癌との共存を目指しています。
みづきの末期直腸ガンからの復活の記録http://kirin62.blog62.fc2.com/の最後の記事、闘いの終焉より抜粋。

みづきの場合、やはり効果があったのは、毎日1時間以上の散歩、無農薬野菜を中心とした玄米菜食の食事、ガンに負けないという気持ち、この3つだと思います。ガンに効くというサプリメント類は世の中に山のようにありますが、ほとんど使いませんでした。(中略)しかし、実際には運動・食事・精神の三本柱で闘う事ができると思います。(抜粋終わり)

散歩は、1日5,6km歩いている。時速5kmで歩いているとすると、1日当たり1時間強、歩いていることになる。

無農薬野菜ではないけど、野菜をよく食べるようにしているし、主食は玄米か和蕎麦。(玄米だけだと、飽きてしまうだろうから。)

ガンに負けないというか、ベストを尽くす、といった心境だが、大差はないだろう。(その人にとって、ベストなメンタリティを保つのが良いと思う。なお、fighting spiritを持っている群が一番、生存率が高かった、というデータを別の本で読んだことがある。)

サプリメントは、これまで口にしたことはない。(栄養は口から摂りたい。)

みずきさんのブログは、ほぼ2年ぶりに覗いたのだが、書いてあることが、自分がしようとしていること、現在していることと殆ど同じなので、驚いてしまった。彼女達は、「がんに効く生活」の英語版を既に読んでいたか、この本に書かれている内容を別の本やサイトで知っていたのだろう。(知らずに、ここまで一致するのは、少し考えにくい。)

僕は、抗癌剤の効果についても、ある程度、評価をしているのだが(それこそ、比較試験で効果は証明されている)、効果があるとされている量を、どう考えても、摂取し続けることが出来ないので、「2本立て」で行こうと考えている。(高橋豊先生が提唱される、grade 1の副作用が出る量についても、大腸を全摘しているので、もともとの下痢状態からgradeが1つ上がって、漏便となってしまい、厳しい。)

とにかくベストを尽くそうと考えているのだが、同じ事をしていた人がすでにいたことに改めて驚き、記事にした。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/31 05:20】 | 自分の体
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック