癌との共存を目指しています。
健康保険の問題は、なかなか手強く、1回や2回の電話での問い合わせだけでは全貌を掴むことが出来ないようだ。先日、カノンさんから、急所を突く一手(将棋モードですが)とも言うべき素晴らしい御指摘を戴いた。コメントの一部を抜粋する。

>退職した方が健保を任意継続する場合、在職者と異なるのは、 平均標準報酬月額が上限(政府管掌健康保険の場合は28万円) になるということです。標準報酬月額が50万円だった方も28万円 とみなされるわけです。2倍にはなりますが、支払保険料自体は下がりますよね。

>ただ、この上限は、残念なことに、傷病手当金の算定にも用いられます。

「そうか。傷病手当の金額も下がってしまうのか。」と驚き、その後、数秒、僕は凍り付いてしまった。

凍り付いているだけでは物事は解決しないので、二つの道を想定して、支払う金額をシミュレーションしてみたいと思う。

国民健康保険に入る場合(平成20年9月6日~平成22年9月5日の2年間)

支払う金額は、国保料については、49166円/月で今年は行くことになる。(私の住んでいる市町村では、この額であるそうだ。)従って、49166円*4=196664円を20年9月~12月で払うことになる。
なお、平成20年の所得は、1月25日、2月25日、3月25日辺りで勤務先の病院から振り込まれた金額の合計のみであり、その総和をY万円とする。来年の国民健康保険の支払額など見当もつかないが、ここは無理矢理、計算して、1ヶ月当たり、49166円*(Y-33)/600とする。(私の住んでいる市町村では基準所得が600万円以上の人を上位所得者としている。あと、総所得から33万円を引いたものを基準所得としている。)従って、平成21年は、49166円*(Y-33)/50を一年間に支出することとなる。
平成21年は全く働かずに過ごすとすると、当然、所得はゼロとなる。この場合、国保料は、月々2000円、3000円という金額になるとのことである。3000円とすると、3000円*9=27000円の支払いとなる。
あと、高額療養費の支給が問題となって来る。自分が今後、どういう経過を辿り、どういう治療を受けるようになるのかは、神のみぞ知る、ではあるが、ここは楽観的に、今、受けている化学療法(FOLFOX)が12回で終了し、その後は3ヶ月に一度、画像(CTなど)での評価を受ける、とする。
今、6回目が終了したところである。8月に2回受けるので、9月以降、4回残る。7月は、2回、化学療法を受けて、都合129560円であった。(大腸ファイバーも受けているが、この時の費用はカウントに入れていない。)国保に切り替わると、保険者が変わり、政府管掌健康保険時に使えていた多数該当が使えなくなる。要はまた、1回目からカウントするということだ。もっと言うと、個人負担の上限額がまたまた15万円に逆戻りする、ということだ。色んな可能性があるが、ここでは僕が今後も今の状態を維持できていると考えるので、ずっと個人負担額は15万円に届かない、とする。
2年間での個人負担額は、20年9月、10月の化学療法と内服薬代が129560円*2、CTなどの画像検査が一回、15000円とすると、3ヶ月おきだから、15000円*4*2となる。合計すると、379120円となる。

任意継続だと、(平成20年9月5日から2年間)
保険料は、22960円/月*24=551040円
医療費は、44400円/月 以上だと返って来る。平成20年9月、10月の化学療法は、44400円*2でカバー出来ることになる。なお、画像検査については、それ単独で44400円を超えることはないだろうから、上に同じ。都合、208800円となる。

ここまで計算して、今、やっと気付いたのだが、要は、国保にすると、ようけ傷病手当金が貰える(恐らく)けど、医療費の支出が大きくなる、ということなのだ。医療費が少ない、すなわち、僕が良い経過を辿れば、国保の方が得だろう。しかし、ようけ医療費がかかると、ある一定額を超えたところから、国保が損になる、任意継続の方が得になる、ということだ。

あと、それぞれのケースでの傷病手当金を計算し、どっちが得か、判断すればいいのだろうが、正直、これを書いていて、かなり疲れた。途中だが、ここでエントリーは終了とする。

僕は、自分が良い経過を辿ると確信しているので、心情的には国保に切り替えたい。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/08/02 17:37】 | お金のこと
トラックバック(0) |

No title
うさみみ
分野が全然違いますが、うさみみが以前書いた日記と同じように、あっちを立てればこっちが立たずですね。

この場合は、お金の損得だけの判断ではない部分がありそうですが、無理せずゆっくり検討してください(^^♪


国民健康保険
カノン
急所ははずしたつもりでしたが、突いていましたか。失礼しました(笑)。
それにしても煩雑な計算になるんですねえ。
国保か健保の任意継続かだけではなく、医療費の支払がそこに
からんでくるのですものね。

今回、私がお手伝いできるとしましたら、来年納付の国民健康保険税
の計算くらいだと思います。途中まで、所得税の計算と同じなので。
もううんざりの場合は、以下省略してくださいね(笑)。

私の住む市では、
 国民健康保険税=医療分+後期高齢者支援金分 となります。
             医療分=所得割+資産割+均等割+平等割

資産割は固定資産税の納付額がある場合で、均等割と平等割は、
役場のHPに掲載されていると思います。
ですから、一番難しい所得割さえわかれば、大丈夫でしょうか。

所得割=基準総所得金額×保険料率
所得割の計算のもとになる基準総所得金額は次のように求めます。
基準総所得金額=給与の収入金額-給与所得控除額-33万円
例えば、給料が1か月70万円と仮定しましょう。
給与の収入金額=700,000×3=2,100,000
給与所得控除額=2,100,000×30%+180,000=810,000
[180万円を超え360万円以下の場合
      収入金額×30%+180,000 ]国税庁HP
基準総所得金額=2,100,000-810,000-330,000=960,000
所得割=960,000×保険料率 率は市町村のHPで見ます

ますます、わかりづらくなったかもしれませんね。
でも、市町村の相談室とか、きっと良い方法が見つかると思います。

「社会不安障害」は、実はただいま私の卒業研究のテーマなのです。
私の参考文献と臨床医さんの教科書が同じだったなんて。
ちょっと心配、いえ、ものすごくこわいです(笑)。
なぜ、社会人なのに卒業研究かと申しますと・・・つづく

No title
ran
拝見してて・・・・
病気になったのが自分でよかった。って思っちゃいました
なんて言ったら不謹慎かも。。。。(;^_^ A フキフキ
損得ではないけど
自分の生活は誰も守ってくれませんから必要なんですが、難しい

取る時は強制でサービスは申告だものね

9月まで一か月。まだまだ時間はあります。あせらず何がいいのかゆっくり検討してください。

あっちを立てればこっちが立たず
のっぽ187
うさみみさん

>あっちを立てればこっちが立たずですね。

全く同感です。

>無理せずゆっくり検討してください。

ほんと、そうします。

取る時は強制、サービスは申告
のっぽ187
ranさん

>取る時は強制でサービスは申告だものね

核心を突いたコメントですね。何となく、そんな気がしていたのですが、ranさんに言われて、はっと思いました。素晴らしい!

>9月まで一か月。まだまだ時間はあります。あせらず何がいいのかゆっくり検討してください。

そうします。焦らず・・・ですね。

いつもいつも有難うございます。
のっぽ187
カノンさん

>来年納付の国民健康保険税の計算

いつもいつも有難うございます。
一通り、目を通しました。何度か読まないと、頭に入らないので、また日を改めて読んでみます。

>ますます、わかりづらくなったかもしれませんね。 でも、市町村の相談室とか、きっと良い方法が見つかると思います。

いえいえ、そんなこと、ないです。一つ一つ、クリアして行きたいと思います。

>「社会不安障害」は、実はただいま私の卒業研究のテーマなのです。 私の参考文献と臨床医さんの教科書が同じだったなんて。
ちょっと心配、いえ、ものすごくこわいです(笑)。

実際、私達の多くは、そんなもんだと思います(笑)。

>なぜ、社会人なのに卒業研究かと申しますと・・・つづく

続き、楽しみにしています。

国保と任意継続の比較は、考慮すべき事柄が多く、また、医療費の支払いが絡んでくる(どれ位、医療費がかかるか、なんて今の時点では全然、分からない)ので、正確な比較は困難だと思います。大雑把には、傷病手当金をどれくらい貰えるか(特に国保)が焦点になって来ると思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
分野が全然違いますが、うさみみが以前書いた日記と同じように、あっちを立てればこっちが立たずですね。

この場合は、お金の損得だけの判断ではない部分がありそうですが、無理せずゆっくり検討してください(^^♪
2008/08/03(Sun) 17:15 | URL  | うさみみ #-[ 編集]
国民健康保険
急所ははずしたつもりでしたが、突いていましたか。失礼しました(笑)。
それにしても煩雑な計算になるんですねえ。
国保か健保の任意継続かだけではなく、医療費の支払がそこに
からんでくるのですものね。

今回、私がお手伝いできるとしましたら、来年納付の国民健康保険税
の計算くらいだと思います。途中まで、所得税の計算と同じなので。
もううんざりの場合は、以下省略してくださいね(笑)。

私の住む市では、
 国民健康保険税=医療分+後期高齢者支援金分 となります。
             医療分=所得割+資産割+均等割+平等割

資産割は固定資産税の納付額がある場合で、均等割と平等割は、
役場のHPに掲載されていると思います。
ですから、一番難しい所得割さえわかれば、大丈夫でしょうか。

所得割=基準総所得金額×保険料率
所得割の計算のもとになる基準総所得金額は次のように求めます。
基準総所得金額=給与の収入金額-給与所得控除額-33万円
例えば、給料が1か月70万円と仮定しましょう。
給与の収入金額=700,000×3=2,100,000
給与所得控除額=2,100,000×30%+180,000=810,000
[180万円を超え360万円以下の場合
      収入金額×30%+180,000 ]国税庁HP
基準総所得金額=2,100,000-810,000-330,000=960,000
所得割=960,000×保険料率 率は市町村のHPで見ます

ますます、わかりづらくなったかもしれませんね。
でも、市町村の相談室とか、きっと良い方法が見つかると思います。

「社会不安障害」は、実はただいま私の卒業研究のテーマなのです。
私の参考文献と臨床医さんの教科書が同じだったなんて。
ちょっと心配、いえ、ものすごくこわいです(笑)。
なぜ、社会人なのに卒業研究かと申しますと・・・つづく
2008/08/03(Sun) 21:34 | URL  | カノン #-[ 編集]
No title
拝見してて・・・・
病気になったのが自分でよかった。って思っちゃいました
なんて言ったら不謹慎かも。。。。(;^_^ A フキフキ
損得ではないけど
自分の生活は誰も守ってくれませんから必要なんですが、難しい

取る時は強制でサービスは申告だものね

9月まで一か月。まだまだ時間はあります。あせらず何がいいのかゆっくり検討してください。
2008/08/03(Sun) 23:31 | URL  | ran #LA1CAGAE[ 編集]
あっちを立てればこっちが立たず
うさみみさん

>あっちを立てればこっちが立たずですね。

全く同感です。

>無理せずゆっくり検討してください。

ほんと、そうします。
2008/08/04(Mon) 00:17 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
取る時は強制、サービスは申告
ranさん

>取る時は強制でサービスは申告だものね

核心を突いたコメントですね。何となく、そんな気がしていたのですが、ranさんに言われて、はっと思いました。素晴らしい!

>9月まで一か月。まだまだ時間はあります。あせらず何がいいのかゆっくり検討してください。

そうします。焦らず・・・ですね。
2008/08/04(Mon) 00:20 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
いつもいつも有難うございます。
カノンさん

>来年納付の国民健康保険税の計算

いつもいつも有難うございます。
一通り、目を通しました。何度か読まないと、頭に入らないので、また日を改めて読んでみます。

>ますます、わかりづらくなったかもしれませんね。 でも、市町村の相談室とか、きっと良い方法が見つかると思います。

いえいえ、そんなこと、ないです。一つ一つ、クリアして行きたいと思います。

>「社会不安障害」は、実はただいま私の卒業研究のテーマなのです。 私の参考文献と臨床医さんの教科書が同じだったなんて。
ちょっと心配、いえ、ものすごくこわいです(笑)。

実際、私達の多くは、そんなもんだと思います(笑)。

>なぜ、社会人なのに卒業研究かと申しますと・・・つづく

続き、楽しみにしています。

国保と任意継続の比較は、考慮すべき事柄が多く、また、医療費の支払いが絡んでくる(どれ位、医療費がかかるか、なんて今の時点では全然、分からない)ので、正確な比較は困難だと思います。大雑把には、傷病手当金をどれくらい貰えるか(特に国保)が焦点になって来ると思います。
2008/08/04(Mon) 01:12 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック