癌との共存を目指しています。
27日の晩は、一度、試しにゼローダを12錠内服。28日は、一日、胃が重かった。

28日は、夕方に診察。白血球数は5000で、骨髄抑制は起きていないとのこと。
14日のオキサリプラチン点滴以降、5,6日、食事が摂れなかった旨、伝え、オキサリプラチンの減量を希望。オキサリプラチンは、僕の希望通り、50mg/回となった。
ゼローダの量については、自分で調節して下さい、とのこと。ただ、ゼローダは、痛み止め(ロキソニンとか)のように胃を荒らす作用はないとのこと。(要は、どうして胃が重いのかは分からない、ということだろう。)
ムコスタを処方された。(たぶん、余り飲まないと思う。)

28日の晩は、本来は飲まなくていいのだが、ゼローダを7錠内服。意外と胃が重いのが続いた。午後10時頃まで胃が重かった。28日は、天気は良く、空は晴れ渡っていたが、何となく心は晴れない感じだった。きっと、こんなのを「抑うつ気分」というのだろう。

すごい強い不快感がある訳ではないのだが、ゼローダも、それなりに副作用はあるようだ。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/05/30 01:00】 | 診察
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック