癌との共存を目指しています。
昨夜もゼローダ3錠を飲んで寝た。朝が起きられないが、仕事に行っていないので、実害はない。便は、水様であり、少しうんざりするが、全く副作用がない、ということはあり得ないと思うので、目をつむる。

銀行、郵便局へ行く用事があり、雨の中、傘をさして、最寄の駅まで歩く。都合、1時間15分ほど歩いた。最後の15分位は、足に来たが、強い便意に悩まされることもなく、無事、仕事を終えることが出来た。いつも混んでいる郵便局だが、雨が降っていたせいか、殆ど客は居なかった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/10 00:02】 | 自分の体
トラックバック(0) |


yuma
のっぽ先生こんばんは♪
副作用 少し落ち着いているようですね。

私は今日から治療のため入院しています。
3クール目なので終わったらCT検査です。
少しでも効果があったらいいのですが なかなか難しそうです(^^;)

この前 丹波篠山方面へドライブしたときに「筱見四十八滝」という滝を見つけました。
四十八滝と言っても実際には8つの滝から成っているのですが 始終水が流れているというところからそう名づけられたとか。
一番上の滝まで登ったら1時間くらいだそうで 行ってみたかったのですが 鎖場などもあり きちんとした装備で登らないと危険だと書いてあったので 一番下の滝だけ見て諦めました。

でも 森林の中を歩くだけでも癒されますね。
今度はちゃんと登山靴を履いてもう少し上まで行ってみたいです。 

滝、いいですね。
のっぽ187
yumaさん

お蔭様で、比較的、快適に過ごせています。(今日は、少し肛門の内側が痛かったですが。)

>私は今日から治療のため入院しています。

ご苦労様です。

>この前 丹波篠山方面へドライブしたときに「筱見四十八滝」という滝を見つけました。

一昨年の11月に車を手放してから、ドライブはしていないのですが、時々したくなることがあります。

丹波篠山ですか。行ったことないです。

滝は僕も好きです。四国に住んでいた頃は、車で、何度か滝を見に行きました。

>でも 森林の中を歩くだけでも癒されますね。

そうですね。それは、僕も明確に感じます。

>今度はちゃんと登山靴を履いてもう少し上まで行ってみたいです。 

そうですね。

僕は、開腹手術を受けてから、トイレが近くなり、行動範囲が狭まったように思います。以前は、そういった山道は、どんどん歩いていたのですが。

歩くことを心掛けようと改めて思いました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
のっぽ先生こんばんは♪
副作用 少し落ち着いているようですね。

私は今日から治療のため入院しています。
3クール目なので終わったらCT検査です。
少しでも効果があったらいいのですが なかなか難しそうです(^^;)

この前 丹波篠山方面へドライブしたときに「筱見四十八滝」という滝を見つけました。
四十八滝と言っても実際には8つの滝から成っているのですが 始終水が流れているというところからそう名づけられたとか。
一番上の滝まで登ったら1時間くらいだそうで 行ってみたかったのですが 鎖場などもあり きちんとした装備で登らないと危険だと書いてあったので 一番下の滝だけ見て諦めました。

でも 森林の中を歩くだけでも癒されますね。
今度はちゃんと登山靴を履いてもう少し上まで行ってみたいです。 
2010/07/13(Tue) 21:12 | URL  | yuma #YC5/QNVo[ 編集]
滝、いいですね。
yumaさん

お蔭様で、比較的、快適に過ごせています。(今日は、少し肛門の内側が痛かったですが。)

>私は今日から治療のため入院しています。

ご苦労様です。

>この前 丹波篠山方面へドライブしたときに「筱見四十八滝」という滝を見つけました。

一昨年の11月に車を手放してから、ドライブはしていないのですが、時々したくなることがあります。

丹波篠山ですか。行ったことないです。

滝は僕も好きです。四国に住んでいた頃は、車で、何度か滝を見に行きました。

>でも 森林の中を歩くだけでも癒されますね。

そうですね。それは、僕も明確に感じます。

>今度はちゃんと登山靴を履いてもう少し上まで行ってみたいです。 

そうですね。

僕は、開腹手術を受けてから、トイレが近くなり、行動範囲が狭まったように思います。以前は、そういった山道は、どんどん歩いていたのですが。

歩くことを心掛けようと改めて思いました。
2010/07/14(Wed) 01:15 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック