癌との共存を目指しています。
しろさん、カノンさん、お返事はまた日を改めて致します。

白血球4100、その他、特に問題なし。オキサリプラチン50mgの点滴を受けて来た。

午後7時現在、足のだるさ、左右の大腿内側が重く痺れる感じがする。それ以外、大きな問題なし。昼食を通院先の病院で摂ったのだが、この時、お茶を450ml位、飲んでしまい、化学療法中、危うく便を漏らしそうになった。食事時とは言え、がぶ飲みするなよ、ということか。大腸を全部、取って困るのは、この辺り。

化学療法後に診察があった。3週間後の7月19日が祝日なので、20日にしますか、26日にしますか、と言われた。主治医曰く、「どちらでも大して変わらないですが。」とのこと。5秒ほど考えて、26日を選択。「どちらでも変わらない」の意味するところは、「癌があったとしても、1週間では、それ程、大きくならないでしょう。」と解釈した。

後、主治医にゼローダを4錠/日で飲んでいることを伝えた。

29日のパラグアイ戦は、たぶん見れると思う。

化学療法は、たぶん、こんな感じでいいんじゃないか、と思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/06/28 19:15】 | 自分の体
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック