癌との共存を目指しています。
27日の午前3時に(寝る前に)、ゼローダを1錠、飲んだ。それまでは、数日、休薬していた。なお、27日、28日の晩は、ゼローダを飲んでいない。

29日、午前11時20分に朝食を食べ終わってから、3時間の間に、排便3回、午後2時代前半の排便は、「水」だった。

FOLFOXを受けていた頃も、持続静注終了後、2,3日は、かなりの軟便だったので、5-FUを洗い流すのに、もしくは、5-FUで傷害を受けた小腸粘膜の細胞が新たに再生するまで、2,3日、掛かるのだろうが、それにしても、1錠、飲んで、2日半後にまだ「水」って一体、どういうことだろう、と思った。

エビデンスはないが、「がんに効く生活」を実践する方が、効率がいいのではないか、と思った。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/12/29 15:09】 | 自分の体
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
匿名の方へ

ゼローダの副作用が強いかどうかは、僕には分からないです。
一つ言えていることは、僕には、下痢の副作用が強く出るということです。

>なんのための治療なのだろう

難しい問題ですよね。

それを行うことが、トータルで患者にとってプラスになるだろうことを行う、というのが、検査や治療の基本の考え方である、と僕は考えているのですが、「トータルでプラスになる。」というのが、難しいですよね。

害のない介入であれば、見込まれる利益の大きさが、それ程、大きくなくても、介入すれば良い、と思いますし、害を伴う介入であれば、見込まれる利益の大きさが、ある程度、大きくないと、「見合わない」ですよね。

害と見込まれる利益の大きさを測り天秤に掛ける、言うは易く行うは難し、だと思います。

お薬の飲み方あれこれ
カノン
ゼローダ1錠/日でも、のっぽ先生にとっては、害作用がきついですね。

長く通院していて、薬の飲み方に慣れている患者さんに、精神科の先生は、「自分の症状に合わせて、お薬を調節してください。効き過ぎて、ぼーっとすると感じたら、半分にしてみるとか、2/3にしてみるとか」と、お話になられることがあるのではないか、と思います(患者さんから聞いたので、このケースが一般的かどうかは、わからないのですが)。
例えば、ソラナックスですと、錠剤に溝があって、パキッと半分に割ることができますね。

そうしますと、ゼローダを砕いて、害作用が出ないくらいの量を飲む、というのはいかがなものでしょうか。

もちろん、服用の注意点として、「錠剤を砕く、割る、水やぬるま湯に溶かすなどはしないでください」とあるのは、本来そうなんだろうなあ、と思います。
しかし、1/40錠を40日間(←のっぽ先生の3/125錠の仮説により)飲みながら(いえ、害作用が許容できる範囲内であれば、1/3錠でもよいのですが)、「がんに効く生活」を実践するというのも、ありなんじゃないかなあ、と思ったりしました。

考えもしなかったです。
のっぽ187
カノンさん

前半の部分は、まさに、そう患者さんに説明しています。

ゼローダは、週1もしくは月1で、1錠ずつ飲もうかな、と思っていたのですが、週1もしくは2週に1度で、半錠ずつ飲むのが良さそうですね。

なお、1/3に割るのは、難しそうです。

患者さんに、「半分に割って飲んで下さい。」とか言っていながら、自分が飲む薬については、半分に割ることなど、考えもしなかったです。

>もちろん、服用の注意点として、「錠剤を砕く、割る、水やぬるま湯に溶かすなどはしないでください」とあるのは、本来そうなんだろうなあ、と思います。

自分の責任の下で、割って飲むつもりです。ご安心下さい。

もちろん、「がんに効く生活」は続けるつもりです。

管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
匿名の方へ

ブログの件、全然、気にしないで下さい。

錠剤カッターですか。

まめですね。

私は、手で、適当に割っていました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/29(Wed) 21:11 |   |  #[ 編集]
匿名の方へ

ゼローダの副作用が強いかどうかは、僕には分からないです。
一つ言えていることは、僕には、下痢の副作用が強く出るということです。

>なんのための治療なのだろう

難しい問題ですよね。

それを行うことが、トータルで患者にとってプラスになるだろうことを行う、というのが、検査や治療の基本の考え方である、と僕は考えているのですが、「トータルでプラスになる。」というのが、難しいですよね。

害のない介入であれば、見込まれる利益の大きさが、それ程、大きくなくても、介入すれば良い、と思いますし、害を伴う介入であれば、見込まれる利益の大きさが、ある程度、大きくないと、「見合わない」ですよね。

害と見込まれる利益の大きさを測り天秤に掛ける、言うは易く行うは難し、だと思います。
2010/12/30(Thu) 16:39 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
お薬の飲み方あれこれ
ゼローダ1錠/日でも、のっぽ先生にとっては、害作用がきついですね。

長く通院していて、薬の飲み方に慣れている患者さんに、精神科の先生は、「自分の症状に合わせて、お薬を調節してください。効き過ぎて、ぼーっとすると感じたら、半分にしてみるとか、2/3にしてみるとか」と、お話になられることがあるのではないか、と思います(患者さんから聞いたので、このケースが一般的かどうかは、わからないのですが)。
例えば、ソラナックスですと、錠剤に溝があって、パキッと半分に割ることができますね。

そうしますと、ゼローダを砕いて、害作用が出ないくらいの量を飲む、というのはいかがなものでしょうか。

もちろん、服用の注意点として、「錠剤を砕く、割る、水やぬるま湯に溶かすなどはしないでください」とあるのは、本来そうなんだろうなあ、と思います。
しかし、1/40錠を40日間(←のっぽ先生の3/125錠の仮説により)飲みながら(いえ、害作用が許容できる範囲内であれば、1/3錠でもよいのですが)、「がんに効く生活」を実践するというのも、ありなんじゃないかなあ、と思ったりしました。
2010/12/30(Thu) 22:16 | URL  | カノン #-[ 編集]
考えもしなかったです。
カノンさん

前半の部分は、まさに、そう患者さんに説明しています。

ゼローダは、週1もしくは月1で、1錠ずつ飲もうかな、と思っていたのですが、週1もしくは2週に1度で、半錠ずつ飲むのが良さそうですね。

なお、1/3に割るのは、難しそうです。

患者さんに、「半分に割って飲んで下さい。」とか言っていながら、自分が飲む薬については、半分に割ることなど、考えもしなかったです。

>もちろん、服用の注意点として、「錠剤を砕く、割る、水やぬるま湯に溶かすなどはしないでください」とあるのは、本来そうなんだろうなあ、と思います。

自分の責任の下で、割って飲むつもりです。ご安心下さい。

もちろん、「がんに効く生活」は続けるつもりです。
2010/12/30(Thu) 23:05 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/12/16(Wed) 00:51 |   |  #[ 編集]
匿名の方へ

ブログの件、全然、気にしないで下さい。

錠剤カッターですか。

まめですね。

私は、手で、適当に割っていました。
2015/12/18(Fri) 17:00 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック