癌との共存を目指しています。
オメガ(ω)3脂肪酸の驚異的な働きというサイトにオメガ3脂肪酸のことが書かれている。僕は、この文章を全部、理解出来ないのだが、「例えば、ある種のオメガ3脂肪酸由来の生理活性物質はガン細胞の増殖を抑えたり炎症を抑えることが発見された。」の一文は結構、大事ではないか、と思う。なお、「がんに効く生活」(ダヴィド・S・シュレベール著)にもω-3脂肪酸の重要性について再三、述べられている。

上記サイトに書かれた文章の中では、後は「オメガ6脂肪酸は陸の動物の肉に多く、オメガ3脂肪酸は海の魚に多く含まれる。魚が肉に比べて身体に良いというのは、オメガ3脂肪酸の効果が強いということから言われていることなのである。」が目を引いた。

「がんに効く生活」では、イワシ、アンチョビ、小型のサバが推奨されている。また、サケも「オメガ3のすばらしい供給源である」とp219に書かれている。米国統合医療ノートの最後の段落には、「サケ、アジ、サバ、イワシ、サンマなどは汚染も少なく、オメガ3もたいへん豊富なのでお薦めです。」と書かれている。

と教科書的な記載は、これ位にして、後は僕の書きたいことを少し。

「がんに効く生活」を実践し始めて、3週間位、経った頃、サバを食べた後に、体中に赤みを伴う膨疹(蚊に刺された時に出来るタイプの発疹)が幾つも出来、「これは駄目だ。」ということになった(サバアレルギーですね)。

その後、しばらくして、「自分で魚を焼けるようにしたい。」と思うようになった。それで、割と簡単なのが、サケとブリ。(ここから先は、まともに料理をしたことがない男性の方向けの文章になります。)栄養という観点からも優れた魚だし、調理も比較的、簡単(裏と表を焼くだけ)、何より美味しい。(最後は僕の主観です。)水銀などの汚染も少ないようだ。(サケは少ないと米国統合医療ノートの最後の段落に記載あり。)

1日にEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)を1g摂取するのに必要とされる魚の摂取量は、イワシ60~90g、キングサーモン60g、シロザケ135g、ベニザケ135g、サバ60~255g、ヒラメ210g、カキ75g、エビ330g、ハマグリ375g、ホタテ貝525g、マグロ、ライトツナ、水漬け缶詰、水抜き後360g(「がんに効く生活」p228より抜粋。必要とされる魚の摂取量が少なければ少ないほど、効率良く、EPA,DHAが取れる。)

料理をする手間を勘案すると、サケ、その中でも、キングサーモンが一番、効率が良いと考えられる。同じものばかり食べていると、飽きてしまうので、バリエーションをつける必要はあると思うが、「簡単に」かつ「栄養価の高いものを」と考えると、こういう結論になった。

FC2blog テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

【2010/11/20 00:50】 | 食べ物、料理
トラックバック(0) |


whitekite
のっぽ先生、こんにちは!
サバがお身体にあわないのは残念でしたね。。。
鮭は料理が楽なので、私のお弁当にも何度もたびたび登場します。

キングサーモンで好きな料理は、ホイル焼きです。ホイルを広げて、その上にキノコや玉ねぎを適当に切って入れて、サーモンの切り身をのせて塩コショウして、白ワインかお酒をちょっとふって、包んでフライパンで焼いて、ふくらんだら出来上がり!好みでちょっとお醤油をかけてもおいしいです。しばらくやってなかったけれど、書いてみたら食べたくなったので、今度やってみようと思いました。

オメガ3の油といえば、ゴマ油は身体によさそうだけど、オメガ3ではなくてオメガ6のような気がするから、どうしようかな、と悩んでいます。亜麻仁油やキャノーラ油がオメガ3でよい、ということなのでトライしてみたけれど、どうも味は太白ゴマ油の方が好きなので、今は併用しています。


のっぽ187
whitekiteさん

ブログを拝見していると、よく鮭が出て来るので、きっと、その辺のことを考えて、作っていらっしゃるのだろうな、と思っていました。

>ホイル焼きです。

やってみます。

キノコ、玉ねぎという組み合わせがまた、いいですね。

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20080629/p1の真ん中辺りに、「サラダで食物繊維を摂取する場合は、ドレッシングにはえごま油、しそ油、亜麻仁油などのオメガ3脂肪酸の多いものをかけて食べるのがお勧めです。」と書いてあります。(題名とは裏腹に、かなりしっかりした内容のブログです。)

現在、僕は、オリーブ油1本なのですが、キャノーラ油は、オメガ3:オメガ6=1:3(「がんに効く生活」p125より)とのことなので、どうしようか迷っているところです。

ゴマ油を味の点で、代用出来るものは、う~ん、ないですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
のっぽ先生、こんにちは!
サバがお身体にあわないのは残念でしたね。。。
鮭は料理が楽なので、私のお弁当にも何度もたびたび登場します。

キングサーモンで好きな料理は、ホイル焼きです。ホイルを広げて、その上にキノコや玉ねぎを適当に切って入れて、サーモンの切り身をのせて塩コショウして、白ワインかお酒をちょっとふって、包んでフライパンで焼いて、ふくらんだら出来上がり!好みでちょっとお醤油をかけてもおいしいです。しばらくやってなかったけれど、書いてみたら食べたくなったので、今度やってみようと思いました。

オメガ3の油といえば、ゴマ油は身体によさそうだけど、オメガ3ではなくてオメガ6のような気がするから、どうしようかな、と悩んでいます。亜麻仁油やキャノーラ油がオメガ3でよい、ということなのでトライしてみたけれど、どうも味は太白ゴマ油の方が好きなので、今は併用しています。
2010/11/21(Sun) 20:58 | URL  | whitekite #-[ 編集]
whitekiteさん

ブログを拝見していると、よく鮭が出て来るので、きっと、その辺のことを考えて、作っていらっしゃるのだろうな、と思っていました。

>ホイル焼きです。

やってみます。

キノコ、玉ねぎという組み合わせがまた、いいですね。

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20080629/p1の真ん中辺りに、「サラダで食物繊維を摂取する場合は、ドレッシングにはえごま油、しそ油、亜麻仁油などのオメガ3脂肪酸の多いものをかけて食べるのがお勧めです。」と書いてあります。(題名とは裏腹に、かなりしっかりした内容のブログです。)

現在、僕は、オリーブ油1本なのですが、キャノーラ油は、オメガ3:オメガ6=1:3(「がんに効く生活」p125より)とのことなので、どうしようか迷っているところです。

ゴマ油を味の点で、代用出来るものは、う~ん、ないですね。
2010/11/22(Mon) 23:30 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック