美意識が、いい形で発揮出来るように、うまくポジションを取って行きたいな、と思っています。


のっぽ187
yumaさん

>のっぽ先生 職場復帰おめでとうございます。

有難うございます。今日(8日)が、実質の仕事始めでした。

>不特定多数の方に 自分の何気ない呟きが影響を与えたり 与えてしまったのではないかと考えて不安になったり。

詳しいことはお話出来ないのですが(それこそ、不特定多数の人が見ているので)、仕事に対するモチベーションに影響を与えるようなことがありました。

ただ、僕が恵まれていることには変わりはないので(11ヶ月、休んで、1年2ヶ月、勤めて、8ヶ月、休んで、といったことが出来るのは、恵まれている以外の何物でもないと思います)、「何を言っているんだ。」とお思いになる方もいらっしゃるだろうな、と思い、載せていた記事を削除しました。

>SNSのようにあるていど限られた世界でも ちょっとした行き違いで悩むことがあります。

同じ職場でも、職種によって、考えることに違いはあると思いますし(病院でも、患者さんと直接、接する医者、看護師、ケアワーカーさんと事務方の間では、意見に違いがあるでしょうし)、行き違いは避けられないと思います。

>でも 誰かに見てほしい 発信したいという気持ちもあったりして。

そうですよね。

インターネットは、優れたツールだと思うのですが、人と人とのコミュニケーションに関しては、幾つか「難しいな。」と感じさせるものがありますね。


のっぽ187
緑緑*ryuryuさん

明けまして、おめでとうございます。今年も、よろしく、お願い致します。

>ブログですが、「のっぽさんのブログ」でよいのでは?
医師であり、患者でもあり、30歳代の男性であり、そのすべてがのっぽさんですから。

そうですね。

ただ、医療の部分については、一応、医者なので、ある程度、客観的でないと行けないかな、と思っています。

>私は今年は自分の「患者でもあり」って部分を少しでも減らしていけたらいいな~と思っています。

そうですね。僕も、その部分は少なくしたいな、と思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
    のっぽ187先生

人と話すのは、仕事を止めて極端に減りました。
以前、なにげない会話は、別段、何も思ってなかったのですが、
今は飢えてるような時が、たまにあり 笑
プログは、そんな時に助けてくれます。
ボケ防止にもなりますし、
仕事の会話は、もちろんですが
たあいのない会話も、いいものだと思うようになりました。
復職、おめでとうございます。
2011/01/05(Wed) 20:41 | URL  | しろ #-[ 編集]
仮面舞踏会
お仕事、本当にお疲れ様でした。
私は、今日(5日)が仕事始めだったのですが、朝起きると頭は痛いし、胃はムカムカするで、「完全にストレスに負けてるなあ」と思いました。
朝食後、市販の頭痛薬と胃腸薬を飲んで、仮面をつけて、いざ出陣です。
これから一年、穏やかで元気で、何事にも動じない(ように見える)職業人を演じなければなりません。

1週間のお休みでも、これですから、約8ヶ月の休職後、のっぽ先生が、いろいろな思いを抱かれるのは当然だ、と思います。まっさらに戻った心が、傷つくことも多いかもしれません。

孤独とどう向き合っていくかは、私にとっても大きな課題なのですが、のっぽ先生は、孤独との付き合い方が、とても上手だ、と思います。
独りの時間が、寂しいというより、豊かな感じがします。独りでも楽しめる人ほど、他人と良い関係を築いていけるのかもしれませんね。素数2みたいです(すみません、意味不明で・・笑)。

大丈夫です。のっぽ先生の価値観と美意識が、ちょうど良いところへ、導いて行ってくれることでしょう。太鼓判を捺します、バン!!
2011/01/06(Thu) 00:39 | URL  | カノン #-[ 編集]
のっぽ先生 職場復帰おめでとうございます。
私は記事を読んでいないので その点についてコメントする立場にありませんが 私自身 ブログを始めてみようかと思いつつ 踏み切れずにいるので ちょっと考えさせられました。
不特定多数の方に 自分の何気ない呟きが影響を与えたり 与えてしまったのではないかと考えて不安になったり。
SNSのようにあるていど限られた世界でも ちょっとした行き違いで悩むことがあります。
でも 誰かに見てほしい 発信したいという気持ちもあったりして。
ネットに詳しくないので尚更です。

他人の物差しに惑わされることなく 自分が心地好いと感じることを 気負わずに楽しめたらいいのになぁと思っているのですが まだまだダメですね(^_^;)
2011/01/06(Thu) 16:04 | URL  | yuma #YC5/QNVo[ 編集]
しろさん

>復職、おめでとうございます。

有難うございます。そう言って頂ける人がいるというのは、本当に有難いものですね。

>以前、なにげない会話は、別段、何も思ってなかったのですが、今は飢えてるような時が、たまにあり

2008年3月~2009年2月と2010年4月~2011年1月3日は、僕もそうでした。 

そんな時、ブログで、そういった欲求を満たすということが、僕にも、ありました。

>たあいのない会話も、いいものだと思うようになりました。

そうですね。本当に、そう思います。
2011/01/07(Fri) 12:52 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
今頃ですが、あけましておめでとうございます。
昨年はありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

ブログですが、「のっぽさんのブログ」でよいのでは?
医師であり、患者でもあり、30歳代の男性であり、そのすべてがのっぽさんですから。

私は今年は自分の「患者でもあり」って部分を少しでも減らしていけたらいいな~と思っています。
2011/01/08(Sat) 22:02 | URL  | 緑緑*ryuryu #B6hI6adY[ 編集]
太鼓判を押して頂き、有難うございます。
カノンさん

太鼓判を押して頂き、有難うございます。とても嬉しいです。

「小さいことにくよくよするな!」(リチャード・カールソン著、サンマーク文庫)という本は、僕の10年来の愛読書ですが、1月4日と6日の勤務は、「小さいことにくよくよ」した2日間でした。

この本のp10に書いてある「変えられるものを買え、受け容れがたきを受け入れ、そのちがいがわかる知恵をさずけてください。」というニーバーの祈りの意味する所を噛み締めた2日間でもありました。(詳細を書きたい所ですが、今後、自分がどこの誰であるか知られるようになる日が来るかも知れないので、書かないでおきます。)

>孤独とどう向き合っていくかは、私にとっても大きな課題なのですが、のっぽ先生は、孤独との付き合い方が、とても上手だ、と思います。

お褒め頂き、有難うございます。

孤独であることが比較的、気にならない性分なので(お昼御飯は、一人で食べるようにしています)、その方向で、今後の立ち位置を考えて行きたいと思っています。

>独りの時間が、寂しいというより、豊かな感じがします。

そうですね。あまり寂しいと感じることはないです。豊かな時間が過ごせていると実感しています。

>独りでも楽しめる人ほど、他人と良い関係を築いていけるのかもしれませんね。

僕の今後の課題は、「自分がそう思うことは、他の人もそう思うだろう。」と、つい考えてしまうことです。

僕と違った価値観の人も沢山いるはずなのに、つい「(僕が、こう考えるのだから、)きっと、この人も、こう考えるだろう。」と考えてしまうことです。

急には変えることは出来ないと思うのですが、少しずつ、相手が好むものを念頭に入れたコミュニケーションが取れるようになるといいな、と思っています。

自分の価値観と美意識が、いい形で発揮出来るように、うまくポジションを取って行きたいな、と思っています。
2011/01/09(Sun) 01:41 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
yumaさん

>のっぽ先生 職場復帰おめでとうございます。

有難うございます。今日(8日)が、実質の仕事始めでした。

>不特定多数の方に 自分の何気ない呟きが影響を与えたり 与えてしまったのではないかと考えて不安になったり。

詳しいことはお話出来ないのですが(それこそ、不特定多数の人が見ているので)、仕事に対するモチベーションに影響を与えるようなことがありました。

ただ、僕が恵まれていることには変わりはないので(11ヶ月、休んで、1年2ヶ月、勤めて、8ヶ月、休んで、といったことが出来るのは、恵まれている以外の何物でもないと思います)、「何を言っているんだ。」とお思いになる方もいらっしゃるだろうな、と思い、載せていた記事を削除しました。

>SNSのようにあるていど限られた世界でも ちょっとした行き違いで悩むことがあります。

同じ職場でも、職種によって、考えることに違いはあると思いますし(病院でも、患者さんと直接、接する医者、看護師、ケアワーカーさんと事務方の間では、意見に違いがあるでしょうし)、行き違いは避けられないと思います。

>でも 誰かに見てほしい 発信したいという気持ちもあったりして。

そうですよね。

インターネットは、優れたツールだと思うのですが、人と人とのコミュニケーションに関しては、幾つか「難しいな。」と感じさせるものがありますね。
2011/01/09(Sun) 02:07 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
緑緑*ryuryuさん

明けまして、おめでとうございます。今年も、よろしく、お願い致します。

>ブログですが、「のっぽさんのブログ」でよいのでは?
医師であり、患者でもあり、30歳代の男性であり、そのすべてがのっぽさんですから。

そうですね。

ただ、医療の部分については、一応、医者なので、ある程度、客観的でないと行けないかな、と思っています。

>私は今年は自分の「患者でもあり」って部分を少しでも減らしていけたらいいな~と思っています。

そうですね。僕も、その部分は少なくしたいな、と思っています。
2011/01/09(Sun) 02:34 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック