癌との共存を目指しています。
決定版 がん休眠療法 (講談社プラスアルファ新書)決定版 がん休眠療法 (講談社プラスアルファ新書)
高橋 豊

講談社 2006-03-21
売り上げランキング : 158376

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


高橋豊の今あるがんを眠らせておく治療―がん休眠療法のすべてがわかる (名医の最新治療)高橋豊の今あるがんを眠らせておく治療―がん休眠療法のすべてがわかる (名医の最新治療)
高橋 豊

主婦の友社 2010-06-09
売り上げランキング : 95569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


僕は、高橋先生の言っていることは、基本的には正しい、と考えている。「(毒性グレード1~2が)多くのケースで適量」(決定版 がん休眠療法、p107上の図より)、「少しは副作用が出る量でないと、がんの増殖を止められない。」(高橋豊の今あるがんを眠らせておく治療、p137より)という考え方に、僕は、ほぼ100%、同意している。

僕にとっては、「決定版 がん休眠療法」の方が、内容がしっかりしているように感じられ良かったが、読みやすいのは、「高橋豊の今あるがんを眠らせておく治療」の方だと思う。

抗癌剤治療を受けていて、それなりに副作用が出ている方は、どちらか1冊もしくは2冊とも読まれたら良いかと思うが、どちらか1冊、選ぶとすれば、先に出された「決定版 がん休眠療法」の方だと思う。

なお、この2冊の本の要点は、一言でまとめると、「毒性グレード1~2が多くのケースで適量」となると思う。別な言い方をすれば、「少しは副作用が出る量でないと、がんの増殖を止められない。」と言うことになるんだと思う。

2011年6月17日、追記。先に読んだ「決定版 がん休眠療法」のインパクトが強かったので、「決定版 がん休眠療法」の方を「よりいい本だ。」と評価するバイアス(偏り)が働いていると思います。普通に考えると、後から出た版の方が、内容がこなれていて、新しい情報にも触れられているので、いいかな、と思います。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/11/21 00:51】 | お薦めの本
トラックバック(0) |


のらくろ0521
高橋先生には千葉県の病院にセカンドオピニオンでお伺いさせていただきました。
とても勇気づけられ、わかりやすいお話をしてくださったのを覚えています。 


のっぽ187
のらくろ0521さん

「決定版 がん休眠療法」を読んで、「恐らく、この人は、本物だろうな。」と思っていました。

のらくろ0521さんのお話を伺い、その感をさらに強くしました。


yuma
高橋先生の本はまだ読んでいませんが 以前休眠療養について書かれているのをネットで読んで、私もこれだ!と思いました。一度主治医に話したことがありますが、主治医も「確かに考え方としてはありですね。」と言っていましたが、大学病院という縛りの中では 実際には個別にきめ細やかな治療を受けるのは難しいなと感じています。
私は一年前に再発して以来 色々な抗がん剤を試しているのですが まだ一度も完解まで持ち込めていません。
でも 今のところ急激に悪化することもなく 結果的には休眠状態が続いています。

明日CTを撮るのですが「消える」なんて贅沢は言わないので なるだけ現状を維持していてほしいと願っています。


のっぽ187
yumaさん

>主治医も「確かに考え方としてはありですね。」と言っていましたが、大学病院という縛りの中では 実際には個別にきめ細やかな治療を受けるのは難しいなと感じています。

理解のある先生ですね。

僕も、2年弱、大学病院で勤めていたことがあるのですが、そんな感じでした。

CTの結果が良いことを、心より願っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
高橋先生には千葉県の病院にセカンドオピニオンでお伺いさせていただきました。
とても勇気づけられ、わかりやすいお話をしてくださったのを覚えています。 
2010/11/21(Sun) 21:32 | URL  | のらくろ0521 #9L.cY0cg[ 編集]
のらくろ0521さん

「決定版 がん休眠療法」を読んで、「恐らく、この人は、本物だろうな。」と思っていました。

のらくろ0521さんのお話を伺い、その感をさらに強くしました。
2010/11/21(Sun) 22:45 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
高橋先生の本はまだ読んでいませんが 以前休眠療養について書かれているのをネットで読んで、私もこれだ!と思いました。一度主治医に話したことがありますが、主治医も「確かに考え方としてはありですね。」と言っていましたが、大学病院という縛りの中では 実際には個別にきめ細やかな治療を受けるのは難しいなと感じています。
私は一年前に再発して以来 色々な抗がん剤を試しているのですが まだ一度も完解まで持ち込めていません。
でも 今のところ急激に悪化することもなく 結果的には休眠状態が続いています。

明日CTを撮るのですが「消える」なんて贅沢は言わないので なるだけ現状を維持していてほしいと願っています。
2010/11/22(Mon) 00:18 | URL  | yuma #YC5/QNVo[ 編集]
yumaさん

>主治医も「確かに考え方としてはありですね。」と言っていましたが、大学病院という縛りの中では 実際には個別にきめ細やかな治療を受けるのは難しいなと感じています。

理解のある先生ですね。

僕も、2年弱、大学病院で勤めていたことがあるのですが、そんな感じでした。

CTの結果が良いことを、心より願っています。
2010/11/22(Mon) 23:37 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック