癌との共存を目指しています。
注文していた本とCD-Rを買いに、片道4kmほどの道を電動自転車で走った。4kmのうち、1.5kmは結構、急な坂道である。そう、僕の住んでいるところは丘の上なので、どこへ行くにも、坂を上り下りしないといけない。

これまでは、実家へ行く500mは電動自転車を用いていたのだが、他は車を運転して移動していた。今日は体調がすこぶる良かったので、いつもは車で行くところを電動自転車に乗って出掛けた。

日が傾いて来た午後5時に家を出発。坂道を下り、中学生、高校生の頃、よく走った裏道を駆け抜ける。裏道だと思って走っていると、巨大なマンションが建っていたり、人工透析のクリニックが道路端に開業していたりと、がらっと風景が変わっていて、少しびっくりした。
僕の住んでいるところは大阪府の外れだが、駅周辺は未だに開発が進んでいるようだ。

ジャスコの前を通ると、たくさんの車が出て来た。家族連れが多い。ガソリン代が騰がり、車を使う人が減ったというが、全然、そんな風には見えない。自転車でジャスコの敷地内に入ろうとすると、交通整理していたおじちゃんが一瞬「えっ。」というような顔をしていた。郊外型の店舗は、依然、自家用車で来る人が多いようだ。

注文していた本、CD-Rを購入し、家路につく。図書カードで本を買いたかったので、amazonではなく、リアル店舗で本を買った。レジの前でしゃがみ込んだり、両膝をついたりするのは、どうかな、とちらっと思うこともあるが、外でしょっちゅう便意をもよおすのも、あまりいい気がしないので、最近は割り切って、しゃがみ込んだり、両膝をついたりしている。

帰りは行きしと違う道を選び、自転車を走らせた。途中、住宅街に迷い込んでしまったが、「ああ、ここはこうだったな。」と道を思い出し、無事、家に辿り着くことが出来た。

自分の脚力だけで走っているわけではないのだが、中学生や高校生の頃、自転車で遠くに出掛けていた、あの頃の気分をだいぶ味わうことが出来た。身近なところに幸せがある、そんなことを思わせるサイクリングだった。元気で、体が動くことは本当に有難いことだと思う。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/07/21 19:09】 | 日記
トラックバック(3) |

きっと大丈夫!
カノン
今日は気持ちの良い一日を過ごされたご様子で、本当によかった
ですね。

私も高校の時は自転車通学で、向かい風に窒息しそうになりながら
走っていました。その自転車は、家に草むしりに来てくれる方に
引き取られて、今も現役で街を走り回っています。
日常は徒歩か車なので、ドイツ製の自転車に乗っている友達が
うらやましいです(笑)。

1年6ヶ月は収入も確保されたことですし、一所懸命働いてきた
休暇として、ゆっくり、でもAさんのように思うがままにお過ごしに
なれるといいですよね。
持病もなく健康だった方は大丈夫!と、私も本で読んだ記憶が
あります。

いつも興味深い話題を提供してくださり、うさみみさんや私を
温かく迎え入れてくださっているので、月に何日かは、薬の
副作用で体調がすぐれないことを、すっかり忘れていました。

つらい何日かは、私の能天気なコメントへの返信は、どうぞ気に
なさらずにスルーしてくださいね。ストレスになりませんように。

いつも有難うございます。
のっぽ187
カノンさん

本当は今日、化学療法を受ける予定だったのですが、通院先の病院の化学療法室が一杯(空きベッドがない)という理由で、明後日の24日、化学療法を受ける予定です。

3月までは、僕も車か徒歩という生活でした。四国は、車がないと職場にも行けなかったりします。

1年6ヶ月は、お仕事を休もうと思っています。2,3年は休んだ方がいいかなあ、と思っています。30歳代の男性で私の同業者(医師)で肺癌になり、4年間、仕事を休んだ、という話を聞いたことがあります。
恐らく、大腸癌の統計は主に60歳代、70歳代の人が中心で構成されていると思う(入院した病院は2ヶ所とも、年配の方が多かった)ので、予後(今後の見通し)に持病の有無が大きく関係しているのは間違いないでしょうね。

>持病もなく健康だった方は大丈夫!と、私も本で読んだ記憶があります。

有難うございます。勇気づけられます。

>いつも興味深い話題を提供してくださり、うさみみさんや私を温かく迎え入れてくださっているので、月に何日かは、薬の 副作用で体調がすぐれないことを、すっかり忘れていました。

興味の範囲は、そこそこ広い方かなと思うのですが、なにぶん、話す相手がいないので、こうやって文章を書いたり、コメントの遣り取りをするのは、大きな楽しみです。

>月に何日かは、薬の 副作用で体調がすぐれないことを、すっかり忘れていました。

僕も忘れてしまいます。多分、その方がいいんだと思います。

>つらい何日かは、私の能天気なコメントへの返信は、どうぞ気になさらずにスルーしてくださいね。ストレスになりませんように。

有難うございます。お言葉に甘えて、化学療法中および終わってからの2,3日は、出来そうな時にのみ、お返事したいと思います。


えみ
はじめまして。

61歳のステージ4の卵巣癌の方が生還された文章を拝見し投稿させて頂きました。

私もその方と同じタイプの卵巣癌で、先月 手術を終えたばかりの32歳主婦です。

その方の生還の話しを読み 絶望のどん底で落ち込んでいた私に一筋の光が見えたきました。

近いうちに抗がん剤がスタートされますが私も20%の確率に入れたら…と望みが出てきました。

年齢が若いから進行など心配ですが

素敵な話しを投稿してくださり本当にありがとうございました。

ガンバりますf^_^;


のっぽ187
えみさん

こちらこそ、初めまして。

僕が、直腸癌を指摘されたのは、プロフィールにも書いていますように、2008年3月の事でした。35歳6ヶ月(1972年9月生まれです)で、直腸癌、ステージ4の患者となりました。

直腸に癌が出来たのは、20歳代だと思うので(「大腸がんカウンセリング」藤田伸著に、見つかる10年から15年位前に、元になる癌細胞は出来ていた、という内容の記載があったと思います。今、その本は、手元にないので、記憶に頼って書いています。)、僕も若くして、癌になったのですが、癌そのものの進行は、それ程、速くないようで、3年3ヶ月経った今も、こうして元気に過ごせています。

自分一人の経験で物を言うのは、「どうかな。」と思うのですが、僕の宿した癌は、幸い、進行増大が遅く、「若いからと言って、必ずしも、進行が速い訳ではない。」と言う事を、ここまでは証明出来ているのではないか、と思っています。

卵巣癌の事は、殆ど知らないのですが、化学療法(抗癌剤治療の事)は、結構、発達しているようですね。

リタイアした産婦人科の偉い先生(何処かの大学で教授をされていた)が、そう書いていたと記憶しています。

抗癌剤治療は、体力勝負の面が結構あるので、若いのは有利だと思います。

僕は、大腸を全部、取ったため、酷い下痢に悩まされましたが、そういった手術そのものによるダメージがなければ(若しくは少なければ)、若い事は、抗癌剤治療を受ける上で明らかにプラスだと思います。

2回目です
えみ
こんばんは

前回 コメントさせて頂きました 卵巣癌32才のえみ と申します。

今日
肝臓CTの検査結果があり
肝臓に転移してる事が判明しました…。
一気にステージ4の末期に落ちました。。

初めに告知された時より 衝撃は凄まじいものでした。

私の癌は凶悪な種類なので抗がん剤の効果も20%しかないですが その20%に賭けてみるしかないので来週から抗がん剤スタートします。

若いと体力もあるので 治る力も強いと私も信じてます。

とにかく 諦めたくない!
絶対 絶対 完治させたいです!

近藤誠氏他著名人が抗がん剤に殺される”とおっしゃってます。正常細胞も破壊し白血球減少他 激しい副作用が起きるため、副作用で命を縮める結果になる…とかありますが 私はその20%の枠に入る事を願い 頑張るしかないのです

今日は あまりにも辛かったので 再度メールさせて頂きました。。

又お邪魔する事になると思いますが その時は
宜しくお願いします。

抗癌剤の副作用について
のっぽ187
えみさん

抗癌剤の効果(癌をやっつける効果)と副作用(身体にとって害となる作用)を量り天秤に掛けた場合、どちらに傾くのかについては、色んな人が意見を述べていますが、僕は、「きちんと使えば、効果が副作用を上回る。大きく上回る。」と考えています。

抗癌剤の種類によって、出る副作用は、色々あると思うのですが、「これは、おかしいな、普通じゃないな。」と思う物があれば、主治医の先生に言われるのが良いと思います。

個人的には、「今まで引いた風邪と比べて、どうか。」と考えて、副作用に評価を与えていました。例えば、僕は、37℃代の発熱でも普通に食事が摂れるのですが、抗癌剤の副作用が強い時は、半分も食事が摂れませんでした。こういった場合は、「これは、どうなんだろう。大丈夫かな。」と考えられたら良いか、と思います。

薬を処方している医者は、出している薬で、どんな副作用が出るか、大体、把握していますので、「こうだった。」と診察の時、率直に言われたら良いか、と思います。

なお、僕の主治医も、白血球数が減る事については、しっかりとケアされていました。

●●●

>今日は あまりにも辛かったので

しばらくは、ゆっくりされて下さい。時間が経てば、受け容れられる、と思います。僕も、そうでした。

こんばんは
えみ
えみです‥

のっぽサンは
今、お仕事されてますか?

私は傷病手当て申請中ですが 主治医から申請用紙 記入して貰えないのでなかなか進みません‥

私は 手術した病院が自宅から遠い市民病院だったので その病院よりは近い癌センターに変えたので手続きが余計ややこしくなってます‥

今の病院は 癌専門病院だからか、これでもか!とゆう程患者の心をめためたに打ちのめす事しか言わないし 本当 血も涙もない医者達だなぁと実感しました

癌を告知されるだけでも凄まじい衝撃を受けます それだけで免疫力が一気にさがり癌に拍車がかかるとゆうか 余計悪い方向に進む気がしてなりません

ステージ4肝臓転移なので ある程度 見放されてるんでしょうが

ホスピスを紹介したい‥とか これから治療に入る患者にそんな話ししてほしくなかったです

癌患者は弱い立場です。
だから 医師は常に強気ですね

治療前からこんな気持ちでは駄目だと 奮い立たせようとは努力してますが‥

でもその割に食欲はあります!ってゆうか 殆ど やけくせで好きなの食べまくってます

カレーライス、豚カツ、ケーキ等‥ヤバイですよね
のっぽさんは
食事療法されてるんですね?

告知について
のっぽ187
えみさん

十分、ご存知かと思いますが、例えば、5月1日から5月31日まで働く事が出来なかったという証明(傷病手当の書類に、そう書いてもらう)は、5月1日から5月31日までの間、掛かっていた病院(入院していた病院もしくは通っていた病院)の先生に書いてもらって下さい。

傷病手当の書類、あれこれと面倒臭いですよね。

>今の病院は 癌専門病院だからか、これでもか!とゆう程患者の心をめためたに打ちのめす事しか言わないし 本当 血も涙もない医者達だなぁと実感しました

数年前(僕が医者になって、しばらくして)、確か肺線維症の患者さんだったと思うのですが、生きている時に本人がしたのか、亡くなってから家族がしたのか憶えていないのですが、「病名を告知しなかった。予後(後どれ位、生きられるか)を伝えなかった。」と言って、医者か病院(確か医者だったと思う)を訴えていました。

僕は、病名を告知する事、予後を伝える事(生存期間の中央値で話をしていますよ、と言った事も併せて伝えるのが望ましいと思いますが、そんな時間はないと思います。)に賛成なのですが、上記のような訴訟は、患者さんの感情に配慮せず、「とにかく告知」みたいなシステムを作ってしまったのかも知れないと思っています。

幸い、僕を手術してくれた先生や今の主治医は、その辺りの告知は、上手でした。

>のっぽさんは食事療法されてるんですね?

食事の事が書かれた本は、3冊しか読んだ事がないのですが、現在は、「がんに効く生活」(ダヴィド・S・シュレベール著)に書かれている事を実践しています。

拙ブログのカテゴリーの一番上にある「お薦めの本」をクリックして下さい。そこに感想文を載せています。

のっぽさん
えみ
こんちには

抗がん剤治療から今日で6日目ですが
(カルボプラチン、パクリタキセル)
2日前から副作用がではじめました

吐き気(吐き気止めを服用してるので吐くまでいかない)

便秘、足の痺れ、胃痛、胸痛、脈の少なさ(38~45)倦怠感、食欲不振

ご飯,おかずの炊けた臭いでも う~!!ときて全く受けつけません。

今日は
リンゴ3キレ,そうめん1口,かき氷少々が何とか食れましたが 水も受けつけいので 水分補給の点滴を8本目しましたが

あまり効果なく苦しいです。。 抗がん剤の効果が殆どないのに こんな苦しい思いして投与する意味はあったのかと
既にへこたれてます(>_<)

のっぽさんの時
副作用どんなものがあったか教えて頂けませんか?


えみ

副作用
のっぽ187
えみさん

僕の時は、大腿内側の痺れる感じ(オキサリプラチンの害作用)、胃に来る感じ、吐き気、気分が悪いと感じる、食事が欲しくないと感じる、炊けた御飯の匂いが嫌な臭いと感じられる(この5つも恐らくオキサリプラチンの害作用)、下痢(5-FUやゼローダの害作用)、全身倦怠感(どちらかと言うと、5-FUやゼローダの害作用だと思う)がありました。

あと、FOLFOXの投与回数が10回を超えた辺りから、砂の上を歩いているような感じが出現しました。エルプラットの害作用です。

自覚症状はありませんでしたが、白血球の数、血色素量が減りました。
ただ、抗癌剤によって、出る副作用(害作用)の種類は違います。

僕は抗癌剤に詳しくないので、想像でコメントしますが、オキサリプラチンとカルボプラチンは、同じ白金系製剤ではないか、と思うので、副作用は似ているかも知れません。

>水も受けつけ(な)いので 水分補給の点滴を8本目しましたが

その旨、主治医の先生に伝えられたら良いか、と思います。(御存知かも知れませんが。)

なるべく、口から、食べられそうな物を摂るようにして下さい。僕は、化学療法中、果物が食べやすかったです。

こんにちは
えみ
のっぼさん

えみですが‥こんにちは
来週~2クール目の抗がん剤がスタートしますが
私は、臨床試験対象患者なので 又も入院しなくてはなりません‥

のっぼさんは お医者様ですよね(^O^)
凄い 尊敬しますo(^-^)o

そこで ご質問なんですが‥ズバリ!臨床試験って患者にとっては 極端な言い方 実験みたいな感覚ですか?

それと
私が今 お世話になってる病院は癌専門の病院ですが、担当医(30代で若いのですが)が威圧的な方で馬鹿にしたような態度を取られますし 萎縮して質問もできないですし、質問等は看護士サン経由になってしまってます ‥

主治医と上手くいかない事には 今後の治療にも 支障が出てくるかと思います‥

どうすれば 主治医と コミュニケーションが取れるのか 上手くいくのか アドバイス頂ければ幸いです・・

一つの意見として、コメントします。
のっぽ187
えみさん

>のっぼさんは お医者様ですよね(^O^)
凄い 尊敬しますo(^-^)o

一応、そうですが、僕は、余り大した事無いです。

>臨床試験って患者にとっては 極端な言い方 実験みたいな感覚ですか?

フェアに評価しないといけないな、とは思うのですが、患者さんは(臨床試験に参加している患者さんであっても)患者さんです。

>どうすれば 主治医と コミュニケーションが取れるのか 上手くいくのか アドバイス頂ければ幸いです・・

難しい問題だと思います。

はっきりと意思を表示した場合、「よそへ行って下さい。」と言われるかも知れませんね。ただ、はっきりと意思を表示する事で、腹を立て、「よそへ行け。」などと言う医者とは長く付き合う価値は無いと思います。

僕も、患者さんから困る提案をされた場合、腹を立てる事はあるのですが、その提案が、「もっともだな。」と思える場合は、後で、「ああ、○○さんの言っている事は確かに一理あるな。」と思い、再考するという事があります。

なので、今の病院に掛かれなくなるかも知れませんが(その可能性を頭に入れて)、交渉をする、言いたい事を言う、というのが現実的な線ではないか、と思います。

例えば、「臨床試験から降りたい。」だとか、「通院で行きたい。」だとか、「気分が悪くて、食事が摂れない。」だとか(「気分が悪くて、食事が摂れない。」と言うのは、患者として、当然の訴えだと思いますが)、「食事が摂れない状態が続いているので、出来れば、薬の量を減らして欲しい。」だとか、ですね。

臨床試験に参加すると、新薬群に属した場合、従来薬の投与を受ける場合に比べて、良い結果が得られる可能性があります。(新薬がいまいちだった場合は、従来薬の投与を受けていた方が良かった、という可能性もあります。また、えみさんが新薬群に振り分けられているのかどうかも、えみさんにとっては、分からないだろう、と思います。)

えみさんが、新薬群に振り分けられていて、かつ、新薬が「当たり」だった場合のみ、えみさんは、今の臨床試験に参加する価値があると言えます。(「当たり」の意味するところについては、卵巣癌の抗癌剤治療に、将来、ブレイクスルーを惹き起こすような薬であるという理解と、それ程、大した薬でなくても、えみさんにとっては「当たり」であるという理解がありますが、それはさておき。)

あと、ただで、もしくは、余りお金を支払う必要なく、医療を受けられるのであれば、それはそれで臨床試験に参加する価値はあると思うのですが(現在のシステムがどうなっているのか僕は知らないです)、その場合は、臨床試験から降りた場合、すなわち、医者もしくは病院を替えた場合に発生するコスト(支払うべきお金の事)を考えて、ご判断下さい。

「人を変えるのは、難しい。」と思います。(ここでは、担当医の価値観や考え方を変えるのは難しい、とお考え下さい。)僕が、人生経験を積む事で、この部分は変わって来るかも知れませんが、今のところは、そう考えています。

担当医に分かってもらえるように、うまく意思表示をする方法が、本当は、あるのかも知れません。ただ、僕は、まず、上記のように考えました。

一つの意見として、お考え下さい。

追記
のっぽ187
えみさん

「人を動かす」(D・カーネギー著、山口博訳、創元社)が、この手の問題を考えるのに、良かったです。(買うのであれば、1999年刊行の新装版でなくても問題ないです。1982年12月刊行の分で十分です。)

僕は、この本を繰り返し読んでいるのですが、その結果として、先のような意見となっています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
きっと大丈夫!
今日は気持ちの良い一日を過ごされたご様子で、本当によかった
ですね。

私も高校の時は自転車通学で、向かい風に窒息しそうになりながら
走っていました。その自転車は、家に草むしりに来てくれる方に
引き取られて、今も現役で街を走り回っています。
日常は徒歩か車なので、ドイツ製の自転車に乗っている友達が
うらやましいです(笑)。

1年6ヶ月は収入も確保されたことですし、一所懸命働いてきた
休暇として、ゆっくり、でもAさんのように思うがままにお過ごしに
なれるといいですよね。
持病もなく健康だった方は大丈夫!と、私も本で読んだ記憶が
あります。

いつも興味深い話題を提供してくださり、うさみみさんや私を
温かく迎え入れてくださっているので、月に何日かは、薬の
副作用で体調がすぐれないことを、すっかり忘れていました。

つらい何日かは、私の能天気なコメントへの返信は、どうぞ気に
なさらずにスルーしてくださいね。ストレスになりませんように。
2008/07/21(Mon) 23:06 | URL  | カノン #-[ 編集]
いつも有難うございます。
カノンさん

本当は今日、化学療法を受ける予定だったのですが、通院先の病院の化学療法室が一杯(空きベッドがない)という理由で、明後日の24日、化学療法を受ける予定です。

3月までは、僕も車か徒歩という生活でした。四国は、車がないと職場にも行けなかったりします。

1年6ヶ月は、お仕事を休もうと思っています。2,3年は休んだ方がいいかなあ、と思っています。30歳代の男性で私の同業者(医師)で肺癌になり、4年間、仕事を休んだ、という話を聞いたことがあります。
恐らく、大腸癌の統計は主に60歳代、70歳代の人が中心で構成されていると思う(入院した病院は2ヶ所とも、年配の方が多かった)ので、予後(今後の見通し)に持病の有無が大きく関係しているのは間違いないでしょうね。

>持病もなく健康だった方は大丈夫!と、私も本で読んだ記憶があります。

有難うございます。勇気づけられます。

>いつも興味深い話題を提供してくださり、うさみみさんや私を温かく迎え入れてくださっているので、月に何日かは、薬の 副作用で体調がすぐれないことを、すっかり忘れていました。

興味の範囲は、そこそこ広い方かなと思うのですが、なにぶん、話す相手がいないので、こうやって文章を書いたり、コメントの遣り取りをするのは、大きな楽しみです。

>月に何日かは、薬の 副作用で体調がすぐれないことを、すっかり忘れていました。

僕も忘れてしまいます。多分、その方がいいんだと思います。

>つらい何日かは、私の能天気なコメントへの返信は、どうぞ気になさらずにスルーしてくださいね。ストレスになりませんように。

有難うございます。お言葉に甘えて、化学療法中および終わってからの2,3日は、出来そうな時にのみ、お返事したいと思います。
2008/07/22(Tue) 20:39 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
はじめまして。

61歳のステージ4の卵巣癌の方が生還された文章を拝見し投稿させて頂きました。

私もその方と同じタイプの卵巣癌で、先月 手術を終えたばかりの32歳主婦です。

その方の生還の話しを読み 絶望のどん底で落ち込んでいた私に一筋の光が見えたきました。

近いうちに抗がん剤がスタートされますが私も20%の確率に入れたら…と望みが出てきました。

年齢が若いから進行など心配ですが

素敵な話しを投稿してくださり本当にありがとうございました。

ガンバりますf^_^;
2011/06/05(Sun) 19:42 | URL  | えみ #-[ 編集]
えみさん

こちらこそ、初めまして。

僕が、直腸癌を指摘されたのは、プロフィールにも書いていますように、2008年3月の事でした。35歳6ヶ月(1972年9月生まれです)で、直腸癌、ステージ4の患者となりました。

直腸に癌が出来たのは、20歳代だと思うので(「大腸がんカウンセリング」藤田伸著に、見つかる10年から15年位前に、元になる癌細胞は出来ていた、という内容の記載があったと思います。今、その本は、手元にないので、記憶に頼って書いています。)、僕も若くして、癌になったのですが、癌そのものの進行は、それ程、速くないようで、3年3ヶ月経った今も、こうして元気に過ごせています。

自分一人の経験で物を言うのは、「どうかな。」と思うのですが、僕の宿した癌は、幸い、進行増大が遅く、「若いからと言って、必ずしも、進行が速い訳ではない。」と言う事を、ここまでは証明出来ているのではないか、と思っています。

卵巣癌の事は、殆ど知らないのですが、化学療法(抗癌剤治療の事)は、結構、発達しているようですね。

リタイアした産婦人科の偉い先生(何処かの大学で教授をされていた)が、そう書いていたと記憶しています。

抗癌剤治療は、体力勝負の面が結構あるので、若いのは有利だと思います。

僕は、大腸を全部、取ったため、酷い下痢に悩まされましたが、そういった手術そのものによるダメージがなければ(若しくは少なければ)、若い事は、抗癌剤治療を受ける上で明らかにプラスだと思います。
2011/06/05(Sun) 22:06 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
2回目です
こんばんは

前回 コメントさせて頂きました 卵巣癌32才のえみ と申します。

今日
肝臓CTの検査結果があり
肝臓に転移してる事が判明しました…。
一気にステージ4の末期に落ちました。。

初めに告知された時より 衝撃は凄まじいものでした。

私の癌は凶悪な種類なので抗がん剤の効果も20%しかないですが その20%に賭けてみるしかないので来週から抗がん剤スタートします。

若いと体力もあるので 治る力も強いと私も信じてます。

とにかく 諦めたくない!
絶対 絶対 完治させたいです!

近藤誠氏他著名人が抗がん剤に殺される”とおっしゃってます。正常細胞も破壊し白血球減少他 激しい副作用が起きるため、副作用で命を縮める結果になる…とかありますが 私はその20%の枠に入る事を願い 頑張るしかないのです

今日は あまりにも辛かったので 再度メールさせて頂きました。。

又お邪魔する事になると思いますが その時は
宜しくお願いします。
2011/06/15(Wed) 23:14 | URL  | えみ #-[ 編集]
抗癌剤の副作用について
えみさん

抗癌剤の効果(癌をやっつける効果)と副作用(身体にとって害となる作用)を量り天秤に掛けた場合、どちらに傾くのかについては、色んな人が意見を述べていますが、僕は、「きちんと使えば、効果が副作用を上回る。大きく上回る。」と考えています。

抗癌剤の種類によって、出る副作用は、色々あると思うのですが、「これは、おかしいな、普通じゃないな。」と思う物があれば、主治医の先生に言われるのが良いと思います。

個人的には、「今まで引いた風邪と比べて、どうか。」と考えて、副作用に評価を与えていました。例えば、僕は、37℃代の発熱でも普通に食事が摂れるのですが、抗癌剤の副作用が強い時は、半分も食事が摂れませんでした。こういった場合は、「これは、どうなんだろう。大丈夫かな。」と考えられたら良いか、と思います。

薬を処方している医者は、出している薬で、どんな副作用が出るか、大体、把握していますので、「こうだった。」と診察の時、率直に言われたら良いか、と思います。

なお、僕の主治医も、白血球数が減る事については、しっかりとケアされていました。

●●●

>今日は あまりにも辛かったので

しばらくは、ゆっくりされて下さい。時間が経てば、受け容れられる、と思います。僕も、そうでした。
2011/06/16(Thu) 01:15 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
こんばんは
えみです‥

のっぽサンは
今、お仕事されてますか?

私は傷病手当て申請中ですが 主治医から申請用紙 記入して貰えないのでなかなか進みません‥

私は 手術した病院が自宅から遠い市民病院だったので その病院よりは近い癌センターに変えたので手続きが余計ややこしくなってます‥

今の病院は 癌専門病院だからか、これでもか!とゆう程患者の心をめためたに打ちのめす事しか言わないし 本当 血も涙もない医者達だなぁと実感しました

癌を告知されるだけでも凄まじい衝撃を受けます それだけで免疫力が一気にさがり癌に拍車がかかるとゆうか 余計悪い方向に進む気がしてなりません

ステージ4肝臓転移なので ある程度 見放されてるんでしょうが

ホスピスを紹介したい‥とか これから治療に入る患者にそんな話ししてほしくなかったです

癌患者は弱い立場です。
だから 医師は常に強気ですね

治療前からこんな気持ちでは駄目だと 奮い立たせようとは努力してますが‥

でもその割に食欲はあります!ってゆうか 殆ど やけくせで好きなの食べまくってます

カレーライス、豚カツ、ケーキ等‥ヤバイですよね
のっぽさんは
食事療法されてるんですね?
2011/06/16(Thu) 20:42 | URL  | えみ #-[ 編集]
告知について
えみさん

十分、ご存知かと思いますが、例えば、5月1日から5月31日まで働く事が出来なかったという証明(傷病手当の書類に、そう書いてもらう)は、5月1日から5月31日までの間、掛かっていた病院(入院していた病院もしくは通っていた病院)の先生に書いてもらって下さい。

傷病手当の書類、あれこれと面倒臭いですよね。

>今の病院は 癌専門病院だからか、これでもか!とゆう程患者の心をめためたに打ちのめす事しか言わないし 本当 血も涙もない医者達だなぁと実感しました

数年前(僕が医者になって、しばらくして)、確か肺線維症の患者さんだったと思うのですが、生きている時に本人がしたのか、亡くなってから家族がしたのか憶えていないのですが、「病名を告知しなかった。予後(後どれ位、生きられるか)を伝えなかった。」と言って、医者か病院(確か医者だったと思う)を訴えていました。

僕は、病名を告知する事、予後を伝える事(生存期間の中央値で話をしていますよ、と言った事も併せて伝えるのが望ましいと思いますが、そんな時間はないと思います。)に賛成なのですが、上記のような訴訟は、患者さんの感情に配慮せず、「とにかく告知」みたいなシステムを作ってしまったのかも知れないと思っています。

幸い、僕を手術してくれた先生や今の主治医は、その辺りの告知は、上手でした。

>のっぽさんは食事療法されてるんですね?

食事の事が書かれた本は、3冊しか読んだ事がないのですが、現在は、「がんに効く生活」(ダヴィド・S・シュレベール著)に書かれている事を実践しています。

拙ブログのカテゴリーの一番上にある「お薦めの本」をクリックして下さい。そこに感想文を載せています。
2011/06/17(Fri) 16:56 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
のっぽさん
こんちには

抗がん剤治療から今日で6日目ですが
(カルボプラチン、パクリタキセル)
2日前から副作用がではじめました

吐き気(吐き気止めを服用してるので吐くまでいかない)

便秘、足の痺れ、胃痛、胸痛、脈の少なさ(38~45)倦怠感、食欲不振

ご飯,おかずの炊けた臭いでも う~!!ときて全く受けつけません。

今日は
リンゴ3キレ,そうめん1口,かき氷少々が何とか食れましたが 水も受けつけいので 水分補給の点滴を8本目しましたが

あまり効果なく苦しいです。。 抗がん剤の効果が殆どないのに こんな苦しい思いして投与する意味はあったのかと
既にへこたれてます(>_<)

のっぽさんの時
副作用どんなものがあったか教えて頂けませんか?


えみ
2011/06/27(Mon) 16:27 | URL  | えみ #-[ 編集]
副作用
えみさん

僕の時は、大腿内側の痺れる感じ(オキサリプラチンの害作用)、胃に来る感じ、吐き気、気分が悪いと感じる、食事が欲しくないと感じる、炊けた御飯の匂いが嫌な臭いと感じられる(この5つも恐らくオキサリプラチンの害作用)、下痢(5-FUやゼローダの害作用)、全身倦怠感(どちらかと言うと、5-FUやゼローダの害作用だと思う)がありました。

あと、FOLFOXの投与回数が10回を超えた辺りから、砂の上を歩いているような感じが出現しました。エルプラットの害作用です。

自覚症状はありませんでしたが、白血球の数、血色素量が減りました。
ただ、抗癌剤によって、出る副作用(害作用)の種類は違います。

僕は抗癌剤に詳しくないので、想像でコメントしますが、オキサリプラチンとカルボプラチンは、同じ白金系製剤ではないか、と思うので、副作用は似ているかも知れません。

>水も受けつけ(な)いので 水分補給の点滴を8本目しましたが

その旨、主治医の先生に伝えられたら良いか、と思います。(御存知かも知れませんが。)

なるべく、口から、食べられそうな物を摂るようにして下さい。僕は、化学療法中、果物が食べやすかったです。
2011/06/27(Mon) 20:35 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
こんにちは
のっぼさん

えみですが‥こんにちは
来週~2クール目の抗がん剤がスタートしますが
私は、臨床試験対象患者なので 又も入院しなくてはなりません‥

のっぼさんは お医者様ですよね(^O^)
凄い 尊敬しますo(^-^)o

そこで ご質問なんですが‥ズバリ!臨床試験って患者にとっては 極端な言い方 実験みたいな感覚ですか?

それと
私が今 お世話になってる病院は癌専門の病院ですが、担当医(30代で若いのですが)が威圧的な方で馬鹿にしたような態度を取られますし 萎縮して質問もできないですし、質問等は看護士サン経由になってしまってます ‥

主治医と上手くいかない事には 今後の治療にも 支障が出てくるかと思います‥

どうすれば 主治医と コミュニケーションが取れるのか 上手くいくのか アドバイス頂ければ幸いです・・
2011/07/10(Sun) 15:43 | URL  | えみ #-[ 編集]
一つの意見として、コメントします。
えみさん

>のっぼさんは お医者様ですよね(^O^)
凄い 尊敬しますo(^-^)o

一応、そうですが、僕は、余り大した事無いです。

>臨床試験って患者にとっては 極端な言い方 実験みたいな感覚ですか?

フェアに評価しないといけないな、とは思うのですが、患者さんは(臨床試験に参加している患者さんであっても)患者さんです。

>どうすれば 主治医と コミュニケーションが取れるのか 上手くいくのか アドバイス頂ければ幸いです・・

難しい問題だと思います。

はっきりと意思を表示した場合、「よそへ行って下さい。」と言われるかも知れませんね。ただ、はっきりと意思を表示する事で、腹を立て、「よそへ行け。」などと言う医者とは長く付き合う価値は無いと思います。

僕も、患者さんから困る提案をされた場合、腹を立てる事はあるのですが、その提案が、「もっともだな。」と思える場合は、後で、「ああ、○○さんの言っている事は確かに一理あるな。」と思い、再考するという事があります。

なので、今の病院に掛かれなくなるかも知れませんが(その可能性を頭に入れて)、交渉をする、言いたい事を言う、というのが現実的な線ではないか、と思います。

例えば、「臨床試験から降りたい。」だとか、「通院で行きたい。」だとか、「気分が悪くて、食事が摂れない。」だとか(「気分が悪くて、食事が摂れない。」と言うのは、患者として、当然の訴えだと思いますが)、「食事が摂れない状態が続いているので、出来れば、薬の量を減らして欲しい。」だとか、ですね。

臨床試験に参加すると、新薬群に属した場合、従来薬の投与を受ける場合に比べて、良い結果が得られる可能性があります。(新薬がいまいちだった場合は、従来薬の投与を受けていた方が良かった、という可能性もあります。また、えみさんが新薬群に振り分けられているのかどうかも、えみさんにとっては、分からないだろう、と思います。)

えみさんが、新薬群に振り分けられていて、かつ、新薬が「当たり」だった場合のみ、えみさんは、今の臨床試験に参加する価値があると言えます。(「当たり」の意味するところについては、卵巣癌の抗癌剤治療に、将来、ブレイクスルーを惹き起こすような薬であるという理解と、それ程、大した薬でなくても、えみさんにとっては「当たり」であるという理解がありますが、それはさておき。)

あと、ただで、もしくは、余りお金を支払う必要なく、医療を受けられるのであれば、それはそれで臨床試験に参加する価値はあると思うのですが(現在のシステムがどうなっているのか僕は知らないです)、その場合は、臨床試験から降りた場合、すなわち、医者もしくは病院を替えた場合に発生するコスト(支払うべきお金の事)を考えて、ご判断下さい。

「人を変えるのは、難しい。」と思います。(ここでは、担当医の価値観や考え方を変えるのは難しい、とお考え下さい。)僕が、人生経験を積む事で、この部分は変わって来るかも知れませんが、今のところは、そう考えています。

担当医に分かってもらえるように、うまく意思表示をする方法が、本当は、あるのかも知れません。ただ、僕は、まず、上記のように考えました。

一つの意見として、お考え下さい。
2011/07/13(Wed) 22:09 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
追記
えみさん

「人を動かす」(D・カーネギー著、山口博訳、創元社)が、この手の問題を考えるのに、良かったです。(買うのであれば、1999年刊行の新装版でなくても問題ないです。1982年12月刊行の分で十分です。)

僕は、この本を繰り返し読んでいるのですが、その結果として、先のような意見となっています。
2011/07/13(Wed) 22:40 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【送料無料!即納可能!ポンプ・カバープレゼント!3年盗難補償!】パナソニック/ナショナル アルフィットビビ SP2 26インチ 3段変速【電動自転車】商品価格:76,800円レビュー平均:4.67継足し充電可能な、リチウムイオンバッテリー搭載!送料(一部地域除く)・防犯登録無...
2008/07/21(Mon) 20:10:29 |  ◎ポルトフィーノ アーリントンC ○ドリームガードナー 
ガソリン高で活躍の場広げる電動自転車ニュース24時:バスと自転車が接触、4人けが /岐阜自転車にワイヤレス機能を積んだなら電動自転車 電動自転車でお買い物電動自転車 激安
2008/07/21(Mon) 22:15:12 |  iphone 予約 通販
恋愛のお悩みに ⇒ 当たる!相性占い【今日の注目ニュースあれこれ】にいらっしゃいませ!新しい情報を随時アップしていますのですかさずチェックしてくださいね。まずは新着情報から! ⇒ ★新着トピックス一覧★それでは、今回紹介する話題はコチラです!↓── 人心操
2008/07/23(Wed) 21:50:29 |  今日の注目ニュースあれこれ