癌との共存を目指しています。
このブログをどうして書いているのかと言うと、

①大腸癌や他の癌の人が、このブログを読んで、治療を受ける上で参考になればいいな、と考えている。
②僕の癌治療の備忘録として書いている。
③実生活での人間関係が、どちらかと言うと、希薄なので、このブログを通して、気持ち良く対人交流をしたいな、と考えている。
④自分の癌のことだけではなく、自分が思うところも、たまには、書きたいな、と考えている。また、それを表明する場として用いている。

である。
山梨大学医学部2年生、115人中25人留年http://noppo187.blog39.fc2.com/blog-entry-282.htmlの記事には、多くのコメントが付きました。コメントそのものは、歓迎しているのですが、読んでいて、「失礼だな。」と感じるコメントがありました。

記事やコメントのところで、比較的、書きたいことを書いているので、それを読んで、「それは違うのではないか。」とか「それは、おかしい。」と感じる人も、相当数いると思います。人の意見は、なるべく聞き入れるようにしよう、と考えてはいますが、無理はしないようにしています。自分の身体にとって、ストレスと感じられることは、極力、排除する方針にあります。

従って、コメントのやり取りを通して、結論を出すことより、自分の感情を大切にすることにしました。要は、「不快だな。」と感じられるコメントについては、僕の判断で、これを削除します。

現実の社会や、他のウェブサイトでは、別な対応をしているのかも知れません。しかし、拙ブログにおいては、上記の対応をしたいと思います。

ご理解の程、よろしくお願い致します。

なお、これまでコメントを頂いた方のうち、その大半は、上記に当たらない(当たらないので、お返事をして来ました)と考えています。


追記を閉じる▲
山梨大学医学部2年生、115人中25人留年http://noppo187.blog39.fc2.com/blog-entry-282.htmlの記事には、多くのコメントが付きました。コメントそのものは、歓迎しているのですが、読んでいて、「失礼だな。」と感じるコメントがありました。

記事やコメントのところで、比較的、書きたいことを書いているので、それを読んで、「それは違うのではないか。」とか「それは、おかしい。」と感じる人も、相当数いると思います。人の意見は、なるべく聞き入れるようにしよう、と考えてはいますが、無理はしないようにしています。自分の身体にとって、ストレスと感じられることは、極力、排除する方針にあります。

従って、コメントのやり取りを通して、結論を出すことより、自分の感情を大切にすることにしました。要は、「不快だな。」と感じられるコメントについては、僕の判断で、これを削除します。

現実の社会や、他のウェブサイトでは、別な対応をしているのかも知れません。しかし、拙ブログにおいては、上記の対応をしたいと思います。

ご理解の程、よろしくお願い致します。

なお、これまでコメントを頂いた方のうち、その大半は、上記に当たらない(当たらないので、お返事をして来ました)と考えています。

FC2blog テーマ:その他 - ジャンル:その他

【2010/08/01 16:00】 | 拙ブログの方針
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


どう致しまして。
のっぽ187
匿名の方へ

>のっぽ先生のブログ本当に役立ちます。

有難うございます。情報源という観点から見ると、僕が新しい薬や検査に十分、ついて行っていないので、「どうかな。」と思っていたのですが、そう言って頂けて、大変、嬉しく思います。

コメントに対する返答については、僕なりに気を配っているつもりなのですが、「まだまだ、至らないな。」と思うことがあります。

提示して頂いたブログですが、「大人気ない。」と思いました。

僕は、実生活で人と接するのと同じように、インターネット上でも接するようにしているのですが、そうでない人もいるようですね。

インターネットの使用を避けて、この先、生きて行くということは、不可能である、と僕は考えています。そう考える以上、インターネット上で、もっと上手に人と付き合えるようになりたいな、と思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/01(Sun) 21:49 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/01(Sun) 22:42 |   |  #[ 編集]
どう致しまして。
匿名の方へ

>のっぽ先生のブログ本当に役立ちます。

有難うございます。情報源という観点から見ると、僕が新しい薬や検査に十分、ついて行っていないので、「どうかな。」と思っていたのですが、そう言って頂けて、大変、嬉しく思います。

コメントに対する返答については、僕なりに気を配っているつもりなのですが、「まだまだ、至らないな。」と思うことがあります。

提示して頂いたブログですが、「大人気ない。」と思いました。

僕は、実生活で人と接するのと同じように、インターネット上でも接するようにしているのですが、そうでない人もいるようですね。

インターネットの使用を避けて、この先、生きて行くということは、不可能である、と僕は考えています。そう考える以上、インターネット上で、もっと上手に人と付き合えるようになりたいな、と思っています。
2010/08/04(Wed) 00:19 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック