癌との共存を目指しています。
根が怠け者なので、少し元気になると、更新が滞ってしまう。(すみません。)5月20日からは、少し疲れやすい以外、普通に過ごしている。20日以降、食事も普通に摂れているし、ウーロン茶も匂いを気にすることなく、飲めている。

ゼローダの服用状況。
14日、15日、16日は、寝る前に6錠、内服。
17日、18日、19日は、自分の判断で(勝手に)休薬。
20日、21日は、寝る前に2錠、内服。
22日は、寝る前に3錠、明け方に目が醒めた時に2錠(計5錠)内服。

今日は、今のところ、食べたり飲んだりする分には問題ない。頭も、それなりに働く。しとしとと雨の降る音と網戸から入って来る少し冷たい風が心地良い。


FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/05/23 18:04】 | 自分の体
トラックバック(0) |


ハミルトン
のっぽ先生 こんにちは。

更新はマイペースで行いましょう。

僕の場合は時間がないから、急ピッチです。

ぜロータ服用は、こんなんでもいいんじゃないでしょうか?

転移箇所を皆取り去ったわけですから、ご自分の免役システムを落とさないことも大切だと思います。

しかし、オキサリプラチンに副作用は困ったものですね。

そして、デカロンの作用です。ステロイドは個人差が強く現れるので、平気な人もいれば、過剰に興奮作用が起こってしまう人もいるようです。

この辺(あまり害はないだろうとの判断?)を無視し、定量化で行われているわけです。これでは、抗癌剤よりステロイドで疲れてしまう方も少なくないでしょう。

僕はその代表です。今度、もし行う時は、デカドロンを減量してもらおうと思っています。

吐き気止め対策が、便秘や不眠となるのでは、たまりません。1Wは影響があります。これでは疲れてしまいます。

こんばんは
のっぽ187
ハミルトンさん

>更新はマイペースで行いましょう。

そうですね。そうします。

>ぜロータ服用は、こんなんでもいいんじゃないでしょうか?

有難うございます。副作用が強く出ない範囲で調節しようと考えています。

>しかし、オキサリプラチンに副作用は困ったものですね。

ある程度、効く薬だとは思うのですが、ほんと困ったものです。

>この辺(あまり害はないだろうとの判断?)を無視し、定量化で行われているわけです。

まさしくもって、そうですね。

とりあえず、次の診察でオキサリプラチンは減らしてもらう予定です。


あんず
元気で更新が滞るのならOKでしょう。
そして食事が普通にとれるのは、
いいことですね。
人間にとって最後まで残る慾が食欲だと
言いますよね。まずい入院食でも食事の
時間は待ち遠しく楽しいですもの。
その食欲を抗がん剤で失ってしまうというのは、
考えてみればおかしな話ですよ。
炊き立てのご飯の匂いで吐いたり(CEFで体験)、
休薬期間にむちゃ食いしたり(タキサン系で体験)、
ほんとにおかしな治療だと思います。





入院食は待ち遠しい。
のっぽ187
あんずさん

>まずい入院食でも食事の時間は待ち遠しく楽しいですもの。

そうですね。どうして、あんなに楽しみと思えるのでしょう。

>その食欲を抗がん剤で失ってしまうというのは、考えてみればおかしな話ですよ。

ほんと、おかしな話ですよね。

>炊き立てのご飯の匂いで吐いたり(CEFで体験)

これまで、匂いで駄目ということはなかったのですが、今回、ウーロン茶の匂いで「飲みたくない。」と思いました。少しショックでした。

抗生物質は、存在し続けると思うのですが、抗癌剤は、百年単位で見ると廃れるのではないか、と個人的には(一患者として)思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
のっぽ先生 こんにちは。

更新はマイペースで行いましょう。

僕の場合は時間がないから、急ピッチです。

ぜロータ服用は、こんなんでもいいんじゃないでしょうか?

転移箇所を皆取り去ったわけですから、ご自分の免役システムを落とさないことも大切だと思います。

しかし、オキサリプラチンに副作用は困ったものですね。

そして、デカロンの作用です。ステロイドは個人差が強く現れるので、平気な人もいれば、過剰に興奮作用が起こってしまう人もいるようです。

この辺(あまり害はないだろうとの判断?)を無視し、定量化で行われているわけです。これでは、抗癌剤よりステロイドで疲れてしまう方も少なくないでしょう。

僕はその代表です。今度、もし行う時は、デカドロンを減量してもらおうと思っています。

吐き気止め対策が、便秘や不眠となるのでは、たまりません。1Wは影響があります。これでは疲れてしまいます。
2010/05/23(Sun) 20:50 | URL  | ハミルトン #-[ 編集]
こんばんは
ハミルトンさん

>更新はマイペースで行いましょう。

そうですね。そうします。

>ぜロータ服用は、こんなんでもいいんじゃないでしょうか?

有難うございます。副作用が強く出ない範囲で調節しようと考えています。

>しかし、オキサリプラチンに副作用は困ったものですね。

ある程度、効く薬だとは思うのですが、ほんと困ったものです。

>この辺(あまり害はないだろうとの判断?)を無視し、定量化で行われているわけです。

まさしくもって、そうですね。

とりあえず、次の診察でオキサリプラチンは減らしてもらう予定です。
2010/05/24(Mon) 03:39 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
元気で更新が滞るのならOKでしょう。
そして食事が普通にとれるのは、
いいことですね。
人間にとって最後まで残る慾が食欲だと
言いますよね。まずい入院食でも食事の
時間は待ち遠しく楽しいですもの。
その食欲を抗がん剤で失ってしまうというのは、
考えてみればおかしな話ですよ。
炊き立てのご飯の匂いで吐いたり(CEFで体験)、
休薬期間にむちゃ食いしたり(タキサン系で体験)、
ほんとにおかしな治療だと思います。



2010/05/24(Mon) 15:13 | URL  | あんず #z8283xuI[ 編集]
入院食は待ち遠しい。
あんずさん

>まずい入院食でも食事の時間は待ち遠しく楽しいですもの。

そうですね。どうして、あんなに楽しみと思えるのでしょう。

>その食欲を抗がん剤で失ってしまうというのは、考えてみればおかしな話ですよ。

ほんと、おかしな話ですよね。

>炊き立てのご飯の匂いで吐いたり(CEFで体験)

これまで、匂いで駄目ということはなかったのですが、今回、ウーロン茶の匂いで「飲みたくない。」と思いました。少しショックでした。

抗生物質は、存在し続けると思うのですが、抗癌剤は、百年単位で見ると廃れるのではないか、と個人的には(一患者として)思っています。
2010/05/24(Mon) 17:28 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック