癌との共存を目指しています。
直腸癌であることを告げられ、一番、最初に頭をよぎったのは、「とにかく人工肛門にならないように。」ということでした。実家(大阪)に帰るという選択肢もありましたが、知人から「香川県立中央病院に肛門の手前ギリギリのところで直腸を切除できる、手術のうまい先生がいる。」と聞いて、同院を選びました。

3月7日、香川県立中央病院初診。
3月13日に大腸ファイバーを受けました。この時、「大腸全体で100以上のポリープがある、これらは早晩、癌化する可能性が高い。」と説明を受けました。診断は直腸癌に加えて、大腸ポリポーシスもある、とのことでした。術式は、根治性を考え、大腸全摘術を選びました。

3月24日、香川県立中央病院入院。26日、手術。大腸全摘術が施行されました。術前のCTで存在が疑われていたのですが、リンパ節転移が見られ、広範なリンパ節郭晴が行われました。また、術前のCTでは写っていなかったのですが、術中超音波で肝臓に2箇所転移巣がありました。S5,S8 と幸い取りやすいところだったので、肝切除術が行われました。
肉眼的には腹腔内にある癌は全て取り切った、とのことだったのですが、目に見えないレベルでは恐らく癌細胞は体内に残っているだろう、ということで4月15日から化学療法(FOLFOX)が開始されています。

なお、僕の小腸は腸間膜が長く十分に伸展することが出来たので、人工肛門は免れました。しかし、骨盤腔内のリンパ節を郭晴する際、膀胱を支配する神経を傷つけたらしく、術後、自尿がなく、現在も1日に4,5回、自己導尿を行っています。

僕の受けている化学療法は、48時間の抗癌剤の持続静注(頻繁に静脈注射をするため、左鎖骨下静脈にリザーバーが埋め込まれています。)を2週間おきに行うというものです。そのため、入院中、4月15日~17日、4月29日~5月1日と2回、抗癌剤の持続静注を受けました。
なお、抗癌剤の持続静注を受けている48時間とその後の1日、2日は食欲が落ちます。僕は生まれてこの方、食欲がない、ということが殆どなかったので、使用している抗癌剤の副作用というのはなかなかのものだと思います。まあ、逆を言うと、14日中、10日は食欲が保たれているのですが。

5月1日、香川県立中央病院を退院。そのまま、大阪の実家に帰りました。
5月12日、香川県立中央病院からの紹介状を持って、A病院を初診しました。大腸の手術件数が多かったこと、実家からそれ程、遠くないことから、同院を選びました。
5月14日~16日、3回目の抗癌剤投与。
5月29日が4回目の抗癌剤投与の予定だったのですが、白血球が少なく(2600)、投与中止。
5月29日夜、下血。翌30日朝も下血していたので、A病院を受診。即日、入院となりました。
5月31日、6月1日と1日400ccずつ(計800cc)の輸血を受けました。なお、輸血直前のHbは6.0でした。
6月3日の大腸ファイバーで、肛門管と回腸末端の吻合部の縫い目に沿ったところと回腸嚢(パウチと呼ばれています。回腸末端部をJの字にループさせて水分の吸収をよくしようというものです。)の縫合部に潰瘍が出来ているのが見つかりました。抗癌剤の5-FUの副作用で、消化管の粘膜が障害され、吻合部に潰瘍が出来たのだろう、とのことでした。なお、白血球減少も5-FUの副作用とのことでした。
6月4日から食事が開始となりました。その後、目立った出血がなかったため、6月7日退院。
6月24日~26日、4回目の抗癌剤が投与されました。用量を25%減らしての使用でした。

以上がこれまでの経過です。(ふう~、疲れた。)

病気のことばかり書いていると、疲れてしまうので、次からは、日常生活、関心事、趣味などについても触れていく予定です。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/06/29 17:17】 | 自分の体
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック