癌との共存を目指しています。
昨晩も、ゼローダ3錠を寝る前に内服。副作用は、よく眠る(12時間くらい)、身体が少し重い、トイレが近くなった(6,7回/日が10~12回/日に増えている)、少し食欲が落ちた(すぐお腹一杯になる)位か。

今回のオキサリプラチン50mg/3週間とゼローダ3錠/日で治癒もしくは再発する癌の数を減らし、手術に持ち込むことを目指しているのだが、これが治癒を見込めない状況なら、この治療を受けるかどうかは微妙である。あまり効果がなさそうなら、この治療は受けないだろう。

身体が重いこと、便意を頻繁に感じることもあって、あまり散歩をしようという気が湧かない。

散歩する元気が湧く位でないと、「どうかな。」と思う。

先日、しろさんから頂いたビデオを見て、オキサリプラチン、イリノテカン、5-FU、カペシタビン(ゼローダ)の効果は明らかに存在することが分かった。しかし、自由を奪われた状況での延命は、どれ程の価値があるのだろう、とふと思った。

効果があり、副作用があまり出ないタイプの人にとっては、抗癌剤治療は大きな福音だと思うが、効果があまり出ない人もしくは副作用がそれなりに出る人にとっての抗癌剤治療は、悩ましい存在だと思う。

直感的に思うのだが、無治療という選択肢は意外とあり、ではないか、と思う。(僕の場合だと、ゼローダ0.5錠/日と無治療を比較するとか。)

===============

僕の価値観では、こう思う、と書いているだけであって、全ての人にとって、上記が最善という訳ではないと思います。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/06/11 17:41】 | 自分の体
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


抗癌剤の副作用と副作用止めについての私見
のっぽ187
匿名の方へ

例えば、身体のだるさに対しては、いい薬はないと思います。

>精神安定剤(クロルプロマジン、ワイパックス)

この辺りは、患者さんに時々処方しますが、身体のだるさは取れないと思います。

>少量のステロイド剤の内服

人によって反応がまちまちなので(僕は眠れなくなる)、副作用への対応としては、一般化出来ないと思っています。

あと、人によって、意見の分かれるところだと思いますが、ヒスロンHによって得られる食欲亢進と自然な食欲(「ああ、お腹、すいた。」という感じ)は別物ではないか、と考えています。(「贅沢、言うな。」と突っ込まれそうですが。)

吐き気止めの薬は、いつもオキサリプラチンの点滴をする前に、点滴してもらうのですが、6時間位で効果が切れてしまいます。人によって、効果の持続時間が違うと思うのですが、オキサリプラチンによる胃のむかつきを完全に抑えるためには、もう一度(オキサリプラチンの点滴が終わった後、3時間半位してから)、吐き気止めを再度、点滴してもらう必要があると思います。仮にオキサリプラチンを午後1時半から午後3時半の2時間で点滴してもらうとすると、吐き気止めの薬は午後7時頃から開始するのが良いと思うのですが、これは入院しないと受けられません。

ということで、抗癌剤の副作用を副作用止めだけで抑えるのは、難しいと思います。少なくとも、かなりきめ細かな対応をしないと(公立の総合病院の多くは、対応出来ないと思います)、それなりの副作用に見舞われると思います。

あと、白血球減少に対し、ノイアップ(白血球を増やす薬)を使うのですが、白血球が3000以下もしくは2000以下に減っているのであれば、通常は、骨髄抑制を惹き起こしている抗癌剤を休むのが筋だと思います。(抗癌剤の副作用により骨髄で白血球が作られなくなる結果、血液中の白血球の数が減ります。)

便意
めえめえ
のっぽ先生

無治療に関しては私が実践中ですが、周りからは「勇気あるね!」と言われています。やっぱり駄目だったねと言われないようにがんばるしかありません(笑)。

便意に関しては大腸がん患者(抗がん剤治療中。無治療関係なく)誰しも悩むところです。私も仕方がないことと諦めていました。
しかし、経験から「食べる量を減らせば頻便が治まる」と言うことが分かったので、実践してトイレの悩みは解消されました。「カロリー抑えて食物繊維のあるもの」と言うことで大量の野菜・果物・海草を摂取していた頃は1日10回トイレということもしばしばでした。今は2回ぐらいです。お腹がすいたら水分(野菜ジュース、コーヒーなど)を補給しています。
のっぽ先生、薬の副作用だけによる頻便ならば役立たないかと思いますが、ご参考までに。どうぞお大事になさって下さい。

素晴らしいアドバイス、本当に有難うございます。
のっぽ187
めえめえさん

大腸の癌を取った後は、再発率が高いと考えられる場合(ステージⅢbとかⅣとか、リンパ節転移が多く見られる場合とか)、抗癌剤治療をした方が得だと思います。

しかし、一回、抗癌剤を使って、副作用が強く出た場合は、二回目以降、抗癌剤を使わないという選択肢はあり、だと思います。

副作用が出易い人にとって、「副作用は確実、効果の程は分からない」のですから、http://learning-ganjoho.ncc.go.jp/p83995488を見て、「効果にあまり差はない。」と感じられるのであれば、抗癌剤治療を受けない、というのは、十分、理解出来る答えだと思います。

後半のところについては、素晴らしいアドバイス、本当に有難うございます。

野菜、果物は、なるべく多く摂るようにしていました。種類を多く摂ることは、依然、大事だと考えているのですが、一つの種類のものを多く摂るのは避けてみようと思いました。

あと、付き合いで、ケーキやお菓子を食べる機会があるのですが、それは避けようと思いました。(食べる量が限られているのであれば、栄養価の高いものを主に食べるべきだと思いました。)

正直、便のことですごく困っていたので、とても助かりました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/11(Fri) 23:30 |   |  #[ 編集]
抗癌剤の副作用と副作用止めについての私見
匿名の方へ

例えば、身体のだるさに対しては、いい薬はないと思います。

>精神安定剤(クロルプロマジン、ワイパックス)

この辺りは、患者さんに時々処方しますが、身体のだるさは取れないと思います。

>少量のステロイド剤の内服

人によって反応がまちまちなので(僕は眠れなくなる)、副作用への対応としては、一般化出来ないと思っています。

あと、人によって、意見の分かれるところだと思いますが、ヒスロンHによって得られる食欲亢進と自然な食欲(「ああ、お腹、すいた。」という感じ)は別物ではないか、と考えています。(「贅沢、言うな。」と突っ込まれそうですが。)

吐き気止めの薬は、いつもオキサリプラチンの点滴をする前に、点滴してもらうのですが、6時間位で効果が切れてしまいます。人によって、効果の持続時間が違うと思うのですが、オキサリプラチンによる胃のむかつきを完全に抑えるためには、もう一度(オキサリプラチンの点滴が終わった後、3時間半位してから)、吐き気止めを再度、点滴してもらう必要があると思います。仮にオキサリプラチンを午後1時半から午後3時半の2時間で点滴してもらうとすると、吐き気止めの薬は午後7時頃から開始するのが良いと思うのですが、これは入院しないと受けられません。

ということで、抗癌剤の副作用を副作用止めだけで抑えるのは、難しいと思います。少なくとも、かなりきめ細かな対応をしないと(公立の総合病院の多くは、対応出来ないと思います)、それなりの副作用に見舞われると思います。

あと、白血球減少に対し、ノイアップ(白血球を増やす薬)を使うのですが、白血球が3000以下もしくは2000以下に減っているのであれば、通常は、骨髄抑制を惹き起こしている抗癌剤を休むのが筋だと思います。(抗癌剤の副作用により骨髄で白血球が作られなくなる結果、血液中の白血球の数が減ります。)
2010/06/12(Sat) 00:11 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
便意
のっぽ先生

無治療に関しては私が実践中ですが、周りからは「勇気あるね!」と言われています。やっぱり駄目だったねと言われないようにがんばるしかありません(笑)。

便意に関しては大腸がん患者(抗がん剤治療中。無治療関係なく)誰しも悩むところです。私も仕方がないことと諦めていました。
しかし、経験から「食べる量を減らせば頻便が治まる」と言うことが分かったので、実践してトイレの悩みは解消されました。「カロリー抑えて食物繊維のあるもの」と言うことで大量の野菜・果物・海草を摂取していた頃は1日10回トイレということもしばしばでした。今は2回ぐらいです。お腹がすいたら水分(野菜ジュース、コーヒーなど)を補給しています。
のっぽ先生、薬の副作用だけによる頻便ならば役立たないかと思いますが、ご参考までに。どうぞお大事になさって下さい。
2010/06/12(Sat) 09:36 | URL  | めえめえ #-[ 編集]
素晴らしいアドバイス、本当に有難うございます。
めえめえさん

大腸の癌を取った後は、再発率が高いと考えられる場合(ステージⅢbとかⅣとか、リンパ節転移が多く見られる場合とか)、抗癌剤治療をした方が得だと思います。

しかし、一回、抗癌剤を使って、副作用が強く出た場合は、二回目以降、抗癌剤を使わないという選択肢はあり、だと思います。

副作用が出易い人にとって、「副作用は確実、効果の程は分からない」のですから、http://learning-ganjoho.ncc.go.jp/p83995488を見て、「効果にあまり差はない。」と感じられるのであれば、抗癌剤治療を受けない、というのは、十分、理解出来る答えだと思います。

後半のところについては、素晴らしいアドバイス、本当に有難うございます。

野菜、果物は、なるべく多く摂るようにしていました。種類を多く摂ることは、依然、大事だと考えているのですが、一つの種類のものを多く摂るのは避けてみようと思いました。

あと、付き合いで、ケーキやお菓子を食べる機会があるのですが、それは避けようと思いました。(食べる量が限られているのであれば、栄養価の高いものを主に食べるべきだと思いました。)

正直、便のことですごく困っていたので、とても助かりました。
2010/06/12(Sat) 13:40 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック