癌との共存を目指しています。
復職した当時は、「良心的な医療がしたいな。」と思っていたけれど、最近は、「働き過ぎないように。」と思いながら、仕事をしている。診療に関する勘が戻ってきた分だけ、いい仕事が出来ていると思うのだが、とにかく働き過ぎないようにしている。

今、勤めている病院では、医者の退職および退職願の提出が相次いでいる。僕も、先日、院長と勤務条件について交渉をした。院長は、事が分かっているので、最大限の譲歩をしてくれた。しかし、経営陣は、あまり危機感を持っていないようなので、返事は保留とした。(居続けるか辞めるかについての返事です。)

健康でいるのが一番、大事なので、強い気持ちで、この問題を解決して行きたいな、と思う。何となくだが、弱気になったり、情に流される(「先生がいないと、病院としても困る。」と言われて、「ああ、そうかなあ。」と思う)と、良くないと思うので、ここは、自分の選択を強く押し通したいな、と思う。

【2009/09/16 22:55】 | 仕事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック