癌との共存を目指しています。
コメントをしてくれた方へ。追って、返事を致します。

今日は、午後から、採血の後、診察。血液検査の結果は、白血球数が5500で、そのうち、好中球が60%あった。他の項目も、腫瘍マーカーを含め、特に問題は無かった。2週間、服薬、1週間、休薬を1クールとすると、8クールが終わった。

主治医曰く、(再発予防目的の抗癌剤治療は)これで終わり、とのこと。

ということで、今日から、薬なしで経過を見ることになった。

ただ、実際は、もうしばらく、ゼローダを2錠/日で飲み続ける予定。なお、これは、自分の判断で、そうすることにした。(もともと、その積もりだった。)

12月10日(金)にCT、血液検査を受け、即日、検査結果を伺う予定。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/11/08 22:27】 | 診察
トラックバック(0) |


しろ
のっぽ187先生

診察、血液検査の結果が良いとのこと、
おめでとう ございます。
自分のことのように嬉しいです。
南禅寺、懐かしいです、
紅葉と境内、人の多いのを想像しました、また好いものですね。


yuma
のっぽ先生 こんばんは。
採血の結果が問題なく 本当に良かったですね♪
治療が終了したら お薬の副作用に悩まされることなく 体調も一層良くなることでしょう。
私も今月末にCTとPETの検査です。
マーカーに反応しないので画像診断だけが頼りです。
お互い良い結果が出ると良いですね♪

こんにちは
カブ太郎
のっぽ187さん

調子よく行く事をご期待してます、ご無理をされないよう。




よかったです!!
whitekite
のっぽ先生、こんばんは。

よい結果が出てよかったです!
ほんとよかったです!!
ほっとなさっていることだろうと思うと、私もとてもなごやかな気持ちになりました。

私も12月はじめにCTやら超音波やら検査が待っていますが、のっぽ先生の報告を聞いて、自分も大丈夫な気分になりました。

これからも、のっぽ先生のぼちぼちを見習って、私もぼちぼち、いこうとおもいます。



有難うございます。
のっぽ187
yumaさん

>採血の結果が問題なく 本当に良かったですね♪

有難うございます。

実は、11月6日~10日の晩に掛けて、ゼローダを飲んでいなかったのですが、10日は、ほぼfull condition でした。

yuma さんのCT、PETの結果が良いこと、祈っています。

とりあえず、一区切り
のっぽ187
しろさん

>診察、血液検査の結果が良いとのこと、おめでとう ございます。

有難うございます。

とりあえず、一区切りです。

先日の南禅寺は、気温は丁度良い位で、天気も、とても良かったのですが、人が多かったですね。

紅葉は、もう少し後の方が見頃かな、と思いました。(紅葉が綺麗な時に行くと、寒いことが多いです。)

有難うございます。
のっぽ187
カブ太郎さん

有難うございます。

>ご無理をされないよう。

そうですね。無理しないように致します。



お蔭様で
のっぽ187
whitekiteさん

お蔭様で、再発予防目的の抗癌剤治療を終えることが出来ました。(昨晩は、ゼローダを飲んだのですが。)

今後を考える上で、12月10日のCTが重要なのですが、それまでは、のほほんと過ごそうと思っています。

信じて続けること
カノン
血液検査の結果も良く、少しお疲れが残ってしまったものの、週末の京都を楽しまれ、すべてが順調で、本当によかったです。

前回、教えていただきました糖尿病のお話は、人類の進化と、ヒトのあるべき姿を考える上で、とても含蓄に富んだ内容でした。
やはり、のっぽ先生は優秀なドクターであり、それでも、体調の管理やお薬の量では、試行錯誤を重ねていらっしゃる姿は、私たちが悩んだり迷ったりするのは当然と納得できて、元気づけられます。

主治医さんは、「無投薬で経過を見る」とおっしゃっているのですね。前回は、のっぽ先生も抗がん剤から解放されて、普通の生活を楽しむことを選択なさいました。
あれから、今村先生や中村先生の講演等で、新たな情報や知識を身につけてこられました。
12月のCTの結果も、必ず良いものと信じていますが、何も問題がない今だからこそ、やったほうがいいことなど、また難しい選択肢も増えているのかもしれません。

でも、難しいことを考えるのは、まだ先でもいいですよね。「がんに効く生活」が、のっぽ先生にとって、まさに血となり肉となっているところが、すごいです。実践の力ですね。


緑緑*ryuryu
8クールお疲れさまでした。
経過観察おめでとうございます。

でも実際にはまだしばらくゼローダを飲み続けるんですね。
体調を見て自分で薬の量を調節されていてすごいなーとブログを見てました。

私もなんとか8クールまでいけるといいなと思っています。
今回延期しちゃいましたが(^^;)

地図を手にした探険家
のっぽ187
カノンさん

お蔭様で、ここまで何とか来ることが出来ました。

お褒め頂き、大変、嬉しく思います。

医者としては、ほんと、「ぼちぼち」といった感じで、「優秀」と言われることは滅多に無いのですが、復職後は、自分の出来る仕事を一つ一つ、こなして行こう、と改めて思いました。

>体調の管理やお薬の量では、試行錯誤を重ねていらっしゃる姿は、私たちが悩んだり迷ったりするのは当然と納得できて、元気づけられます。

同じ事をしていても、日によって調子が違うので、「難しいな。」と事ある毎に思っていました。

>主治医さんは、「無投薬で経過を見る」とおっしゃっているのですね。

そうです。

「標準量で6ヶ月の投与は、再発の率を減らす。」ということは、明らかだと思うのですが(そういう比較試験の結果があるから、6ヶ月なのでしょう)、僕のように標準量での内服が出来なかった場合、何ヶ月、飲み続けたらいいのかは、誰にも分からないので、適当に続けようと考えています。

一応、復職する、少し前まで、飲もうかな、と思っています。

「がんに効く生活」を読んで、かなり考え方が変わりました。

この本を読むまでは、地図を持たずに南極地点を目指していた探検家のようなもので、「多分、こっちだろうけど、合っているのかな。」みたいな感じだったのですが、この本を読んでからは、「この山を越えると、しばらく平原が続いて、その向こうに・・・。」といった感じで、ある程度、安心して、歩いて行けるようになりました。(個人的には、この地図は、かなり正確だと思っています。)

お蔭様で
のっぽ187
緑緑*ryuryuさん

>8クールお疲れさまでした。

最後の方は、かなり嫌になっていたのですが、何とか24週間が経過しました。

>経過観察おめでとうございます。

有難うございます。

結腸が残っていれば、ここまでの下痢を来たす事は無く、もっと沢山、ゼローダを飲めると思うのですが、大腸が全く無い状況で、標準量(僕は12錠/日)を飲むのは不可能でした。

やむを得ず、自分で量を調節していました。

なお、下痢が酷くなると、気が滅入るので、「これ以上は飲めないな。」などと考えて、量を調節していました。

>私もなんとか8クールまでいけるといいなと思っています。

応援しています。

>今回延期しちゃいましたが(^^;)

個人的な見解なのですが、「遠出(遊びに行くとか)は、レギュラーな抗癌剤治療より優先順位が高いのでは。」と思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
のっぽ187先生

診察、血液検査の結果が良いとのこと、
おめでとう ございます。
自分のことのように嬉しいです。
南禅寺、懐かしいです、
紅葉と境内、人の多いのを想像しました、また好いものですね。
2010/11/09(Tue) 07:52 | URL  | しろ #-[ 編集]
のっぽ先生 こんばんは。
採血の結果が問題なく 本当に良かったですね♪
治療が終了したら お薬の副作用に悩まされることなく 体調も一層良くなることでしょう。
私も今月末にCTとPETの検査です。
マーカーに反応しないので画像診断だけが頼りです。
お互い良い結果が出ると良いですね♪
2010/11/10(Wed) 02:45 | URL  | yuma #YC5/QNVo[ 編集]
こんにちは
のっぽ187さん

調子よく行く事をご期待してます、ご無理をされないよう。


2010/11/10(Wed) 10:24 | URL  | カブ太郎 #-[ 編集]
よかったです!!
のっぽ先生、こんばんは。

よい結果が出てよかったです!
ほんとよかったです!!
ほっとなさっていることだろうと思うと、私もとてもなごやかな気持ちになりました。

私も12月はじめにCTやら超音波やら検査が待っていますが、のっぽ先生の報告を聞いて、自分も大丈夫な気分になりました。

これからも、のっぽ先生のぼちぼちを見習って、私もぼちぼち、いこうとおもいます。

2010/11/10(Wed) 22:03 | URL  | whitekite #-[ 編集]
有難うございます。
yumaさん

>採血の結果が問題なく 本当に良かったですね♪

有難うございます。

実は、11月6日~10日の晩に掛けて、ゼローダを飲んでいなかったのですが、10日は、ほぼfull condition でした。

yuma さんのCT、PETの結果が良いこと、祈っています。
2010/11/11(Thu) 05:30 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
とりあえず、一区切り
しろさん

>診察、血液検査の結果が良いとのこと、おめでとう ございます。

有難うございます。

とりあえず、一区切りです。

先日の南禅寺は、気温は丁度良い位で、天気も、とても良かったのですが、人が多かったですね。

紅葉は、もう少し後の方が見頃かな、と思いました。(紅葉が綺麗な時に行くと、寒いことが多いです。)
2010/11/11(Thu) 05:33 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
有難うございます。
カブ太郎さん

有難うございます。

>ご無理をされないよう。

そうですね。無理しないように致します。

2010/11/11(Thu) 05:36 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
お蔭様で
whitekiteさん

お蔭様で、再発予防目的の抗癌剤治療を終えることが出来ました。(昨晩は、ゼローダを飲んだのですが。)

今後を考える上で、12月10日のCTが重要なのですが、それまでは、のほほんと過ごそうと思っています。
2010/11/11(Thu) 05:54 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
信じて続けること
血液検査の結果も良く、少しお疲れが残ってしまったものの、週末の京都を楽しまれ、すべてが順調で、本当によかったです。

前回、教えていただきました糖尿病のお話は、人類の進化と、ヒトのあるべき姿を考える上で、とても含蓄に富んだ内容でした。
やはり、のっぽ先生は優秀なドクターであり、それでも、体調の管理やお薬の量では、試行錯誤を重ねていらっしゃる姿は、私たちが悩んだり迷ったりするのは当然と納得できて、元気づけられます。

主治医さんは、「無投薬で経過を見る」とおっしゃっているのですね。前回は、のっぽ先生も抗がん剤から解放されて、普通の生活を楽しむことを選択なさいました。
あれから、今村先生や中村先生の講演等で、新たな情報や知識を身につけてこられました。
12月のCTの結果も、必ず良いものと信じていますが、何も問題がない今だからこそ、やったほうがいいことなど、また難しい選択肢も増えているのかもしれません。

でも、難しいことを考えるのは、まだ先でもいいですよね。「がんに効く生活」が、のっぽ先生にとって、まさに血となり肉となっているところが、すごいです。実践の力ですね。
2010/11/11(Thu) 23:25 | URL  | カノン #-[ 編集]
8クールお疲れさまでした。
経過観察おめでとうございます。

でも実際にはまだしばらくゼローダを飲み続けるんですね。
体調を見て自分で薬の量を調節されていてすごいなーとブログを見てました。

私もなんとか8クールまでいけるといいなと思っています。
今回延期しちゃいましたが(^^;)
2010/11/12(Fri) 18:04 | URL  | 緑緑*ryuryu #B6hI6adY[ 編集]
地図を手にした探険家
カノンさん

お蔭様で、ここまで何とか来ることが出来ました。

お褒め頂き、大変、嬉しく思います。

医者としては、ほんと、「ぼちぼち」といった感じで、「優秀」と言われることは滅多に無いのですが、復職後は、自分の出来る仕事を一つ一つ、こなして行こう、と改めて思いました。

>体調の管理やお薬の量では、試行錯誤を重ねていらっしゃる姿は、私たちが悩んだり迷ったりするのは当然と納得できて、元気づけられます。

同じ事をしていても、日によって調子が違うので、「難しいな。」と事ある毎に思っていました。

>主治医さんは、「無投薬で経過を見る」とおっしゃっているのですね。

そうです。

「標準量で6ヶ月の投与は、再発の率を減らす。」ということは、明らかだと思うのですが(そういう比較試験の結果があるから、6ヶ月なのでしょう)、僕のように標準量での内服が出来なかった場合、何ヶ月、飲み続けたらいいのかは、誰にも分からないので、適当に続けようと考えています。

一応、復職する、少し前まで、飲もうかな、と思っています。

「がんに効く生活」を読んで、かなり考え方が変わりました。

この本を読むまでは、地図を持たずに南極地点を目指していた探検家のようなもので、「多分、こっちだろうけど、合っているのかな。」みたいな感じだったのですが、この本を読んでからは、「この山を越えると、しばらく平原が続いて、その向こうに・・・。」といった感じで、ある程度、安心して、歩いて行けるようになりました。(個人的には、この地図は、かなり正確だと思っています。)
2010/11/15(Mon) 21:38 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
お蔭様で
緑緑*ryuryuさん

>8クールお疲れさまでした。

最後の方は、かなり嫌になっていたのですが、何とか24週間が経過しました。

>経過観察おめでとうございます。

有難うございます。

結腸が残っていれば、ここまでの下痢を来たす事は無く、もっと沢山、ゼローダを飲めると思うのですが、大腸が全く無い状況で、標準量(僕は12錠/日)を飲むのは不可能でした。

やむを得ず、自分で量を調節していました。

なお、下痢が酷くなると、気が滅入るので、「これ以上は飲めないな。」などと考えて、量を調節していました。

>私もなんとか8クールまでいけるといいなと思っています。

応援しています。

>今回延期しちゃいましたが(^^;)

個人的な見解なのですが、「遠出(遊びに行くとか)は、レギュラーな抗癌剤治療より優先順位が高いのでは。」と思っています。
2010/11/15(Mon) 22:00 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック