癌との共存を目指しています。
8月7日午前11時の採血は、白血球7900、Hb12.5であったので、同日、午後1時から化学療法(7回目)が開始されている。恐らく、白血球7900というのは、測定ミスだろう。ずっと、3000台を推移していたのに、いきなり7900だなんて。まあ、僕自身、7日午前までの体調は良かったので、化学療法の施行は妥当であると考えている。

化学療法中は、途中1回自己導尿をしに、トイレに立った以外、殆ど、熟睡。実家に帰り、夕食を摂り、自分の家に戻ってきてからも、5時間余り、熟睡。とにかくよく寝る。よく眠る。この薬は、僕にとって、そういうものなんだろう。

昼ごはんは、通院先の病院の中にある喫茶店で、ミンチかつ定食(600円)を食べた。外来の看護師さんに「あそこ、美味しいよ。」と教えてもらったので、早速、行って来た。美味しかった。
僕が入った12時20分には、中のお客さんは全員、医者か看護師さんだった。幸い、僕が入院していた病棟の看護師さんのグループが見えたので、空いている席を一つ譲ってもらい、そこで定食を食べた。
看護師さん3人は、たった9日間の入院であったにも拘らず、全員僕のことを覚えていてくれた。嬉しかった。むしろ僕の方が、一人覚えていない看護師さんが居て、失礼してしまった。中には、一回の勤務しか僕を受け持っていなかったにも拘らず覚えてくれている人が居て、正直、驚いてしまった。とは言え、僕もその人のことは何故か覚えていた。人が人を覚えている、というのは、不思議なことである。
僕が席に着くなり、「元気そうね。」「顔色、良さそうね。」と言ってくれたのも嬉しかった。先日、第一回目に入院した香川県の病院の主治医兼術者の先生に電話をしたのだが、この時も開口一番「元気そうだね。」と言われ、すごく嬉しかった。

いかなる状況にあっても、「元気さ」を大事にしたいな、と思った。
中村天風先生が「君に成功を贈る」という本で第一章第一項で「他人に好かれる人になりなさい」と言っている。この教えの尊さを今日は改めて実感した。

FC2blog テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

【2008/08/08 02:08】 | 日記
トラックバック(0) |

最高の資質
カノン
きょうも、抗しがたい睡魔のとりこでしたでしょうか。
本当に大変ですね。

そうなのです。私も「プロフェッショナル仕事の流儀」を観ました。
継続性は、私の持ち合わせていない資質なので、あこがれます。
先日も、ダンベル運動でも始めようと、ダンベルを買ってきた段階
で、すべてが完結してしまいました。
お店に行って、買って帰って来た所要時間が1時間半なので、
0.0625日坊主です(笑)。

他人に好かれるためには、まず人を好きになることが、先かもしれ
ませんね。
人が好きという資質は、特に、精神科医さんにとっては、かけがえ
のないものだと思います。

うまく言葉で表現できなくて、ぎりぎりの状態で受診する患者さん
は、柔らかくて温かい雰囲気のお医者さんに迎えてもらえたら、
どんなにか安心することだろう、と思います。

のっぽ先生は、きっと良い精神科医さんになります。
だからこそ、今をしのいでくださいね。

そんなお医者さんになりたいです。
のっぽ187
カノンさん

気が付いたら、11日の午後5時50分でした。
なかなかシビアです。

きっと本当に本人にとって重要なことはきちんと継続して出来るんだと思います。お仕事や社会不安障害についての勉強は、継続して出来ているようにお見受けします。

人に関心がある、というのは、僕にとって、有難い資質であると思っています。医学部の学生だった頃、基礎医学の教室の先生方を見ていて、「きっとこの人たちは人より物に興味があるんだな。僕とは別のタイプの人だな。」と思いました。そのことが進路(どの科に進むか)を選ぶ上で参考になりました。

>うまく言葉で表現できなくて、ぎりぎりの状態で受診する患者さん は、柔らかくて温かい雰囲気のお医者さんに迎えてもらえたら、
どんなにか安心することだろう、と思います。

そんなお医者さんになりたいです。そんな仕事をまた、したいです。

>のっぽ先生は、きっと良い精神科医さんになります。
だからこそ、今をしのいでくださいね。

良い医者(精神科医)になる、というのは、僕が臨床家を志してから一貫して目指している目標です。
あまり、先のことは考えず、今を凌いで行きたいと思います。


ベンジャミンフランクリン哲学研究
私も読みましたが、中村天風氏の講演を本にした内容のためか、とても読みやすく、体験から出る言葉の数々は、うつ病でニート生活の経験がある私には、とても前向きになる内容でした。


のっぽ187
ベンジャミンフランクリン哲学研究さん

初めまして。

この本は、ほんと、読みやすいですよね。

今、久しぶりに少し読み返しました。

5年前の事を、あれこれ、思い出しました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
最高の資質
きょうも、抗しがたい睡魔のとりこでしたでしょうか。
本当に大変ですね。

そうなのです。私も「プロフェッショナル仕事の流儀」を観ました。
継続性は、私の持ち合わせていない資質なので、あこがれます。
先日も、ダンベル運動でも始めようと、ダンベルを買ってきた段階
で、すべてが完結してしまいました。
お店に行って、買って帰って来た所要時間が1時間半なので、
0.0625日坊主です(笑)。

他人に好かれるためには、まず人を好きになることが、先かもしれ
ませんね。
人が好きという資質は、特に、精神科医さんにとっては、かけがえ
のないものだと思います。

うまく言葉で表現できなくて、ぎりぎりの状態で受診する患者さん
は、柔らかくて温かい雰囲気のお医者さんに迎えてもらえたら、
どんなにか安心することだろう、と思います。

のっぽ先生は、きっと良い精神科医さんになります。
だからこそ、今をしのいでくださいね。
2008/08/09(Sat) 00:51 | URL  | カノン #-[ 編集]
そんなお医者さんになりたいです。
カノンさん

気が付いたら、11日の午後5時50分でした。
なかなかシビアです。

きっと本当に本人にとって重要なことはきちんと継続して出来るんだと思います。お仕事や社会不安障害についての勉強は、継続して出来ているようにお見受けします。

人に関心がある、というのは、僕にとって、有難い資質であると思っています。医学部の学生だった頃、基礎医学の教室の先生方を見ていて、「きっとこの人たちは人より物に興味があるんだな。僕とは別のタイプの人だな。」と思いました。そのことが進路(どの科に進むか)を選ぶ上で参考になりました。

>うまく言葉で表現できなくて、ぎりぎりの状態で受診する患者さん は、柔らかくて温かい雰囲気のお医者さんに迎えてもらえたら、
どんなにか安心することだろう、と思います。

そんなお医者さんになりたいです。そんな仕事をまた、したいです。

>のっぽ先生は、きっと良い精神科医さんになります。
だからこそ、今をしのいでくださいね。

良い医者(精神科医)になる、というのは、僕が臨床家を志してから一貫して目指している目標です。
あまり、先のことは考えず、今を凌いで行きたいと思います。
2008/08/11(Mon) 18:03 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
私も読みましたが、中村天風氏の講演を本にした内容のためか、とても読みやすく、体験から出る言葉の数々は、うつ病でニート生活の経験がある私には、とても前向きになる内容でした。
2013/05/21(Tue) 20:53 | URL  | ベンジャミンフランクリン哲学研究 #CxsByycw[ 編集]
ベンジャミンフランクリン哲学研究さん

初めまして。

この本は、ほんと、読みやすいですよね。

今、久しぶりに少し読み返しました。

5年前の事を、あれこれ、思い出しました。
2013/05/24(Fri) 07:19 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック