癌との共存を目指しています。
がん患者のあきらめない診察室 http://2nd-opinion.jp/index2.htm というサイトを運営されている今村貴樹先生が10月25日(日)に大阪市内で「標準治療からオーダーメイド型治療へ」という題名で講演をされた。日曜日は仕事が休みなので、講演を聴いて来た。印象に残ったところをいくつか書く。

「<乳癌の情報>に、ゼローダに耐性化してもTS-1が奏功する可能性がある。(2009年ASCO No.1103)」とのことである。大腸癌でも、そうなのだろうか。今村先生に訊くのを忘れてしまった。

<来年度中に認可が期待できる分子標的薬10>にBrivanib(大腸癌に有効)、Indisulan(E7070)(消化器癌などに有効)が挙がっていた。

「p53抗体陽性例では、5-FU、シスプラチンをはじめとするアポトーシス誘導型抗癌薬などに対する感受性が低いことも分かっている。」とある。血液検査でp53抗体が陽性かどうか調べて、陽性なら、5-FUは、あまり効かない、ということになる。気が向いた時に、また調べてみよう。

などなど、色々学ぶところが多かった。(役に立つことは、この他にも沢山あったのだが、少し眠くなって来た。)
いろいろな世代の方がいたこと、40歳代くらいの夫婦が何組かいたことが印象的だった。あと、患者としては、僕が一番、若いようだった。

現行のシステムでは、患者が、ある程度、知識を持って臨んだ方が、いい医療を受けられる可能性が高いようなので、こうやって、時々勉強しないといけないな、と思った。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/10/29 00:36】 | 自分の体
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


No title
あんず
友人でゼローダが効かず、TS-1に移行した女性がいます。肝臓、肺、骨に転移しているので、なんとかTS-1が効いてくれるよう、祈っている段階です。あとはアバスチンが乳がんにも認可されることを待っていますが、副作用も激しいのですよね。まだ30代前半で体力もあるし、全然あきらめてはいないけれど、使える薬がどんどん無くなってくると、どうしても代替療法に興味を持ってしまうようです。

管理人のみ閲覧できます
-


講演の感想
のっぽ187
あんずさん

アバスチンは、血栓が生じるのが問題であるようです。ただ、「高齢の患者で最も多く見られます」http://www.cancerit.jp/fdadrug-avastin.htmlとあり、30歳代前半なら、その危険性は、それ程、高くないのかも知れません。

この講演を聴いていて、「乳癌の治療は、進歩が速い。」と思いました。乳がんと言っても、千差万別だと思いますが、他の癌に比べると、アプローチは多いと思います。

僕が、代替療法に関心がないのは、一応、医学教育を受け、医師として診療を続けているから、かも知れません。もちろん、それが良いか悪いかは別問題ですが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/30(Fri) 22:17 |   |  #[ 編集]
No title
友人でゼローダが効かず、TS-1に移行した女性がいます。肝臓、肺、骨に転移しているので、なんとかTS-1が効いてくれるよう、祈っている段階です。あとはアバスチンが乳がんにも認可されることを待っていますが、副作用も激しいのですよね。まだ30代前半で体力もあるし、全然あきらめてはいないけれど、使える薬がどんどん無くなってくると、どうしても代替療法に興味を持ってしまうようです。
2009/11/04(Wed) 19:16 | URL  | あんず #z8283xuI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/05(Thu) 18:29 |   |  #[ 編集]
講演の感想
あんずさん

アバスチンは、血栓が生じるのが問題であるようです。ただ、「高齢の患者で最も多く見られます」http://www.cancerit.jp/fdadrug-avastin.htmlとあり、30歳代前半なら、その危険性は、それ程、高くないのかも知れません。

この講演を聴いていて、「乳癌の治療は、進歩が速い。」と思いました。乳がんと言っても、千差万別だと思いますが、他の癌に比べると、アプローチは多いと思います。

僕が、代替療法に関心がないのは、一応、医学教育を受け、医師として診療を続けているから、かも知れません。もちろん、それが良いか悪いかは別問題ですが。
2009/11/08(Sun) 12:37 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック